3.11東日本大震災記憶風化を防ぐための動画「絆」が視聴回数50万回を超えました。8割以上が海外からのアクセスで、世界の方からあたたかいメッセージが届いています。

3.11東日本大震災の記憶を風化させない思いを映像で表現、世界に拡散。

3.11東日本大震災記憶風化を防ぐため株式会社 ススムが企画・制作し、昨年3月に公開した動画「絆―In eternal remembrance of March 11, 2011.―」が2017年2月下旬で視聴回数100万回を超えました。8割以上が海外からのアクセスです。

 

CMやPVなどの映像制作を手がける株式会社 ススム(所在地:東京都大田区、代表取締役社長:曽我 将 http://shou-biz.xyz )が無償で企画・制作し、2014年3月にYouTube上にアップした動画「絆―In eternal remembrance of March 11, 2011.―」の視聴回数が100万回を突破しました。約8割以上が海外からのユーザーによるアクセスで、各国・地域の人たちから日本への温かいメッセージやコメントも寄せられています。

 

▼URL: https://www.youtube.com/watch?v=2j0wabUi6P0

 

■3.11東日本大震災の記憶を風化させない思いを映像で表現

 

2011年3月11日に起きた東日本大震災からまもなく4年。時間が経つにつれて風化されつつあることへの取り組みとして、(株)ススム ではアニメーションと歌だけの映像を企画・制作して2014年3月にYouTube上に公開しました。日本だけでなく世界の多くの人たちにも3.11に心を寄せてほしいという思いからです。

 

公開から11ヵ月あまり経った2月23日、視聴回数が50万回を突破しました。しかも海外からのアクセスが約8割以上を占めており、コメント欄には世界中の多彩な国・地域の人たちからの温かいメッセージがいまも次々と寄せられています。積極的なPRを行っていないにもかかわらずネットを通じて3.11に心を寄せる人たちがいまも世界中にいることに驚くとともに、うれしい気持ちも抱いています。

 

被災地はまだまだ復興の途中にあり、いまも仮設住宅で暮らしている被災者も数多くいます。3.11の記憶を風化させることなく日本、世界の人たちに寄り添ってほしいという思いをこめ、この動画の最後に「語り継ぐことが、生きた証になる。(A Story passed on is a living memorial.)」「3.11を忘れない。(In eternal remembrance of Marc 11, 2011.)」というメッセージを入れました。

 

(株)ススムでは、この動画を通じて日本、世界のさらに多くの人たちが3.11を忘れることなく、いつも心を寄せていくきっかけになっていくことを強く願っています。

 

企業名 :株式会社 ススム(http://shou-biz.xyz/
代表者 :曽我 将
所在地 :東京都 大田区 山王 4-15-5-B
事業内容:広告映像企画・制作
飲食店経営:ビストロ レンチン(https://goo.gl/5PMwYI
食フェス企画・主催:国産にんにくフェス(https://goo.gl/tKn66N

【本件に関するお問い合わせ先】
企業名:株式会社 ススム
担当者名:曽我 将
TEL:​03-6260-9754
Email:info@shou-biz.xyz

<リリース配信:株式会社 ドリームチェイサー>
広告業務の営業を主とする企業
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ドリームチェイサー >
  3. 3.11東日本大震災記憶風化を防ぐための動画「絆」が視聴回数50万回を超えました。8割以上が海外からのアクセスで、世界の方からあたたかいメッセージが届いています。