邸宅型家族葬「弔家の灯(とむりえのひ)」エポック・ジャパンが8月27日、宮崎市に新店舗「弔家の灯 高松橋」をオープン

”もうひとつの自宅”で、家族が寄り添い、大切な故人を見送る葬送のカタチ

『家族葬のファミーユ』ブランドで全国規模の葬祭ネットワークを展開する株式会社エポック・ジャパン(本社:東京都港区、代表取締役:髙見信光)は、2016年8月27日に宮崎市大工町に「弔家の灯 高松橋」をオープンいたします。
 当社は2015年、宮崎に「弔家の灯 宮崎駅東」、熊本に「弔家の灯 上水前寺」をオープンし、今回は3店舗目となります。

 「もうひとつの自宅空間」で、大切な方を家族で弔い、その心の灯(ともしび)を温かく囲みながら見送る、という想いから「弔家の灯」と名付けられました。
 従来の葬祭ホールとは異なり、“和モダン”をコンセプトに一般住宅をリノベーションした邸宅は、自宅のような落ち着きのある時間と空間を演出いたします。
 古くは主流だった自宅葬儀の温かさ、家族の語らいがある葬儀を現代風に多様化する価値観で見直しました。

 

 

 

 

【1日1組限定の貸切空間】
 1日1組貸切のため、心ゆくまでお別れの時間をお過ごしいただけます。
形式的な儀式・儀礼にとらわれず、家族で過ごす時間そのものを付加価値とする、新しい見送りのスタイルを展開いたします。

【 “オーダーメード型” 葬儀プラン】
「弔家の灯」専属のスタッフが、ご家族のご希望を一つずつ伺いながら創り上げるオーダーメードのご葬儀プランです。邸宅の演出方法やお時間の過ごし方など、お客様ごとのご要望に合わせてその人らしい旅立ちのお手伝いをします。

 

宮崎の地元名産品の活用】
お食事やお茶では伝統工芸の町である綾町の元町窯様とタイアップした、弔家の灯オリジナルの陶器を使用しています。名産品を積極的に取り上げることで、地域貢献にも繋げております。

 

【日本各地の銘酒100選と温かい家庭料理の提供】
地元の銘酒だけでなく、たとえば旅先で飲んだ想い出のお酒やお気に入りのお酒など、全国の銘酒からお選びいただけます。お食事も家族団らんの時を思い起こさせる鍋料理や旬を取り入れた惣菜など、生前と同じようにかしこまらずに食卓を囲めるような家庭料理を提供いたします。


【オープニングイベント:予約制内覧会】
8月27日・28日には、オープニングイベントとして予約制内覧会を開催いたします。
新しい家族葬の空間演出をぜひご覧ください。
-------------------------------------------------------
予約制内覧会 概要
・開催日時:2016年8月27日(土)・28日(日) 9:00~17:00(両日)
・開催場所:弔家の灯 高松橋(住所:宮崎県宮崎市大工町3-1-1)
・URL: http://www.tomurienohi.com/
【内覧会のご予約・お問い合わせ先】:0120-505-520(24時間対応)
------------------------------------------------------


<会社概要>
社名:株式会社エポック・ジャパン
代表者:代表取締役 高見 信光
所在地:〒108-0014 東京都港区芝四丁目5-10 ユニゾ芝四丁目ビル7階
設立:2000年7月4日
事業内容:葬儀葬祭に関する一切の業務
フランチャイズシステムによる葬儀葬祭事業の展開
資本金:1億円
URL: http://www.epoch-japan.co.jp/
家族葬のファミーユ:https://www.famille-kazokusou.com/

<本件に関するお問い合わせ先>
企業名:株式会社エポック・ジャパン
担当者名:営業企画部 手塚
TEL:03-5427-6438
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社きずなホールディングス >
  3. 邸宅型家族葬「弔家の灯(とむりえのひ)」エポック・ジャパンが8月27日、宮崎市に新店舗「弔家の灯 高松橋」をオープン