男性会社員のお小遣いは過去2番目に低い金額-「2015年サラリーマンのお小遣い調査」結果について

株式会社新生銀行は、20代から50代の有職者の男女約2,300名を対象にした「2015年サラリーマンのお小遣い調査」を実施し、その結果を取りまとめました。
【「2015年サラリーマンのお小遣い調査」結果の主なポイント】
■ 男性会社員のお小遣い額は37,642円と前年比1,930円減少。1979年の調査開始以来、過去2番目に低い金額(最低額は1982年の34,100円)。
■ 男性会社員の昼食代は前年比60円増の601円。
■ 男性会社員の1回の飲み代は4,954円(※)と、自宅で飲む方の2,861円より2,000円以上高い結果に。
■ 女性会社員のお小遣い額は、前年比2,244円減少し、34,468円。
■ 消費税の負担を感じる人は、男性会社員で78.2%、女性会社員で84.9%と消費税の8%へのアップ直後の前年より上昇し、過去最高。

【お小遣い額は過去2番目に低い金額】
男性会社員の毎月のお小遣い額は昨年より1,930円減少し、37,642円と1979年の調査開始以降2番目に低い金額となりました(最低額は1982年の34,100円)。年代

別では、20代、30代はほぼ昨年の水準を維持したものの、40代、50代は4,000円以上の減額となり、養育費・教育費などの家計への負担感がお父さんのお小遣いを直撃したものと考えられます。
 


【お小遣いは減るも、昼食代は3年連続上昇】
お小遣い額は減少したものの、男性会社員の1日の平均昼食代は、昨年の541円から上昇し601円となりました。これは消費税や物価の上昇によって、外食などの値上げが広がったことによるものと考えられます。
 


【男性会社員の1回の飲み代は、外に飲みに行く方が4,954円、自宅で飲む方が2,861円】
男性会社員の1回の飲み代は4,954円(※)と、自宅で飲む方の2,861円より2,000円以上高い結果になりました。
1ヵ月の平均飲み回数は、昨年と同じく2.4回でした。年代別にみますと、30代・40代が昨年より減っているなか、20代が回数を増やしているのが特徴です。

【消費税の負担感は過去最高】
2014年4月1日に8%に引き上げられた消費税率については、男性会社員では、負担に感じている層が78.2%と、昨年より5.2%上昇、消費税3%導入時の1989年や、8%への増税直後である昨年よりも高く、負担感は過去最大となりました。
女性会社員では、負担に感じている層が84.9%と、男性よりも負担に感じている方が多いようです。また、男性同様に、負担に感じている層は昨年から上昇している結果となりました。物価の上昇による家計、ひいてはお小遣いへの負担が、消費税に対する負担感にも反映されているとみられます。

本調査の詳しい調査結果については、別添「2015年サラリーマンのお小遣い調査詳細レポート」をご参照ください。
 (※)1回の平均の飲み代は、2014年調査から算出方法を変更しています。詳しくは詳細レポート15ページをご参照ください。

以上

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社新生銀行 >
  3. 男性会社員のお小遣いは過去2番目に低い金額-「2015年サラリーマンのお小遣い調査」結果について