武楽『神曲 修羅六道』公演 ◆ 出演:源光士郎 美波 南圭介 サカクラカツミ 田島芽瑠 _ 11月5日@IHIステージアラウンド東京

画像生成AIが異界に誘う! 武楽ステアラ舞台に美波 出演! 令和4年度(第77回)文化庁芸術祭参加公演 出演 源光士郎 美波 南圭介 サカクラカツミ 田島芽瑠 ほか

武道×伝統芸能のサムライアート「武楽」の公演『神曲 修羅六道』が11⽉5日、3度目の上演決定!
最先端映像技術による演出で、製作総指揮・脚本・主演の源光士郎が手がける画像生成AIで作られた「AI共存芸術」と、360度シアターのIHIステージアラウンド東京が世界初の融合。
ダンテ没後700年記念作品として観世能楽堂でワールドプレミアを開催した本作は、ダンテ『神曲』をベースに能楽の要素を取り入れ、ダンテが想い人ベアトリーチェを求めて修羅道をさまよい、武士の生き方や美学を目の当たりにして成長する物語。
重要な役割のベアトリーチェ役には、映画『MINAMATA』でジョニー・デップの妻役・ヒロインとして共演し、国際的に注⽬を集める⼥優・美波の出演が決定!
主演・源光士郎は、修羅王などシテ5役をすべて異なる能装束と武具で勤めあげ、作品テーマ「武の美」を勇壮に体現。戦隊シリーズに出演後、映画・テレビ・舞台と活躍する南圭介が初演から3度目のダンテ役。元HKT48の田島芽瑠は本物の甲冑を着用して神功皇后役に再び挑む。
東西文化、古典と最先端技術が融合して展開する、一大サムライ・スペクタクルに注目だ。

 

武道×伝統芸能のサムライアート「武楽」(ぶがく)の最新作舞台『神曲 修羅六道』が、11⽉5⽇に三度目の上演を迎える。製作総指揮・脚本・主演の源光士郎が手がける画像成AIで作られた「AI共存芸術」と、360度シアターのIHIステージアラウンド東京が、最先端映像技術による演出で世界初の融合を果たす。

画像生成AI で作られた「AI共存芸術」『神曲 修羅六道』(源 光士郎/波羅蜜多)画像生成AI で作られた「AI共存芸術」『神曲 修羅六道』(源 光士郎/波羅蜜多)

 

また、映画『MINAMATA』でジョニー・デップの妻役・ヒロインとして共演し、国際的にも注⽬を集める⼥優美波の出演が決定!
ダンテ没後700年を記念して昨年11月に観世能楽堂でワールドプレミアを開催し絶賛を博した舞台・武楽『神曲 修羅六道』は、イタリア・ルネサンスの代表作・ダンテ『神曲』をベースに、能楽の要素を取り入れ、ダンテが想い人ベアトリーチェを求めて修羅道をさまよい、武士の生き方や美学を目の当たりにして成長する物語。本年度の文化庁芸術祭参加公演にも選出された。 

源 光士郎(武楽 創始家元)源 光士郎(武楽 創始家元)

美波美波

南 圭介南 圭介

サカクラカツミサカクラカツミ

田島芽瑠田島芽瑠

主演の源光士郎は、修羅王などシテ5役をすべて異なる能装束と武具で勤めあげ、作品テーマ「武の美」を勇壮に体現。重要な役割を果たすベアトリーチェ役美波のほか、戦隊シリーズに出演後、映画・テレビ・舞台と多方面で活躍する南圭介が初演から3度目のダンテ役に、元HKT48の田島芽瑠は本物の甲冑を着用して神功皇后役に再び挑む。さらに、映像とのコラボレーションの先駆けサカクラカツミも帝釈天役で続投出演。
 

演出はVR能『攻殻機動隊』の奥秀太郎、明治大学教授 福地健太郎による先端映像技術を駆使した映像表現が加わり、能楽・神楽・古武術・琵琶など各界で活躍し武楽の挑戦に共感した出演者とスタッフが集結。

東西文化、古典と最先端技術が見事に融合して展開する、一大サムライ・スペクタクルをお見逃しなく!

