リビングに飾りたい防災備蓄セット 防災用品の概念を変える、新製品『bibo(ビーボ)』 第10回オフィス防災EXPOにて展示発表

 

「健康・安全・教育」をテーマに、メディケア商品、防災用品、学校教材などを企画・開発・販売する株式会社三和製作所(本社:東京都江戸川区 代表取締役:小林広樹)は、7月13日(水)から15日(金)の3日間、東京ビッグサイトにおいて開催される「第10回オフィス防災EXPO」で、防災用品のイメージを一新するスタイリッシュな防災備蓄セット『bibo』を発表します。

防災意識が高まり、防災に関する情報が溢れているにも関わらず、防災用品の普及率はまだまだ低いのが現状です。そこで防災用品の普及向上とさらなる安心・安全を目指し、株式会社Hotchkiss(ホッチキス:広告企画制作会社/本社:東京都港区)と共同開発したのが『bibo』です。これからの防災用品は、物置やクローゼットなど見えない所にしまいこむのではなく、いざという時すぐ手に取れる場所に置いておきたい。それが『bibo』の発想です。インテリアの一部としてリビングに飾っておける、いつでも身近な防災備蓄セット『bibo』が、防災用品の概念を変えます。

『bibo』は、内容充実のセミオーダータイプです。「男性用」「女性用」「子供用」「乳幼児用」「高齢者用」に分けたユニット(小箱)に、それぞれの属性に適した食料や水、衛生・救急用品など防災の専門家が厳選した商品をセット。この中から家族構成によって2つまたは3つのユニットを選んで収納できる満足度の高い備蓄セットです。デザインはウッド、ドット、デニム、風呂敷、コンテナ、アンティークの6種類、リビングはもちろん和室や子ども部屋などお部屋のインテリアに応じて選べる楽しさがあります。素材は軽くて扱いやすい段ボールで、表面に写真加工を施し美しい質感を実現しました。
スタイル、機能、安心を考慮した『bibo』は、大切な人へのギフトとしても最適です。三和製作所は今後もさらに多彩なデザインを揃え、『bibo』を広く展開させていく予定です。
 

 

本製品に関する情報
http://www.bibo.tokyo/

【展示のご案内】
防災フェア当日は、製品を実際に見て触って確かめていただける機会です。報道の皆様には当ブースにてぜひ『bibo』をご覧いただきたくご案内いたします。尚、別途個別の取材もお受けしておりますので併せてよろしくお願いいたします。

※ご来場には招待券(無料)が必要です。下記URLよりお申込みください。
https://contact.reedexpo.co.jp/expo/OFFICE/?lg=jp&tp=inv&ec=BOSEC

【開催概要】
▼会 期 : 2016年7月13日(水)~7月15日(金) 10:00 ~ 18:00
▼会 場 : 東京国際展示場(東京ビッグサイト) 西展示棟2階西3・4ホール
▼ブース番号:20-42
▼展示内容: 防災備蓄セット『bibo』/車中泊快適用品/エレベーター備蓄ボックス、他

■株式会社三和製作所について
本店所在地: 東京都江戸川区中央4-11-8
代 表 者   : 代表取締役社長 小林広樹
創  業  : 1963年2月
事業内容  : 防災・防犯商品の企画開発製造・販売
                メディケア商品及び医療機器・介護用品の企画開発製造・販売
                学校向け教材の企画開発製造・販売
                各種カタログ制作

【本件に関するお問い合せ先】
株式会社三和製作所
担当       渋谷・中嶋
電話       03-5607-7811
e-mail    bibo@sanwa303.co.jp
 
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社三和製作所 >
  3. リビングに飾りたい防災備蓄セット 防災用品の概念を変える、新製品『bibo(ビーボ)』 第10回オフィス防災EXPOにて展示発表