デジタル窓のAtmoph Windowで、世界中に部屋ごとワープできる風景ストアがオープン

すべて独自に4K撮影された、500本以上の「窓からの眺め」専用の風景動画が590円から購入可能に

スマートなデジタル窓Atmoph Window(アトモフウィンドウ)を開発するアトモフ株式会社(本社:京都市中京区、代表取締役:姜 京日)は、世界中に出荷している同製品上で楽しめる風景動画のストアを1月16日にオープンしました。世界中で4K撮影された500本以上の絶景や都市風景を購入・ダウンロードして、家にいながらまるでそこにいるような体験を味わうことができます。

壁にかけるだけでそこに擬似的な窓を生み出すAtmoph Windowは、2015年6月に米クラウドファンディングのKickstarter、そして同9月に日本のMakuakeにて合計約2,700万円を資金調達して製品化が実現した世界初のスマートな窓型のIoT製品です。4K撮影された世界中の動く映像とリアルなサウンドによって、空間に開放感をもたらします。


2016年10月から日本、アメリカ、ヨーロッパを中心に全世界に出荷を開始し、住宅からカフェやサロン、オフィスからゲストハウス、介護施設までさまざまな個人、法人の方々に好評いただいています。これまでは、1台69,800円(税抜)の本体に内臓された10本の風景のみを切り替えてお楽しみいただくに留まっていましたが、ついに風景映像のストアをオープンしました。これまでに500本以上世界中で4K撮影した、すべて完全独自の「窓からの眺め」の風景映像を1本590円から購入・ダウンロードすることができます。
 



最初にストアにてラインナップされている風景は、ハワイ、イタリア、ドイツ、スイス、ポーランドや三重、富士山に京都、沖縄、そして暖炉など、国内外含めて約50本です。動画は毎週5-10本ずつ追加されてくため、飽きることなく世界各国の景色をお部屋でお楽しみいただけます。また世界各地で継続的に撮影を行なっているため、ラインナップは年内に1,000本を予定しています。
 

 



購入までの操作方法は至ってシンプル。(Atmoph Windowの操作は、Wi-Fi経由でつながったiPhone (iPod/iPad)/AndroidのAtmophアプリをリモコンとして使います。)Atmoph Windowのメニューからストアを表示し、気に入った風景動画を選び、購入ボタンをタップするだけです。購入の前にプレビュー画面にて実際の雰囲気を体験できるため、部屋に風景を試着するように、いろいろな景色を試して部屋にぴったりの風景を選ぶことができます。支払い方法はクレジットカードを簡単ステップで登録するだけ。購入後はストリーミングとダウンロードの組み合わせによって、すぐに風景を楽しむことができるようになっています。

ストアでは、それぞれの風景の場所が世界地図上で表示され、その場所についてのWikipediaの説明が表示されます。Atmoph Windowは「デジタル」な窓ですが、そこから見える景色をとおして、見る人を「リアル」な広い世界へとつなげていけるよう、様々な開発と取り組みを進めていきます。

アトモフ(Atmoph)について
アトモフは、家での時間の質をよりよくするために、自然とテクノロジーへの新しいつながり方を考えています。世界初のスマートなデジタル窓Atmoph Windowは窓型のIoTプロダクトで、独自の4K撮影映像とサウンドで世界の美しい風景をあなたの部屋に広げます。

http://atmoph.com/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Atmoph >
  3. デジタル窓のAtmoph Windowで、世界中に部屋ごとワープできる風景ストアがオープン