「脱毛難民急増、これからの脱毛サロンへの不安を一掃する取り組みとは... 」

給与未払いの50%を支給する救済措置や、お客様に半額で受けられるサービスを開始します

レナードグループが脱毛サロンの倒産などにより職を失ってしまったエステティシャンの救済雇用を開始
また脱毛サロンの倒産によって通えなくなってしまった顧客への救済処置として初回無料にて全身脱毛を提供

2022年8月28日


全国で都度払い脱毛サロンMiraiをはじめとして美容サロンを展開するレナードグループ(代表:三原孔明)が2022年8月28日、脱毛サロンの倒産などにより職を失ってしまったエステティシャンの救済雇用を開始しました。採用者には未払い給与の月給に対し50%を救済支援金として支給します。同グループのエステティシャン、インストラクター、営業職などこれまでの経験を生かした幅広い職種にて30名以上の受け入れを行う予定です。

また脱毛サロンの倒産によって通えなくなってしまった顧客への救済処置として初回無料にて全身脱毛を提供し、二回目以降の施術も一年間は半額で施術を受けることができるサービスも併用して開始しています。

 

昨今、大手脱毛サロンの経営の不安定さによって従業員への給与未払い、コース解約をしたが返金されない、予約が取れないなど美容脱毛業界に対する不安が拡大しつつあります。

その原因としてまず考えられるのは、脱毛の施術を先払いのコース契約にて販売することが一般的であるという点。サロン側は顧客から得たキャッシュを店舗展開や高額な広告に流用することで、顧客から預かった脱毛代金を自転車操業のようなかたちで運営していたことが業界としても当たり前になっていることが根深い課題です。

 

兼ねてからこの現状に対して危惧をし8年前より、「都度払い制脱毛」を推奨し、健全経営を営んできた「都度払い脱毛サロンMirai」が今回「脱毛難民」に対して救済の提案を投げかけています。

「美を通じてお客様を幸せにすることをモットーに使命を体現していきたい。一人でも多くの脱毛によるキレイと幸せを望む皆さまに貢献したい」(ミライ株式会社統括部長:小村千明)

Miraiの取り組みによってこれからの脱毛サロン、エステ業界が健全化していくことを期待し取り組みを継続していく所存です。

*レナード救済採用窓口 
・レナード採用サイト https://lenard.jp/recruit.html

*救済クーポン
・ミライ予約サイト https://mira-i.net/ 
・ミラエステシア予約サイト https://mira-esthesia.com/
【緊急救済キャンペーン】他サロンから乗り換えで全身脱毛(顔・VIO込み)¥0 でお申し込みください。
または各店舗のホットペッパービューティーのクーポンページからご予約・お問い合わせください。
 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. レナード株式会社 >
  3. 「脱毛難民急増、これからの脱毛サロンへの不安を一掃する取り組みとは... 」