 

 

​製作総指揮・作・脚本:源光士郎(武楽 創始家元) 

演出:奥秀太郎 
映像:福地健太郎(明治大学総合数理学部 先端メディアサイエンス学科 教授)
出演:源光士郎/美波/南圭介/サカクラカツミ/田島芽瑠
   石山裕雅/須田隆久/今井尋也  ほか
日時:2022年11月5日(土)19:00開演
会場:IHIステージアラウンド東京
    (東京都江東区豊洲6-4-25 /新交通ゆりかもめ「市場前駅」北口 徒歩1分) 
公演WEB:https://bugaku.net/shinkyoku2022-11/
チケット:絶賛発売中!(全席指定・税込)
SS席:17,800円(豪華公演パンフレット付)/S席:9,800円/A席:5,000円
カンフェティ:https://www.confetti-web.com/bugaku2022/  
       0120-240-540 (平日10:00〜18:00)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメント 

源 光士郎(武楽 創始家元)

製作総指揮・作・脚本
素戔嗚尊・源義経・平経正・平知盛・修羅王 役 (シテ五役)

好評につき、今度は360度舞台ステージアラウンド東京にて『神曲 修羅六道』を再演させていただきます。美波さんをはじめ、新たなるキャストも加わり最高の作品に仕上げて参ります。
回転機構も活かしつつ、新たな試みとして電脳空間を現代の異界と捉え、現実世界との関係性を問う伝統芸能ならぬ「電脳芸能」としても生まれ変わろうとしています。どうぞ皆様も体験してください。

 
奥秀太郎:演出

『神曲 修羅六道』が描く日本文化とヨーロッパ文化の融合、そして最先端テクノロジーによる演出は今最も攻めている唯一無二のエンタテインメントだと言っても過言ではないと思います。
美波さんは作品へのしっかりとしたお考えと日本と西欧をつなぐというスタンスもお持ちなので、作品自体の印象もガラッと変わると思います。
IHIステージアラウンド東京という最先端の設備を備えた劇場空間で、また新しい演出を展開していきますのでご注目ください!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

演目内容

「美は魂を目覚めさせ、行動に導く」 ― ダンテ・アリギエーリ

ダンテ没後700年(没1321年9月14日)記念作品。
ダンテ「神曲」と能の謡曲の共通点に着目し、キリスト教的な死後の世界を、武士の死生観に置き換えて、ダンテが先駆者のイタリア・ルネサンスと、武楽の活動が「サムライ・ルネサンス」であることを重ね合わせ、「サムライ」を軸に武芸と能などの武士文化を融合した「武楽」ならではの視点で発表する、武楽座・最新作。
観る者は、修羅道を旅する詩人ダンテを通して、武楽が主題とする「武の美」の「美しい生き方」や、武士の名誉を重んじる生き方、死生観、その美学や行動原理を共に体験し、目撃者となる。 

 

ストーリー
永遠の恋人ベアトリーチェの死に絶望し、暗い森に迷い込んだダンテは、彼女に会いたくば死後の世界を通り抜けるよう、素戔嗚尊(すさのおのみこと)により命じられる。
ダンテは憂惧するも彼岸を目指し、「修羅道」へ。
神功皇后、源義経、平経正、平知盛とあいまみえ、ダンテはついに修羅王と対峙する一一。

武道×能 「武楽」(ぶがく) とは
「武楽」は、「武の美」をテーマに、武士が研鑽した武道と、武士がたしなみとした能などの武士文化を組合せた総合藝術。創始家元源光士郎。2020年に誕生15周年を迎えた。
GUCCI創業家4代目グッチオ・グッチ氏より「芸術だ」と賞賛される。2019年ミラノ公演・武楽『信長供養』で参加した国際演劇賞にて、年間を通して観客賞・最高位“1st Premio Del Pubblico”を受賞。
イタリア、フランス、イギリス、ドイツ、中国、台湾、ブラジルなど国内外で公演や稽古などの文化交流活動を行い、代表 源 光士郎 は、織田信長役ソリストとしてフルオーケストラとの共演を重ね、土方歳三役で映画主演を勤めるなど、その活躍の場を広げている。
演武・講演・展示や稽古を通して、武道/サムライ/日本伝統文化/現代アートなど多彩な視点で、日本の美と「和を貴ぶ心」を世界に発信。武道を含む武士の思想・哲学、教養、装具などの武士文化の芸術的昇華と文化的価値の再評価を目指す【サムライ・ルネサンス】という芸術運動(アート・ムーブメント)でもある。
武楽座は、日本全国のイベントや公演、世界各国のジャパンフェスティバル、オープニングセレモニーで演武を奉納・披露し、稽古場では、居合や薙刀の体験が出来るほか、江戸時代の甲冑や刀剣、装束や能面、扇などを展示。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

