『JAPAN ACTION SPORTS AWARDS 2018』受賞者が決定!!!

岩渕 麗楽(スノーボード)、西村 碧莉(スケートボード)等が来場!

2012年10月にアクションスポーツの普及、発展、文化の向上を目的に設立した一般社団法人JASA(JAPAN ACTION SPORTS ASSOCIATION / 日本アクションスポーツ連盟 代表理事 山田基嗣)は、年間を通じてアクションスポーツ(サーフィン、スケートボード、スノーボード等)で活躍したライダー、アクションスポーツの発展に貢献した人物や、イベント、団体を表彰する 『JAPAN ACTION SPORTS AWARDS 2018』を3月20日(火)東京・原宿クエストホールにて開催致しました。

平昌オリンピックにおける日本代表選手の活躍が記憶に新しいスノーボード。次なる東京オリンピックに向けて盛り上がりが期待されるサーフィンとスケートボード。さらにはBMXまで。
4つのカテゴリーにおいて日本の未来がここ原宿に集まりました。

<受賞者プロフィール(RIDER of the YEAR)>

■SURFER of the YEAR(MAN)
大原 洋人(おおはら  ひろと)
生年月日:1996年11月14日(21歳)
出身地 :千葉県

SURFER of the YEAR(MAN) 大原 洋人SURFER of the YEAR(MAN) 大原 洋人

父親の影響から、8歳でサーフィンを始め、2010年、13歳のときにNSA(日本サーフィン連盟)の全日本選手権優勝とU16年間チャンピオン獲得を成し遂げて、アマチュアの頂点に立つ。 同年、日本プロサーフィン連盟(JPSA)公認プロの資格を得ると同時に、ワールドサーフリーグ(WSL・旧ASP)ではU16年間チャンピオンに輝くなど、若くして国内外のコンペティションで頭角を現す。2015年、カリフォルニア州ハンティントンビーチで行われたWQSイベント、「Vans US Open of Surfing」で、日本人として初めて優勝のトロフィーを掲げた。 
2017年もWSLのQSで世界を転戦。QS6,000のオーストラリアンオープン・オブ・サーフィンでの3位入賞を皮切りに、QS1,000のコミュニティプロジェクト・セントラルコーストプロで優勝、QS3,000のプロ・サンタクルーズ2017で3位など好成績をおさめる。CT(チャンピオンシップ・ツアー)入りが期待される日本の若き至宝。


■SURFER of the YEAR(WOMAN)
川合  美乃里(かわい みのり)
生年月日 :2000年12月14日(17歳)
出身地 :徳島県

SURFER of the YEAR(WOMAN) 川合  美乃里SURFER of the YEAR(WOMAN) 川合 美乃里

サーフィンを始めたのは6歳の幼少期から。本格的に練習を始め、小学4年生の時に大会へ出場。2014年13歳でプロテストに合格し、2015年は2大会優勝し、ルーキーオブザイヤーを獲得。ツアーランキング2位。ISA world junior championship U16で歴代日本人最高位5位という成績を納めた。2016年はJPSAグランドチャンピオンを獲得。2017年1月にはWSL world junior surf league で5位という日本人女子のベストリザルトを更新し、5月にはQS3,000一宮・千葉オープンで優勝するなど、今、もっとも勢いのあるガールズサーファー。

■SKATER of the YEAR(MAN)
堀米 雄斗(ほりごめ ゆうと)
生年月日 :1999年1月7日(19歳)
出身地 :東京都

SKATER of the YEAR(MAN) 堀米 雄斗SKATER of the YEAR(MAN) 堀米 雄斗

スケーターの父の影響で5歳からスケートボードをはじめ、バーチカルランプから練習を重ねる。日本人離れした大きなスケールと安定感のある滑りが持ち味。現在、世界的に有名なカンパニーに所属し、活動の拠点をアメリカに移す。2015年USA 「The Berrics Wild in the parks Open」2位、2016年USA「Tampa AM 2016」4位と好成績を収め、2017年には、世界屈指のトップスケーターのみが出場を許されるコンテスト「ストリート・リーグ・スケートボーディング (SLS)」開幕戦バルセロナ大会にて3位入賞を果たす。その後、ロングビーチで開催された『DEW TOUR 2017』においてもストリート部門で3位になるなど、その活躍は、世界中から注目を集めている。

