みんなの助成金が<anewクラウドファクタリング>と協業! 9月18日からサービス開始

経営者ユーザーに対し更なる資金調達の選択肢を提供 https://www.minnano-joseikin.com/

補助金・助成金検索サービス〈みんなの助成金〉の運営会社である株式会社ボランチ(所在地:東京都中央区 代表取締役:石下貴大)は、OLTA株式会社(所在地:東京都港区 代表取締役社長兼CEO:澤岻 優紀)と株式会社新生銀行(所在地:東京都中央区 代表取締役社長:工藤 英之、以下、新生銀行)が共同で運営するanew合同会社(所在地:東京都千代田区 以下、anew)と、2020年8月7日にクラウドファクタリングに関する協業で合意し、9月18日よりサービスを開始することとなりました。今後は、補助金検索サービス「みんなの助成金」上で〈anewクラウドファクタリング〉のコンテンツ提供及びセミナー開催等を行い、みんなの助成金ユーザーに対し、資金調達の新たな選択肢を提案してまいります。

 

  • anewクラウドファクタリングとは http/www.a-new.co.jp/

ファクタリングとは、お客様がお持ちの「入金待ちの請求書」(売掛金)を、早期現金化し運転資金を調達する「借りない資金調達」です。<anewのクラウドファクタリング>では、法人のお客さまはどなたでもご利用いただけて、買取金額に上限も下限も設定していません。また、お客さまの取引先に通知不要な2社間ファクタリングであり、取引先に知られることなく、すべての手続きがオンラインで完結することが特徴です。

イメージイメージ

 

  • 新型コロナウイルスの影響による補助金への高まる期待
現在、新型コロナウイルスの影響を受け、みんなの助成金への経営者ユーザーからの問い合わせが4月以降100件を超えるなど急増しています。主な相談内容としては、持続化給付金に関するものが大多数を占めており、資金繰りの悩みを抱えた経営者が非常に多いことがわかります。今回パートナー契約を締結した〈anewクラウドファクタリング〉は、資金繰りに悩む経営者にとって新しい選択肢であり、様々な取り組みを通じ、相互効果が得られると考えます。
  みんなの助成金は、2015年に、「士業が勧める本当に使える補助金だけを紹介する検索サイト」としてスタートし、今年で10年目を迎えました。補助金を計画的に申請できる「カレンダー機能」や、チェックした補助金情報をエクセルでダウンロードできる「補助金助成金診断シート」、気になった補助金の申請を依頼するための「マッチング機能」など多数の機能を揃えています。
  OLTA株式会社が有するAIを活用した審査ノウハウと、株式会社新生銀行の資金力を組み合わせたオンライン完結型の「クラウドファクタリング」の提供を通じて、従来の金融機関では十分サポートされていない数百万円から1,000万円程度の資金ニーズに対応し、資金繰りの悩みを抱える中小企業・小規模事業者の方々へ新しい資金調達の選択肢を提供しています。現在、外部のデータプラットフォーマーとの積極的な提携を通じて事業基盤の拡大や審査モデルの強化を図り、より機動的に資金ニーズに対応することを目指しております。なお、当社では法人顧客の売掛債権のみを対象としており、給与債権の買い取りは行いません。

___________________________________

みんなの助成金では、今後も、経営者に役立つコンテンツを拡充してまいります。

■本件に関するお問い合わせ先
みんなの助成金 運営事務局 info@minnano-joseikin.com

■anewクラウドファクタリングに関するお問い合わせ先
anewサービスサイト https://www.a-new.co.jp/
 
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ボランチ >
  3. みんなの助成金が<anewクラウドファクタリング>と協業! 9月18日からサービス開始