源 光士郎(武楽 創始家元)源 光士郎(武楽 創始家元)

 

 

源 光士郎 プロフィール
武楽 創始家元
武楽座 代表


2005年に永逝した天の母-日倫響恵-の啓示を受け、「武の美」を提唱、「武楽」を創案。翌年、「武楽座」を創設。
GUCCI家四代目グッチオ・グッチ氏より「芸術だ」、ハプスブルグ家末裔ゲザ・ハプスブルグ大公より「Extraordinary  ― 格別にすばらしい」と賞賛される。 2019年、松竹株式会社の協力を得て、イタリア・ミラノにて武楽『信長供養』を公演。同作品で参加した国際演劇賞で、年間を通してオーディエンスが選ぶ最高位賞「1st Premio del Pubblico」を受賞。
イタリア王家サヴォイア家 慈善晩餐会、人間国宝 大倉正之助師と一対一で演じ高い評価を得た「日伊国交150 周年記念オペラガラコンサート」オープニングセレモニー、武蔵一宮氷川神社「明治天皇御親祭150年大祭」奉祝演武、増上寺徳川家康公400回忌奉納演武、被災地の鹿島御児神社のほか、「フジロックフェスティバル2009」では英国人気バンドと共演。
国外では、世界遺産フィレンツェ「日本映画祭」サンタ・クローチェ聖堂をはじめ、イタリア、フランス、イギリス、ドイツ、ベルギー、ロシア、イスラエル、中国、台湾、ブラジル、ベトナムなど、世界各国で公演や文化交流事業を行い、「強く やさしく 美しく、世界に和を」を合言葉に、日本の武士道の「美しい強さ」と「和を尊ぶ心」を世界に発信し続けている。
また、「武の美」の表現活動として、毎年「武の美展」「SAMURAI ART展」等を開催。2017年には日本橋三越本店・三越劇場にて戦国武将の末裔の方々やゆかりの品々を招聘・コーディネートし、歴史的な品々と「武楽」舞の時空を超えた共演を果たしたほか、KOEI TECMO「信長の野望」織田信長役としてフルオーケストラ及びゲーム音楽と初共演。以来、2018年、2019年と続けてモスクワ、サンクトペテルブルクでもフルオーケストラと共演し進化版を再演するなど、織田信長公役のソリストとしても活躍。2020年には凸版印刷 VR安土城とコラボレーションし、VR安土城天主閣にて、信長公アバターとして武楽「敦盛」を披露、朝日新聞主催「朝日地球会議」出演。
執筆や学術発表にも注力し、日本武道館発行「月刊 『武道』」に、随筆「武の美が奏でる音楽」(2012)、寄稿「シリーズ武道の可能性を探る『「武楽」平和で美しい世界を求めて― 武道における芸術性の活用と実践』」(2018)掲載。
鎌倉市民団体 『チームサムライ』 共同代表。鎌倉市大船での松竹120周年記念 映画仮装パレードを開催。開会式の邪気祓いや甲冑武者行列を手がけ、鎌倉音頭の振付も担当。第一回・第二回歴フェス・コンテスト連覇。
2016年「東久邇宮文化褒賞」(文化貢献)、2017年「東久邇宮記念賞」(知的創造)、2018年「第1回 東久邇宮平和賞」を受賞。日本武道学会会員、美学会会員、民族藝術学会会員、文化産業科学学会会員。

主な作品:
2006年『鬼切』、2008年『櫻花』『鬼神』、2009年『日蝕』、2010年『敦盛』、2011年『屋島』『叢雲』、2012年『紅葉狩』、2013年『四十九日』、2014年『鬼姫』、2015年『鬼蜘蛛』、2016年『花供養』、2018年『讃花』『船弁慶』、2019年『信長供養』『双円』、2021年『武神アマビエ』 、 武楽『神曲 修羅六道』ほか。 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

公演概要
公演名:令和4年度(第77回)文化庁芸術祭参加公演
    ダンテ没後七百年記念作品
    武楽『神曲 修羅六道』

武楽『神曲 修羅六道』公演写真武楽『神曲 修羅六道』公演写真

日時:2022年11月5日(土)19:00 開演
会場:IHIステージアラウンド東京
    (東京都江東区豊洲6-4-25)
公演WEB:https://bugaku.net/shinkyoku2022-11/

