日本一の高さ123mの大観覧車『REDHORSE OSAKA WHEEL (レッドホース オオサカ ホイール)』 2016年7月1日(金)にグランドオープン!!

日本最大級の大型複合施設「EXPOCITY」に登場!

 フェリスウィールインベストメント株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 宮本裕司)は、大阪府吹田市・万博記念公園の日本最大級の大型複合施設「EXPOCITY(エキスポシティ)」に、高さ日本一の大観覧車『REDHORSE OSAKA WHEEL(レッドホース オオサカ ホイール)』を2016年7月1日(金)にグランドオープンすることを決定しましたのでお知らせします。
日本一高い大観覧車のゴンドラはすべて「シースルー」
足元から約120m下の絶景を見渡せます!


 『REDHORSE OSAKA WHEEL』は全高123mで、高さ日本一の大観覧車となります。また、本観覧車は世界でも5番目の高さとなる予定です。(※当社調べ)
 本観覧車の全ゴンドラは、座席シート以外の床面が透明ガラスとなった「シースルー」構造となっており、まるで空中に浮かんでいるような雰囲気の中、日本一の高さの上空から、抜群の眺望を楽しむことができます。また、全ゴンドラは冷暖房が完備な上、幅広い座席シート等、ゆとりある設計となっており、お客様にゆったりとした快適な空間を提供することが可能です。
 さらに、座席シートや照明等の内装を特別に豪華にした「VIPゴンドラ」も2基限定で提供します。

                 (完成イメージ)


■『REDHORSE OSAKA WHEEL(レッドホース オオサカ ホイール)』概要

名          称: REDHORSE OSAKA WHEEL(レッドホース オオサカ ホイール)
住      所: 大阪府吹田市千里万博公園2-1 EXPOCITY内
交      通: 大阪モノレール「万博記念公園駅」徒歩約2分
営 業 時 間 : 10:00~23:00(予定)
定 休 日 : EXPOCITYに準ずる
U  R  L  : http://osaka-wheel.com
料   金 : 未定

【観覧車配置図】
※赤枠がREDHORSE OSAKA WHEEL(レッドホース オオサカ ホイール)


<主な仕様>
全    高:123m
ゴンドラ台数:72基(うち、「VIPゴンドラ」2基)
定    員:6名(1基あたり)※「VIPゴンドラ」は定員4名
1周所要時間:約18分

<主な特長>
・【日本一】全高123m。
・ゴンドラ全基が座席シート以外の床面「シースルー」構造。
・ゴンドラ内は冷暖房を完備。座席シートは一人あたり約60cmで、ゆったりと座れるサイズ。
・ゴンドラ内にはすべてタブレット装備。エリア放送「EXPO TV」が視聴可能。
・座席シートや照明等の内装を特別に豪華にした「VIPゴンドラ」を2基限定で提供。
・【世界初】観覧車では世界で初めての免震構造。

     ゴンドラ(定員6名)イメージ

  2基限定の「VIPゴンドラ(定員4名)」イメージ


■ REDHORSE MARUMIE PLAZA(レッドホース マルミエプラザ)
 観覧車チケット売り場の2階に、本観覧車のオープンに先駆け、2015年11月より、観光セレクトショップ「REDHORSE MARUMIE PLAZA(レッドホース マルミエプラザ)」の営業を開始しました。店内には気軽に休憩できるカフェスペースもあり、日本全国をマルミエにする様々なご当地グルメやドリンクを楽しむことができます。REDHORSE OSAKA WHEELグランドオープン後には、観覧車のチケットとのお得なセットや観覧車の公式グッズ等も多数ご用意いたします。EXPOCITYの観光土産にもオススメです。

営 業 時 間:10:00~23:00/ラストオーダー22:30(予定)

住      所: 大阪府吹田市千里万博公園2-1 EXPOCITY 内 

■ フェリスウィールインベストメント株式会社について
 本観覧車は、今回の観覧車建設プロジェクトのために設立したSPC(特別目的会社)が事業主体となっており、投資家からの出資及び金融機関からのローン等によって、開発資金を調達しました。当社フェリスウィールインベストメントは、プロジェクトのリードアレンジャーとして、ファンド組成やファイナンスアレンジメント、資産運用業務を担うと同時に、本観覧車の運営業務を担います。

本      社:東京都港区虎ノ門4-3-1城山トラストタワー31階
代  表 者:代表取締役社長  宮本 裕司
設    立:2010年2月
資  本   金:8,600万円
事 業 内 容 :      
オペレーショナルアセットの開発、運用
投資ファンドの組成、ファイナンススキームの構築、自己投資
観覧車等のレジャー施設の運営、管理(ハウステンボス「白い観覧車」等)

■「EXPOCITY(エキスポシティ)」とは
 「EXPOCITY」は、「『遊ぶ、学ぶ、見つける』楽しさをひとつに!」をテーマに、8つの大型エンターテインメント施設と約300店舗の「三井ショッピングパーク ららぽーとEXPOCITY」からなる、エンターテインメントとショッピングが融合した日本最大級の大型複合施設です。
 昭和が始まり45年経った1970年、アジア初の日本万国博覧会「EXPO’70」が万博記念公園で開催されました。奇しくもそれから45年後の2015年11月、その地に「EXPOCITY」がオープンしました。
 「EXPOCITY」では、新たなコミュニティーを創り出すことで、国内外からのお客さまが集い交流し、45年前の熱気と賑わいを呼び覚ますような、世界に誇れる日本のランドマークになることを目指しています。

写真撮影:株式会社エスエス大阪

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. フェリスウィールインベストメント
  3. 日本一の高さ123mの大観覧車『REDHORSE OSAKA WHEEL (レッドホース オオサカ ホイール)』 2016年7月1日(金)にグランドオープン!!