Pepper for Biz複数台利用ハッカソン受賞作品発表

総合レンタル企業の西尾レントオールは、2016年4月2日にPepper複数代理用のハッカソンを実施しました。

西尾レントオールは、「Pepper for Biz」(ソフトバンク社公認)のレンタル事業を4月1日より開始しております。アプリケーション作成もサポートし、Pepperを軸に他のロボットアイテムの拡大も見込みます。

西尾レントオール株式会社 事務所内 Pepper複数台ハッカソンの光景西尾レントオール株式会社 事務所内 Pepper複数台ハッカソンの光景
弊社はソフトバンク株式会社が提供している、人型のロボット「Pepper」の法人モデル「Pepper for Biz」についてのレンタル事業を4月1日より開始しております。(参考記事:http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000017940.html)

◆Pepper for Biz 複数台利用ハッカソンの開催
弊社は、Pepperの複数台利用の可能性を見出すためPepper for Bizを合計24台用意し、複数のベンダー様・個人のアプリ開発者様のご協力の元、ハッカソンを開催いたしました。ハッカソンの受賞作品を発表いたします。※当Pepper複数台利用ハッカソンは、ソフトバンクロボティクスのPepper for Bizを活用し、西尾レントオール株式会社が行うイベントです。

◆西尾レントオール賞:チーム「マッキーと愉快な仲間達」
・Pepper神経衰弱
https://www.youtube.com/watch?v=-tsDQf-DEaE
Pepperの身体の部位をつかった神経衰弱ゲームです。触られるPepperとその結果を表示するPepperとで役割分担されていました。
 

チーム「マッキーと愉快な仲間達」の皆さんチーム「マッキーと愉快な仲間達」の皆さん

◆とのさまラボ賞:チーム「Pepper記者会見」
・Pepper記者会見
https://www.youtube.com/watch?v=9YQ5_m-OYG0
Pepperが記者会見を行うようになったら・・・という未来を感じさせられる作品でした。実際に体験した審査員の西田さんは、「記者会見は実際に会見を受ける側で体験してみたら、想定以上に楽しかった」とコメントをされていました。

チーム「Pepper記者会見」の皆さんと審査員の太田さんと西田さんチーム「Pepper記者会見」の皆さんと審査員の太田さんと西田さん

◆優秀賞:チーム「だるまさんが転んだ」
・だるまさんが転んだ
https://www.youtube.com/watch?v=iGWklOz2vfY
一番、技術的な完成度の高かった作品です。Pepperが、人間が後ろを向いているか向いていないかの判別を、ここまでできるのかと驚かされました。

チーム「だるまさんが転んだ」の皆さんと審査員の太田さん西田さんチーム「だるまさんが転んだ」の皆さんと審査員の太田さん西田さん

◆ロボットパートナー賞・最優秀賞:チーム「フラワーロック」
・Pepperウエーブ
https://www.youtube.com/watch?v=g-96rRUg8Vs
・Pepperバンザイ
https://www.youtube.com/watch?v=T5-Ju7rKA5w
・Pepperフラワーロック
https://www.youtube.com/watch?v=7K2egrymD1k
複数台のPepperに「イェーイ!」や「バンザーイ!」を同時に言わせることによる存在感と迫力は予想以上のものでした。審査員の太田さんは、Pepperと一緒になってバンザイをする伊藤さん(アイラボ)に対し、「人機一体的に、ロボットと人間と一体になった瞬間でよかったです」とコメントをされていました。


チーム「フラワーロック」の皆さんと審査員の太田さん西田さんチーム「フラワーロック」の皆さんと審査員の太田さん西田さん

チーム「フラワーロック」の皆さんチーム「フラワーロック」の皆さん

◆最後にPepperで第九を合唱
審査員の西田さんと太田さんが「Pepper合唱団」を作りました。
https://www.youtube.com/watch?v=gVfBizjQd_M

