世界初となるコンテナ型完全オフグリッドのアクアポニックス(さかな畑)農場を開発、途上国支援へ活用

アクアポニックスとは、水産養殖と水耕栽培を掛け合わせた次世代農業。魚のフンを微生物が分解し、植物が栄養として吸収、浄化された水が再び魚の水槽へと戻る、生産性と環境配慮の両立ができる生産システムです。

株式会社おうち菜園(横浜市)とHATponics, Inc.(テネシー州ノックスビル)は、地球に最もやさしい循環型有機農業(アクアポニックス)の技術を応用したコンテナ型完全オフグリッド農場を開発、Heifer International<非政府国際協力組織>(アーカンソー州リトルロック)へ納品しました。
農場のオープニングには、途上国を中心に世界40か国から約150名の視察団を迎え、「END HUNGER」(世界から飢餓を無くす)をテーマにパネルディスカッションと農場の見学会を開催しました。今後アフリカ、アジアなどの途上国支援にアクアポニックス技術を活用します。

 

 

 

 

<農場について>
・年間収穫量
1基設置することで約150~200名分の食料を生産できます。年間収穫量は、2年目で32,000株のレタス、400キロのトマト、350キロのスプラウト、900キロの魚を見込みます。

・地球環境に優しい
太陽光と風力のハイブリッド発電機能を備え、100%再生可能エネルギーを利用した栽培が可能です。水も従来の慣行農法に比べて70~80%を節水することができます。

・コンテナ再利用型
すべての資材をコンテナに詰めて世界中へ発送、現地で組み立てます。輸送に使ったコンテナは魚の養殖場とおよびオフグリッドシステムの設置保管所として現地で再利用されます。資材、水、そしてエネルギーが手に入りにくい途上国において、効率的な食糧自給を支援するとともに、現地雇用を創出します。


<アクアポニックス(さかな畑)とは>
アクアポニックスは、水産養殖(魚の養殖)と水耕栽培(土を使わずに水で栽培する農業)を掛け合わせた、次世代農業。魚の排出物を微生物が分解し、植物がそれを栄養として吸収、浄化された水が再び魚の水槽へと戻る、循環型の有機農業。生産性と環境的配慮の両立ができる生産システムです。
 

 

 

 


【株式会社おうち菜園について】
所在地  :〒231-0012 神奈川県横浜市中区相生町3-61 泰生ビル2F
設立   :2014年4月2日
代表取締役:濱田健吾
URL   :https://aquaponics.co.jp
事業内容 :日本におけるアクアポニックスの普及へ向けて次の事業を展開。
・農場設計および設営、栽培指導
・AQUAPONICS ACADEMYの運営 -アクアポニックスの学校-
・書籍の出版 -実践マニュアル本
・新商品の開発販売 -栽培キット及び関連資材- 

千葉ショールーム(一般社団法人イノプレックス)
千葉県船橋市習志野台2-11-3-A4
電話:047-407-2535
※植物工場型アクアポニックスを展示。2019年1月稼働予定。(温室型は4月稼働予定)

【本件に関するお問い合わせ先】
企業名:株式会社おうち菜園
担当者名:濱田健吾
TEL:050-5539-1923
Email: info@ouchisaien.com
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社おうち菜園 >
  3. 世界初となるコンテナ型完全オフグリッドのアクアポニックス(さかな畑)農場を開発、途上国支援へ活用