採用実績200現場を突破!福岡発のスタートアップ企業が『スマートセンサ型枠システム』でコンクリートの未来を変える。

長きに亘り進歩のなかったコンクリートの品質管理技術を完全デジタル化

 株式会社JUST.WILL(本社:福岡市中央区 代表取締役社長:早崎昌宏、以下『JUST.WILL』)が東京大学大学院 ・野口貴文教授と共同研究開発した『スマートセンサ型枠システム』の採用実績が、この度、200現場を突破しました。国土交通省やNEXCO発注の案件を中心に、全国各地の大規模な土木・建築工事での導入が進んでいます。

 

1.開発の背景
 トンネルや橋などのコンクリート構造物の工事では、テストピースと呼ばれる供試体を用いた圧縮強度試験によって強度管理が行われています。これは、コンクリートで作った円柱型のサンプルに圧力を掛け、どれだけの力(重さ)に耐えられるのかを確認する、極めてシンプルかつ原始的な手法です。これまで数十年に亘り、コンクリートの強度管理はこの手法で行われてきました。JUST.WILLでは、より合理的かつ高度なコンクリートの品質管理を目指し、「温度と強度の相関性」に着目した強度推定式を採用、多機能センサを用いた無線通信による情報化施工を実現する『スマートセンサ型枠システム』を東京大学と共同で研究開発しました。

2.「スマートセンサ型枠システム」の技術概要
 「スマートセンサ型枠システム」は、コンクリートの表面から直接情報を収集することで、高度な品質管理を実現したICT技術です。型枠に設置された多機能センサにより、構造物の強度や内外温度、施工履歴等を、無線通信によって手元のタブレットでリアルタイムに一元管理することが可能です。

 「スマートセンサ型枠システム」ウェブサイト
  https://smartsensor.jp/

■ 「スマートセンサ型枠システム」によるリアルタイムでの品質管理のイメージ



■ 「スマートセンサ型枠システム」の管理画面

 ・コンクリートの強度発現履歴


 ・コンクリートの内外温度差もひと目で把握


 ・施工の履歴も記録・管理できるので、BIM/CIMとの組合せにも最適です



3.今後の展開
 「スマートセンサ型枠システム」は、スーパーゼネコンを始め、大手ゼネコンによる大規模な工事で積極的に導入されてきました。国土交通省やNEXCO等の発注案件を中心に採用が進み、この度200現場を突破しました。
 採用現場の詳細は、以下のGoogle Mapでご覧頂けます。
 https://www.google.com/maps/d/edit?mid=1f1mUQ2OnyiCI-clYlFgTkzPt7x2uRH0&usp=sharing
 また、現在、新たなセンサ技術の開発も進行中です。
 「コンクリートにもDXを。」をミッションに、人手不足や高齢化の進む建設現場において更なる省人化・効率化・デジタル化の推進を目標に、今後も最先端のセンサ技術で建設業界の業務改革に貢献して参ります。

■ 株式会JUST.WILLについて
 株式会社JUST.WILL(https://just-will.jp/)は、コンクリートの高度な品質管理を実現する「スマートセンサ型枠システム」を東京大学大学院・野口貴文教授と共同研究開発し、コンクリート施工現場における品質管理の高度化・合理化・デジタル化を支援しています。また、コンクリートの品質管理用のセンサ技術や樹脂型枠に関連する特許を数多く保有しており、他社との共同研究開発事業等、海外を含め、複数のプロジェクトを進行中です。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社JUST.WILL >
  3. 採用実績200現場を突破!福岡発のスタートアップ企業が『スマートセンサ型枠システム』でコンクリートの未来を変える。