ロックバンドamazarashi ニューシングル「命にふさわしい」200体の人形<ドール>が破壊されるMVが公開

ゲーム界の鬼才と、ロック界の異端がコラボした破壊と背徳のミュージックビデオが完成

 


 ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ(本社:東京都港区 代表:大谷英彦)は、所属アーティストamazarashiの、2月22日リリースのニューシングル「命にふさわしい」のミュージックビデオ(MV)を公開しました。
 「命にふさわしい」は、2月23日発売のPlayStaiton®4用アクションRPG「NieR:Automata」との共創プロジェクト、「NieR:Automata meets amazarashi」(http://www.amazarashi.com/inochinifusawashi/)の一環として秋田ひろむが書き下ろした楽曲です。
 もともと、ゲームフリークでもある秋田ひろむが、ファンであったゲームタイトル「NieR Replicant(NieR:Automataの過去作)」のディレクターヨコオタロウ氏を自らのライブに招待したことから、この共創プロジェクトがスタート。新作「NieR:Automata」の世界観を表現した本楽曲が生まれました。
 今回公開したMVは、「NieR:Automata」のディレクターであるヨコオ氏の原案を元、制作された映像作品。
 秋田ひろむは、“NieR”と自分たちに共通するテーマとして、『命を投げ出すに値するほど、大切なものは何か』というテーマを掲げ、楽曲を制作。そのテーマはこのMVでも一貫して描かれています。

 
  • <ミュージックビデオキャプチャー>
 

 
  • <ミュージックビデオストーリー>

MVは「NieR:Automata」の世界が舞台。原案は、ヨコオタロウ。
西暦11944年の遠い未来。機械生命体に支配され人類がいなくなった地球。巨大な廃墟のような工場で、
一体の機械生命体が、旧時代の人類が残した人形を、無限に破壊し続けている。その目的はなんなのか。
ヨコオタロウ書き下ろしの絵本「命にふさわしい」とリンクした衝撃の物語。
 
  • <ミュージックビデオメイキングエピソード>

・使われた人形は全てで200体。
・用いられた手段は「穿通」「噛砕」「燃焼」「圧壊」「切断」「爆破」など。
・使われる人形は、人形創作集団ピグマリオンを主宰する人形作家吉田良さんによって監修され、
 すべてに化粧などが施されることで、世界観にマッチしている。
・映像の最期には、「NieR:Automata」の主人公2Bの人形も登場。
・撮影に利用した人形は「本寿院」にて人形供養に伏された。

 
  • <amazarashi NEW SINGLE「命にふさわしい」>
 

 

【初回生産限定盤( NieR 盤)】
AICL-3275 ~ 3278
¥1,800(tax out)
CD+DVD
オリジナル絵本「命にふさわしい」
(作:ヨコオタロウ/絵:幸田和磨)
同梱 PlayStation(R)4「NieR:Automata」
プロダクトコード「ポッドモデル:amazarashi ヘッド」
<CD>
m1 命にふさわしい
m2 幽霊
m3 数え歌
m4 命にふさわしい acoustic version
<DVD>
「命にふさわしい」MV
NieR:Automata Movie 119450310
Amazon : http://amzn.asia/5UKZrOf
 


【通常盤(初回仕様 三方背ケース)】
AICL-3279
¥1,200 (tax out)
m1 命にふさわしい
m2 幽霊
m3 数え歌
m4 命にふさわしい acoustic version
Amazon: http://amzn.asia/ckKfhhD

 
  • <NieR:Automata 商品情報>
 

タイトル: NieR:Automata / ニーア オートマタ
対応機種: PlayStation®4
発売日: 2017年2月23日(木)
価格: 7,800円+税
ジャンル: アクションRPG
プレイ人数: 1人
CERO: D(17才以上対象)
開発: PlatinumGames Inc.
権利表記: © 2016 SQUARE ENIX CO., LTD.
               All Rights Reserved.
プロデューサー: 齊藤陽介
ディレクター: ヨコオタロウ
キャラクターデザイナー: 吉田明彦(CyDesignation, Inc.)
コンポーザー: 岡部啓一(MONACA)
ゲームデザイナー: 田浦貴久(PlatinumGames Inc.)

<ヨコオタロウ profile>
フリーランスのゲームクリエイター。同氏が生み出す愛と悲しみと死に彩られた狂気の世界観に、心を奪われたプレイヤー多数。今回は前作の人気キャラ・実験兵器7号のコスプレで登場。代表作は『NieR』、『ドラッグ オン ドラグーン』シリーズなど。

 
  • <amazarashiについて>
 

青森県在住の秋田ひろむを中心としたバンド。日常に降りかかる悲しみや苦しみを雨に例え、僕らは雨曝だが「それでも」というところから名付けられたこのバンドは、「アンチニヒリズム」をコンセプトに掲げ、絶望の中から希望を見出す辛辣な詩世界を持ち、ライブではステージ前にスクリーンが張られタイポグラフィーや映像が映し出される独自のスタイルを展開する。

2016年2月にリリースされたフルアルバム「世界収束二一一六」ではオリコンアルバムウィークリーチャート4位にチャートイン。2016年10月15日には幕張メッセイベントホールにて巨大なLEDモニタで4面に配置したキューブの中で自身が発表したストーリー「虚無病」とともに進行する新たな試みのライブを成功させた。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント >
  3. ロックバンドamazarashi ニューシングル「命にふさわしい」200体の人形<ドール>が破壊されるMVが公開