子育てを支援する企業が使えるキッズスペース併設サテライトオフィス誕生

企業が力を合わせて子育てママをサポートする日本初のモデル

サテライトママスクエア by HOLLYWOOD 
六本木六丁目 ハリウッドビューティプラザ 
6月6日(月)グランドオープン
報道関係各位
 

 


ハリウッド株式会社(ハリウッド化粧品 東京都港区:代表取締役 牛山勝利)は、株式会社ママスクエア(東京都港区 代表取締役:藤代聡)が長年培ってきたキッズルームと職場と併設するノウハウと協力を得て、子育て中のママが一緒に出勤できるサテライトオフィス『サテライトママスクエアby HOLLYWOOD』 (satellite mamasquare by HOLLYWOOD)(以降サテライトママスクエア)をオープンさせることになりました。運営事務局として株式会社ガプスモバイル(東京都港区 代表取締役:西村大樹)が法人向け対応窓口をサポートいたします。
 

 



サテライトママスクエアは、周辺企業が専用のブースを定期で契約することにより、保育園待機などやむを得ない理由で育休から復職できない社員のお仕事再開を可能にする“場”をご提供するプロジェクトです。
“子供のそばで安心して働ける”ワーキングスペースをサテライトでご提供する全く新しい子育てサポートモデルで、保育園を探す活動(保活)をママ社員だけの負担にせず、企業側にもご負担いただく事でよりスムーズな復職を目指すことが可能です。
一社で保育スタッフやキッズスペースを負担するのではなく複数の企業が利用しシェアできるので一社あたりのコストが大きく軽減しました。執務エリアからガラス越しで子どもの様子を見るのが出来で、子どもは楽しく遊び、ママは安心して仕事に集中することができます。
        
創業者・美容家 メイ牛山の哲学である『女性が活躍する社会は、平和である』をハリウッド化粧品が株式会社ママスクエアと一緒に、新しい子育てサポートのカタチとして、また新しいビジネス業態の確立として実現いたします。
日本の中心地である六本木ヒルズから発信することで
『働くママを応援する社会的流れを東京 六本木から日本につくる』と意義ある事業を展開します。


【サテライトママスクエア by HOLLYWOOD 概要】
所 在 地 :六本木ヒルズ内 ハリウッドビューティプラザ3階
     東京都港区六本木6-4-1
オープン日:2016年6月6日(月)

ハリウッド株式会社
株式会社ママスクエア
株式会社ガプスモバイル
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ママスクエア >
  3. 子育てを支援する企業が使えるキッズスペース併設サテライトオフィス誕生