Cassina 創業90 周年プレ・イヤー 特別インスタレーション “Who looks at me from behind doesn’t know who I am.”

Cassina × FLOS × Ron Gilad

株式会社カッシーナ・イクスシー(本社:東京都港区、代表取締役社長:森 康洋)は、カッシーナ・イクスシー青山本店において、2016 年10月27日(木)よりデザイナー ロン・ギラッド氏による特別インスタレーションを展開し、2017 年に迎えるイタリア・Cassina 社の創業90 周年を盛り上げてまいります。
Cassina 新作「DEADLINE」×FLOS
ロン・ギラッド氏によるインスタレーションは、“Who looks at me from behind doesn’t know who I am.” をテーマに、以下の3つのパートで構成されます。

■ 11 “short stories” / 11 のショートストーリー
メインパートとなる青山本店エントランスと2 階ギャラリーは、Cassina が今年のミラノ・サローネで発表した、ロン・ギラッド氏のデザインによるコンセプチュアルなミラーコレクション「DEADLINE(デッドライン)」と、イタリアの照明ブランドFLOSのプロダクトを用い、11のシーンを展開します。

それぞれのシーンには、伝統とコンテンポラリーを結びつけるストーリーがあり、ミラー、照明、家具、そして日本文化からピックアップしたエッセンスから構成。相撲取り、こけし、書、畳、さらにはポケモンさえもインスタレーションの一員として集め、物理的にも概念的にも相互作用しながら、アイロニックで時に超現実的なシナリオを作り出します。

ミラーコレクション「DEADLINE」は様々なアングルで配置され、見る者はそれぞれのストーリーに巻き込まれていきます。ミラーはその姿を映しながら、千変万化の不思議な感覚を体験させてくれます。

■ ”pied-à-terre” /都会のセカンドハウス
2 階のギャラリー横、ラウンジスペースは“pied-à-terre”(ピエタテール=自宅とは別に都心に所有する仮住まい)をコンセプトに、CassinaとFLOSのマスターピースを中心とした、都会の生活のワンシーンを切り取ります。

■ Window installation /ウィンドウ インスタレーション
青山通りに面する2 階のショーウィンドウには、道行く人々が思わず足を止め、微笑んでしまうようなプランを用意いたします。

 

 


Ron Gilad(ロン・ギラッド)
1972 年イスラエル、テルアビブ生まれ。
エルサレムにあるベツァエル美術デザイン学院でインダストリアルデザインを学んだ後、2001 年ニューヨークに移り、studio Designfenziderを共同設立。現在は主にテルアビブとミラノを拠点に活動。アート・ディレクション、プロダクトデザイン、展覧会、リノベーションなど、活動の範囲は幅広く、ミニマリスティックでありながらも巧みで遊び心のあるアプローチにより、数々の企業とコラボレーションを行っている。

 




特別インスタレーション&新作展示会「DEADLINE」
日程:2016 年10月27日(木)~11月8日(火)/11:00 ~ 19:00
※10/27 は営業時間変更 11:00 ~ 15:00
場所:カッシーナ・イクスシー青山本店
東京都港区南青山2-12-14 ユニマット青山ビル1,2,3F
http://www.cassina-ixc.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社カッシーナ・イクスシー >
  3. Cassina 創業90 周年プレ・イヤー 特別インスタレーション “Who looks at me from behind doesn’t know who I am.”