キャスト
素戔嗚尊・源義経・平経正・平知盛・修羅王(シテ五役):
源光士郎(武楽 創始家元) 
ベアトリーチェ:美波
ダンテ・アリギエーリ:南圭介
帝釈天:サカクラカツミ
神功皇后:田島芽瑠
武蔵坊弁慶(月蜘蛛) :石山裕雅(無形文化財「武州里神楽」石山社中 十世宗家家元) 
琵琶法師:須田隆久(絃月流 創始) 
小鼓・能管・謡・鳴物:今井尋也
市来崎大祐/岩崎碧/岩見理奈/大家千幸/柏原音夢(武楽座)/
菊地美緒(舞踊団バリアージ) /小林日香里/高橋結希/
仲井和るな(凛派)/西村恵/松本晃実(志伝流)/
宮本杏子(10・Quatre)/萌果/ヤマグチリオ(あいうえお順)

スタッフ 
製作総指揮・作・脚本:源 光士郎 (武楽 創始家元) 
演出:奥 秀太郎 
地謡(録音) :
シテ方観世流 
武田友志/武田文志/佐川勝貴 
囃子方(録音) :
笛方  一噌流 藤田貴寛
小鼓方 大倉流 田邊恭資
大鼓方 葛野流 亀井洋佑 
太鼓方 観世流 小寺真佐人
音楽:Yami Kurae (Jacopo Bortolussi and Matteo Polato) feat. Nicola Negri (trumpets)、 Andrea Davì (percussions) 
琵琶語り作曲:須田隆久(絃月流 創始) 
テーマ曲 『ホシアナ』 
歌唱:本岩孝之 
作詞:源光士郎 
作曲・編曲:松崎劇 

イタリア語朗読:ロレンツォ・バスティーダ(ダンテ協会 詩人) 
脚本協力:藤藏 
武楽振付:源光士郎 (武楽 創始家元) 
神楽振付:石山裕雅 (無形文化財「武州里神楽」石山社中 十世宗家家元) 
映像:福地健太郎 (明治大学総合数理学部 先端メディアサイエンス学科教授) 
舞台監督:田中翼 
音響:田上篤志 (atSound) 
照明:大波多秀起 
面・装束:武楽座/石山社中
衣装:松竹衣装、武楽座、石山社中 
佐藤 貴子、AMP WORKS、Myokuf
ヘアメイク:小林幸子 
かつら:細野かつら 
題字:富永泰弘 
宣伝美術:Makoto Kagawa ( STUDIO-N ) 
パンフレット制作:辻田留菜、Makoto Kagawa 
D T P:西村淳一 (function limited) 
写真:
 [キャスト/パンフレット] 坂本 貴光
 [公演/パンフレット] 野々宮宏樹 (DS Lab)、宮下徳雄、芹沢華音
 [パンフレット] 新宮夕海、東達也、Makoto Kagawa、Ryo Matsushita
撮影 (ムービー):高岡真也
制作統括:駕川慎(武楽座) 
制作協力:株式会社アンクリエイティブ 
広報:千田浩司 ( テイメント) 
演出助手:小山 柚香 
企画協力:井谷直義、 遠藤胤也、三治和孝、原純一、野々宮宏樹、鈴木薫子 
協力:アルティスタジャポネーゼ 
主催:武楽座/武楽-BUGAKU- | Samurai Art

チケット(全席指定・税込)
一般発売 9月23日 (金祝)
SS席:17,800円 (豪華公演パンフレット付)
S席:9,800円
A席:5,000円    
チケット取扱:カンフェティ
https://www.confetti-web.com/bugaku2022/        
電話予約:0120-240-540(平日10:00-18:00 オペレーター対応)
*出演者別の扱いがお選びいただけます。
Peatix: https://bugaku2022.peatix.com/
ほかプレイガイドで発売予定


公式WEB:https://bugaku.net
公式Twitter:@KoshiroMinamoto  https://twitter.com/KoshiroMinamoto
公式Facebook:https://www.facebook.com/BUGAKU
公式Youtube:https://www.youtube.com/user/bugakuza
問合せ:03-4361-7778   https://bugaku.net/contact/

推奨ハッシュタグ:#武楽 #武楽座 #神曲 #bugaku #shinkyoku #ステアラ
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 武楽座 >
  3. 武楽『神曲 修羅六道』公演 ◆ 出演:源光士郎 美波 南圭介 サカクラカツミ 田島芽瑠 _ 11月5日@IHIステージアラウンド東京