第九を歌うPepper達と審査員の太田さん西田さん第九を歌うPepper達と審査員の太田さん西田さん


◆参加者のご紹介
・チーム「Pepper記者会見」
西野貴志さん ナレジックス株式会社 http://knowledgex.co.jp
荻伸一郎さん  株式会社スピリテック http://www.spiritek.co.jp
城戸一馬さん 株式会社パソナテック https://www.pasonatech.co.jp
石井公一郎さん
・チーム「フラワーロック」
伊藤剛さん 株式会社アイラボ http://www.i-labo.info/
高橋一行さん Forex Robotics株式会社 http://forexrobotics.jp
桐生俊則さん 株式会社SORA http://www.so-ra.co.jp
・チーム「マッキーとゆかいな仲間たち」
マッキー小澤さん
山下咲良さん 株式会社シャンティ http://shanti-robo.co.jp
光野宏貴さん 株式会社アイネス http://www.ines.co.jp
川副貴彰さん 株式会社アイラボ http://www.i-labo.info/
・チーム「だるまさんが転んだ」
山本泰之さん 株式会社CRANE http://crane-inc.io
敷矢和子さん
野村有加さん
堀内陽佑さん
・審査員
審査委員長 西田寛輔様 とのさまラボ http://labo.tonosamart.com/
審査副委員長 太田智美様 ロボットパートナー https://www.facebook.com/tb.bot
◆写真・動画の掲載協力
ロボットスタート株式会社 北構様 http://robotstart.co.jp/
ロボットパートナー太田様 https://www.facebook.com/tb.bot
株式会社アイラボ伊藤様 http://www.i-labo.info/ https://twitter.com/gaziro2000/

より詳しいイベントの模様などは、ロボット情報WEBマガジン「ロボスタドットインフォ」の記事にてご覧ください。
http://robotstart.info/2016/04/04/peppers-hackathon.html


==================
◆ロボット・メディアを開始
Nrobo MediaというWEBサイトにて、ロボット・メディアを開始いたします。
・メディアサイトURLアドレス
http://nrobo.jp
・記事掲載に関するお問い合わせメールアドレス
info@nrobo.jp

◆Pepperのレンタル・Pepper関連製品のお問合せ
レンタル利用に関するお問合せ・ご相談は、お手数ですが、下記のGoogleフォームより申し込みください。弊社Pepperスポットレンタル事業担当者より対応させて頂きます。
・お問い合わせフォーム 
https://docs.google.com/forms/d/1-ho1LYFK2RmVuPmfrilpLShfpnoo5-wxMOfdO6J1FVo/
※Googleフォームを利用しています。ご利用のブラウザ、セキュリティソフトによっては表示できない場合がございます。
・Pepperスポットレンタルに関する問い合わせメールアドレス
pp@nrobo.jp
※レンタル利用日の1ヵ月前よりのご相談を推奨しております。独自アプリを開発する場合は、更に開発期間が必要となります。メディアでの露出に関しては、ソフトバンク社のレギュレーションの確認が必要となります。ご了承ください。

◆西尾レントオール株式会社について
西尾レントオール株式会社は、東証一部上場の総合レンタル企業です。建設機械やイベント展示会用機材のレンタル事業を全国で行っています。(209拠点)1965年に道路機械のレンタルを開始し、「機械を保有せずレンタルを活用する」という考えが定着し、活躍の場を拡大してきました。最新機器の商品数と提案営業により、建機レンタル業界においてトップクラスのシェアを誇っています。また、単にメーカーの商品をレンタルするだけではなく、現場からのニーズをもとに、オリジナル商品の開発・商品化や海外製品の積極的な導入などレンタルの有用性と可能性の拡大を追及しています。

◆西尾レントオール株式会社マーケティング開発課について
西尾レントオール株式会社マーケティング開発課は、Kids Magic(キッズマジック)というブランドを掲げ、屋内遊具や商業施設用キッズコーナーなど、子ども向け商品の企画・設計から施工まで、トータルプロデュースをしています。今後、ロボットはパソコンやスマートフォンと同様に、社会への浸透が進んでいきます。人工知能の実用化に伴いこの流れはさらに加速していくことでしょう。当社はロボット分野のレンタルサービスのパイオニアとなり、社会へ貢献していく所存です。
 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 西尾レントオール株式会社 >
  3. Pepper for Biz複数台利用ハッカソン受賞作品発表