京葉ガスエナジーソリューション 再エネ事業のブランディングを強化

再エネと地域の未来を見据えて、事業ビジョンの策定とWebサイトリニューアル

千葉県北西部で都市ガスと電気を供給している京葉ガス株式会社(本社:千葉県市川市、代表取締役社長:羽生 弘、以下:京葉ガス)のグループ会社である、京葉ガスエナジーソリューション株式会社(本社:千葉県市川市、代表取締役:吉岡 比呂志、以下:京葉ガスエナジーソリューション)は、再生可能エネルギー事業(以下、再エネ事業)のブランディングを強化するため新たに事業ビジョン「地域とともに未来をつくる」を策定し、2022年9月28日、事業のWebサイトを刷新しました。

京葉ガスエナジーソリューション株式会社 再エネ事業Webサイト

https://kges.co.jp/business/renewable-energy.html
 

京葉ガスエナジーソリューションは京葉ガスの都市ガス製造・供給設備の保守を担うグループ会社として1979年に誕生し、エネルギーの安定供給に貢献しながら地域とともに歩んできました。2013年からはFIT制度を活用した再エネ事業を展開し、日本全国で太陽光、小水力、バイオマスなど、全国51サイト、約1万世帯分となる約60MWの発電所を所有・運営しています。

  • 事業ビジョン策定とWebサイトリニューアルの背景

FIT制度の後は、再エネの電気を電気の使用者に直接販売するコーポレートPPAという仕組みが拡大していくと期待されており、企業やパートナーに加えて地域からの安心・信頼がより重要となっていきます。そこで、当社の再エネ事業に関わる社員が潜在的に持っている「再エネ事業を通じて地域の課題解決に貢献する」といったマインドを整理し、当社の再エネ事業や社員が目指す方向性として、事業ビジョン「地域とともに未来をつくる」を新たに策定しました。

この事業ビジョンに加えて、当社の再エネ事業における強みや思いを広く発信するため、従来の事業Webサイトを刷新し、コンテンツを充実した新たな事業Webサイトを本日公開しました。

当社は今後も、地域とともに未来をつくる総合ソリューション企業として、再エネ事業を通じた地域課題の解決に提案が出来るよう、様々な取り組みに挑戦してまいります。

 

太陽光発電事業(https://kges.co.jp/business/renewable-energy/solarpower.html

小水力発電事業(https://kges.co.jp/business/renewable-energy/hydropower.html
バイオマス,バイオガス発電事業(https://kges.co.jp/business/renewable-energy/biomasspower.html
地域とともに歩む(https://kges.co.jp/business/renewable-energy/withlocal.html

  • 会社情報

京葉ガスエナジーソリューション株式会社
■代表者:代表取締役社長   吉岡   比呂志
■所在地:千葉県市川市鬼高四丁目3番5号
■事業内容:再生可能エネルギー発電事業、エネルギーサービス事業、各種製造設備に関するソリューション、土木・管・舗装工事、造園・緑化工事、バイオ関連事業 他
■当社サイトトップページURL:https://kges.co.jp/

  1. プレスリリース >
  2. 京葉ガスエナジーソリューション株式会社 >
  3. 京葉ガスエナジーソリューション 再エネ事業のブランディングを強化