■SKATER of the YEAR(WOMAN)
西村 碧莉(にしむら あおり)
生年月日:2001年7月31日(16歳)
出身地:東京都

SKATER of the YEAR(WOMAN) 西村 碧莉SKATER of the YEAR(WOMAN) 西村 碧莉

スケートボードをはじめたのは小学2年生の頃。小学5年生の時にはAJSA(日本スケートボード協会)主催の全国大会で優勝するなど、才能を開花させる。2016年には、エクストリームスポーツの最高峰である「X GAMES」や、全世界のスケートボーダーの中から選ばれた8人しか出場できない「ストリート・リーグ・スケートボーディング (SLS)スーパークラウン・ワールドチャンピオンシップ」に出場し、世界に名を轟かせる。 2017年、日本で初めて開催された日本選手権を制して初代チャンピオンに輝いたのをはじめ、再び挑んだ「X GAMES」
で優勝。今や世界で最も有名なスケートボーダーのひとりとなる。

■SNOWBOARDER of the YEAR(MAN)
平野 歩夢(ひらの あゆむ) 
生年月日:1998年11月29日(19歳)
出身地:新潟県

SNOWBOARDER of the YEAR(MAN) 平野 歩夢SNOWBOARDER of the YEAR(MAN) 平野 歩夢

4歳の頃から兄、英樹(えいじゅ)とスノーボードを始める。小学4年生でBURTONとスポンサー契約を結び多くのコンテストに参戦。小学6年生の時、「BURTON US OPEN 2011」で優勝する。当時、その滑りは世界中のスノーボードメディアに衝撃を与える。2013年のW杯で初出場初優勝し、2014年ソチオリンピックでは銀メダルを獲得。続く2016年には「X GAMES」を初制覇。大きな怪我を克服した2017年12月のW杯で2連勝し、2018年1月の「X GAMES」スーパーパイプで優勝後、平昌オリンピックへ。平昌オリンピックではスノーボード男子ハーフパイプにて2大会連続となる銀メダルを獲得し、日本中を興奮の渦に巻き込んだ。

■SNOWBOARDER of the YEAR(WOMAN)
岩渕 麗楽(いわぶち れいら)
生年月日: 2001年12月14日(16歳)
出身地:岩手県

SNOWBOARDER of the YEAR(WOMAN) 岩渕 麗楽SNOWBOARDER of the YEAR(WOMAN) 岩渕 麗楽

4歳からスノーボードを始め、10歳でU-15世代のスノーボード・ルーキーツアーに相当するINDY PARK JAM(アルツ磐梯)で優勝を飾る。中学校1年にしてプロスノーボーダーに転向し、世界各地の大会に出場する。中学卒業前の開催であった全日本スノーボード選手権大会スロープスタイルで初優勝し、2017年より全日本スキー連盟(SAJ)スノーボード強化指定選手に選抜され、2018年平昌オリンピック代表選手に。
2018年1月アメリカコロラド州アスペンで開催された「X GAMES」女子ビッグエアで初出場ながら銀メダルを獲得。2月、平昌オリンピック スノーボード女子ビッグエアでは、惜しくも4位で表彰台を逃すが、早くも4年後が期待される若き超新星。


■SPECIAL AWARD 
ARK LEAGUE(アーク リーグ)

SPECIAL AWARD_ARK LEAGUE_内野洋平(右)瀬尻稜(左)SPECIAL AWARD_ARK LEAGUE_内野洋平(右)瀬尻稜(左)

2013年から開催され、大会のスケールや出場選手、すべてにおいて世界規模であるBMX FLATLANDの世界大会「FLAT ARK」。オーガナイザーは、世界チャンピオンの内野洋平。2017年「FLAT ARK」がスケートボードの世界大会「SKATE ARK」を迎えて、11月に神戸にて開催した「ARK LEAGUE」。「SKATE ARK」のオーガナイザーは瀬尻稜。言わずと知れた日本を代表するスケーター。BMXとスケートボードのスーパースターがお届けする選手による選手のためのコンテスト「ARK LEAGUE」は、2017年、アクションスポーツ業界に強烈なインパクトを残した。

■SPECIAL AWARD 
JAPAN JUNIOR PROJECT(ジャパン ジュニア プロジェクト)

SPECIAL AWARD_JAPAN JUNIOR PROJECT_山本貞彦SPECIAL AWARD_JAPAN JUNIOR PROJECT_山本貞彦

日本のサーフィンの実力を上げること。日本の財産であるジュニア選手を育成すること。強化選手を選出し、コーチを擁し、年間を通し長期的なサポートをすることで、技術向上につなげ、世界で戦える選手を作りだすプロジェクトがJAPAN JUNIOR PROJECT。

