世界ゆるスポーツ協会、4つの「ゆるプロジェクト」を始動

~「ゆるスポヘルスケア」「おやこゆるスポーツ」「ゆるスポ技術部」「ゆるスポYOUTH」の 4つのコンセプトをベースに種目を開発~

世界ゆるスポーツ協会は、「ゆるスポヘルスケア」「おやこゆるスポーツ」「ゆるスポ技術部」「ゆるスポYOUTH」の4つのコンセプトをベースとした、ゆるプロジェクトを始動しました。
一般社団法人 世界ゆるスポーツ協会(代表 澤田智洋、本部 東京都中央区、以下 世界ゆるスポーツ協会)は、4つのゆるプロジェクトを始動しました。今後は、これらのコンセプトをベースに、新しい種目の開発を進めながら、スポーツを通じて社会の課題を解決していきます。

1. ゆるスポヘルスケアhttp://yurusports.com/sports/healthcare

種目: トントンボイス相撲、こたつホッケー、打ち投げ花火
コンセプト:

超高齢化社会。
増え続ける医療費。
日本は健康に関する課題でいっぱいです。
そんな課題も、私たちはスポーツで
全て解決できると信じています。
福祉・医療関係者との活動を通じ、
改めてスポーツの力に気づいたからです。
「スポーツを薬に。」
そんなことが実現するかもしれません。
例えば、福祉施設ではリハビリになるゆるスポも生まれました。
楽しいから、普段しない動きができる。続けられる。
いつのまにか、喉や腕、首に効く運動に
なっているのです。
心に効く薬にもなります。
職員さんと入居者・患者さんの会話が増える。
笑って元気になる。
医療施設での取り組みも始めています。
これからは、
病気の有無も、
施設の中・外、
シニアか、若いか、
ぜんぶ関係ありません。
みんなが世界チャンピオンに。
みんなが健康に。
ゆるスポーツヘルスケアは、
そんな世の中を目指して行きます。

2. おやこゆるスポーツhttp://yurusports.com/sports/oyako
種目: オシリウスの塔、ゾウさんオセロ、うんちスポーツ
コンセプト:

スポーツだけでもなく。遊びだけでもなく。
笑顔で競い合える「親子のためのスポーツ」。
それが、おやこゆるスポーツ。
親と子が、手かげんなしで勝負する。
親と子が、いっしょになって汗をかく。
親と子が、できないことも乗りこえていく。
親と子が、見せたこともない顔でわらいあう。
もちろん大好きな友だちや、
ときには地域の人もいっしょに。
からだって、たくさんの感情といっしょに
成長していくものだから。
ワクワクも、ドキドキも、こんちくしょうも、
いっしょになって体験できる場をつくりたい。
かけがえのない「かぞくのいま」を、
新しいスポーツのチカラで応援したい。
そう願う私たちの、小さな活動がはじまりました。
笑って、ころんで、かぞくになろう。

3. ゆるスポ技術部http://yurusports.com/sports/yurutech
種目: ゾンビサッカー、エレクトリック温泉、スカッチュ
コンセプト:

「テクノロジーをスポーツ用品に」
日本にはテクノロジーが溢れている。
しかし、その多くは、
「用途」を見出せないまま眠っている。
今こそ、そんなテクノロジーをスポーツ用品に。
誰もが楽しめる、ゆるスポーツに。
スポーツとして生まれ変わったテクノロジーは
プレイヤーに肌で体感してもらえる。
好きになってもらえる。
結果、もっと注目してもらえる。
技術大国日本のすごい技術で、
世界中のみんなが楽しめるテックゆるスポーツを作ませんか?

4. ゆるスポYOUTHhttp://yurusports.com/sports/youth
種目: スマ引き、自撮りサバゲー
コンセプト:

隣のギャルが、教科書を貸してくれた。
チャラいと思っていたアイツが、実は硬派だった。
苦手だと思ったあの子が、今は親友。
そんな経験、ありませんか?
自分の中にも、友達の中にも、
まだまだ隠れた一面があると思います。
思い込みを捨てれば、
もっと違う世界が見えてくるかもしれない。
ゆるスポーツと学生がタッグを組めば、
大学、学部、学年、
いろんな違いを楽しさに変えられるはず。
そして、その先には、
新しい自分、新しい友達が待っていると思うんです。
君も、学生×ゆるスポーツを一緒に楽しみませんか?
Enjoy Difference!!!

世界ゆるスポーツ協会は、今後も新しい領域におけるスポーツの可能性を広げる活動を続けて参ります。

一般社団法人 世界ゆるスポーツ協会について
公式HP: http://yurusports.com
公式Facebook: http://www.facebook.com/yurusportslove

世界ゆるスポーツ協会は“スポーツ弱者を、世界からなくす。”ことをコンセプトに、2015年4月10日に発足しました。当協会は、だれでも楽しめる新しいスポーツジャンルを創りだすことを追求し、ベビーバスケット、ハンドソープボール、スポーツかるたなど、16種類(2016年4月19日現在)の種目を公開し、幅広く親しんでいただく活動を行っています。また、運営にあたり、プロデューサー、ディレクターを中心に、スポーツアンバサダーおよび、多数のスポーツクリエーターにより推進しています(http://yurusports.com/members にて、コアメンバーを公開中)。
種目: イモムシラグビー、ベビーバスケット、プラネタリウミング、らくがきウォーク、100cm走、スカッチュ、ハンドソープボール、スポーツかるた、エレクトリック温泉、ゾンビサッカー、パチンコバスケット、イヌティメット、手錠バレー、フェイシング、バレーボム、バブルサッカー
※世界ゆるスポーツ協会は、2016年4月11日より「一般社団法人世界ゆるスポーツ協会」となりました。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人 世界ゆるスポーツ協会 >
  3. 世界ゆるスポーツ協会、4つの「ゆるプロジェクト」を始動