海外航空券のブッキングは8週間前がお得!

最も高いのはゴールデンウィーク、最も安いのは11月の航空券

年々、自分で海外旅行のための航空券やホテルをブッキングする旅行者が増えています。そのような旅行者が、どのような時期にどの国へ出発する旅行をセッティングし、その航空券を出発前のどのタイミングでブッキングすると最もコストパフォーマンスが良いのでしょうか。
海外旅行検索サイト、スカイスキャナー(本社:ロンドン、代表取締役社長:ガレス・ウィリアムズ)は、日本人に人気の上位9カ国・地域と日本国内への航空券のブッキングに最適な時期について調査しました。
その結果、下記の傾向を把握することができました。
1. 予約のベストタイミングは出発の8週間前で、最も安く航空券を購入できる(人気渡航先9カ国・地域の年間平均値)。

2. 月別では、最も価格が高いのは8月、次に高いのは12月出発の海外旅行航空券。
最も価格が安いのは、月別では11月、1月、2月出発の順。

3. 週別では、ゴールデンウィーク時期の4月30日の週出発の航空券が最高価格。次いで8月6日から19日、12月24日の週。
最も安い週は、1月15日の週で、1月22日の週、12月10日の週が続く。

4. 最も高騰するのは12月出発のオーストラリア行き、その次がフィリピン行き。8月はアメリカ行きとイギリス行きが高騰する。

5. ゴールデンウィーク時と年末には中国、お盆に香港が最もお得な旅行先。



以下は調査の概要です。
  • 対象渡航先:日本人に人気のオーストラリア、中国、香港、韓国、フィリピン、タイ、台湾、イギリス、アメリカと日本
  • 参照データ:スカイスキャナーで検索可能な2013年1月1日~12月31日の日本から上記渡航先への航空券価格

※マイクロサイト:http://www.skyscanner.jp/bttb/best-time-to-book-jp
(一部の渡航先についての調査結果のみ掲載しています)
※スカイスキャナーサイト:http://www.skyscanner.jp/

調査結果詳細は以下の通りです。

【「予約のベストタイミング調査」結果について】
1. 予約のベストタイミングは出発の8週間前で、最も安く航空券を購入できる(人気渡航先9カ国・地域の年間平均値)。

最もチケットが安いのは出発の8週間前の購入で、9カ国・地域の年間平均価格より6.8%安くチケットを購入することが可能。

早く申し込むほど安くチケットを購入できるという訳ではなく、28週間前に申し込んだ場合、年間平均の航空券代より6%高いコストが掛かる。出発3週間前より後に購入した場合、平均より高い価格となり、出発日の購入では平均値より20%以上高くなる。

2. 月別では、最も価格が高いのは8月、次に高いのは12月出発の海外旅行航空券。
最も価格が安いのは、月別では11月、1月、2月出発の順。

8月、12月共に9カ国年間平均値の航空券価格より約10%高騰。一方、11月、1月、2月出発の順で安く、これらの時期には平均より約7.5-8%安価な航空券を購入することができる。6月も比較的安価で、約6%安く購入することが可能。

 

3. 週別では、ゴールデンウィーク時期の4月30日の週出発の航空券が最高価格。次いで8月6日から19日、12月24日 の週。
最も安い週は、1月15日の週で、1月22日の週、12月10日の週が続く。

9カ国・地域の年間平均値を見ると、第18週の4月30日の週の出発便が最も高価で、第32週、第33週の8月6日、13日の週が続いて高い。1年の最終週である12月24日からの第52週も4番目に高い。これらの週に出発する便の価格は、年間平均より約15~18%高くなる。

一方で、最も安いのは1月15日からの第3週の出発便で、その翌週がそれに続く。第50週である12月10日と第47週の11月19日、第49週の12月3日からの週も航空券価格が低く、これらの時期に出発すれば年間平均より約10~13%安くチケットを購入できる。


4. 最も高騰するのは12月出発のオーストラリア行き、その次がフィリピン行き。
8月はアメリカ行きとイギリス行きが高騰する。


行き先別で見ても、やはり8月と12月出発の航空券価格が高騰する傾向があり、最も高騰するのは12月出発のオーストラリア行き、次いでフィリピン行きとなり、平均より約30%高騰する。

オーストラリアについては、8月以外は平均より安く、12月だけが突出して航空券代が高くなる。

一方、8月に最も高騰するのはアメリカ行き、次いでイギリス行きの便となり、それぞれ9カ国・地域の年間平均値より20%以上高くなっている。これら2ヶ国については、8月出発分のみ価格が高騰する。

8月と12月に必ず価格が最も高騰するわけではなく、他の月に大きく高騰する行き先もある。香港は 3~5月出発の航空券価格が高く、9月と1月が底値。台湾は8月、次いで5月出発の航空券価格が高く、1月が底値。中国は11月が最安値、5月と8月、10月も平均値を超える。韓国は5月が最高値で8月がそれに続き、2月が最安値となっている。以上から、東アジアの渡航先は最も価格が高騰する月は行き先によって異なるが、共通して5月に価格が高騰する傾向があることが分かる。


5. ゴールデンウィーク時と年末には中国、お盆に香港が最もお得な旅行先。

ゴールデンウィークでは中国、アメリカ行きが平均より6-7%割高となる程度で最も安い。次いでイギリス、オーストラリアの順。

お盆は香港のみ平均値で最も安く、オーストラリアと中国が平均値の10%前後の値上がりとなり、それに続く。年末は、中国のみ平均値以下の約10%の割安となり、韓国、イギリス、台湾、香港が3~5%アップに留まり、比較的安い方。


<スカイスキャナー リミテッドについて>
スカイスキャナーは多様な海外航空券やホテル、レンタカーについて、各種の検索サイトを一括し比較検索できる無料旅行検索サイトです。2003年にイギリスで設立して以来、月間2,500万人のユニークユーザーに対し、ウェブサイトを通じて最適な旅行ソリューションを提供してきました。また、スカイスキャナーのモバイルアプリはiPhone、iPad、Android、Windows Phone、BlackBerry、Windows 8において利用が可能で、3000万以上、ダウンロードされるなど、高く評価されています。
これら検索サイトやアプリは世界中のフライトをカバーしており、30言語・70通貨による検索を可能としています。エジンバラ、グラスゴー、シンガポール、北京、マイアミ、バルセロナにオフィスがあり、35国籍からなる400名以上の社員が勤務しています。
http://www.skyscanner.jp/

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. スカイスキャナー リミテッド >
  3. 海外航空券のブッキングは8週間前がお得!