世界7地域のリージョナルから18歳以下の代表選手が集まり、2017年度のチャンピオンを決める大会「ワールドジュニアチャンピオンシップ2017」では、安室丈が日本人選手として初の準優勝、西優司、川合美乃里も3位という結果を残すなど、JAPAN JUNIOR PROJECTが若い世代に対しておこなってきた活動が、今まさに実を結びつつある。

【選考に関して】
RIDER of the YEARは、各カテゴリーとも選考委員8名~11名とJASA加盟27社による、独自の視点 (コンテスト重視、話題性重視、業界への貢献度重視など)で選考期間中に活躍した選手を3名選出し、投票ポイントの合計ポイント数にて決定しています。

■選考対象:
メーカー・企業からサポートを受けており、国内外で活動する選手 国籍は問いません  
■選考期間:
2017年1月~2017年12月(サーフィン/スケートボード)
2017年2月~2018年2月平昌オリンピック競技終了まで(スノーボード)

スペシャルアワードに関しては、アクションスポーツの発展、活性化に大きく貢献した人物、団体、クリエイティブ、イベントなどをジャパンアクションスポーツアワーズ2018実行委員会が総合的に判断し決定しました。

【RIDER of the YEAR選考委員一覧】
■サーフィン部門 SURFER of the YEAR 選考委員 11名(順不同・敬称略)
①WSL JAPAN リージョナルマネージャー 近江 俊哉
②日本サーフィン連盟(NSA) 理事長 酒井 厚志
③サーフトリップジャーナル 中野 晋
④サーフメディア 徳植 卓司
⑤カラーズマガジン 編集長 吉田 “yoge” 憲右
⑥F+ 編集長 つのだゆき
⑦Blue. 編集長 戸井田 雄一
⑧サーフィンライフ 編集長 小山内 隆
⑨波情報 BCM
⑩波伝説 加藤 道夫
⑪NAMI-ARU?  プロデューサー 宇野 茂典

■スケートボード部門 SKATER of the YEAR 選考委員 10名 (順不同・敬称略)
①日本スケートボード協会(AJSA) 理事 JRSF(日本ローラースポーツ連盟)ナショナルチーム ヘッドコーチ 西川 隆
②SKATEBOARDING PLUS クリエイティブディレクター 高橋 大介
③Sb 編集長 小澤 千一朗
④HIDDEN CHAMPION 編集長 松岡 秀典
⑤MURAKEN
⑥TSV 代表 岡田 晋
⑦田中 秀典
⑧JSF(日本スケートボーディング連盟)平野 英功
⑨JRSF(日本ローラースポーツ連盟)スケートボード委員 早川 大輔 ⑩Far East Skate Network 代表 森田 貴宏

 
■スノーボード部門 SNOWBOARDER of the YEAR 選考委員 8名 (順不同・敬称略)
①日本スノーボード協会(JSBA) 石原 繁
②PSA ASIA 竹内 誠
③BACKSIDE 編集長 野上 大介
④フリーラン 編集長 須貝 毅一
⑤Epic Snowboarding Magazine 分部 康仁
⑥DIGGIN’ MAGAZINE 編集長 小林 大吾 ⑦SnowBoarder プロデューサー 五味 克彦 ⑧SURF&SNOW 陳野原 功輝


What’s JASA・・・
一般社団法人JASA(Japan Action Sports Association/日本アクションスポーツ連盟)
日本におけるアクションスポーツ(サーフィン、スケートボーディング、スノーボーディング等)の普及、それにともなう文化の向上を図ることを目的に、メーカー、小売、関連する企業が協力して2012年10月に設立した団体です。

3月21日は『アクションスポーツの日』!!
 2013年6月20日に、JASAは毎年3月「春分の日」(国民の祝日)を
一般社団法人 日本記念日協会に申請し、
『アクションスポーツの日』に制定いたしました。
2018年は3月21日がその日にあたります。

年に一度の『アクションスポーツの日』には、家族、兄弟、いつもの仲間たちと海でサーフィン、山でスノーボード、街や公園では、スケートボードやBMXなど、体を目一杯動かしてアクションスポーツを楽しんでほしいと思います。
 
JASAでは、3月21日『アクションスポーツの日』に実施されるイベント情報やお得な情報を随時お知らせしていきます。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人日本アクションスポーツ連盟 >
  3. 『JAPAN ACTION SPORTS AWARDS 2018』受賞者が決定!!!