「LEXUS presents 奇跡の晩餐 ~ダイニングアウト物語 佐賀篇」BS JAPAN 11月26日(土)22:00~22:54 オンエア決定!

「有田焼」創業400年の歴史と源流を辿り先人の知恵や想いを器と料理で今に表現する、地方創生イベント
3夜限りの幻の野外レストラン 「DINING OUT ARITA& with LEXUS」密着特番!


日本のどこかで数日だけオープンするプレミアムな野外レストラン「ダイニングアウト」。
世界で注目される料理人、時代を代表するクリエーターを招き、その土地で採れた食材に新しい感覚を吹き込んだ料理とその土地の自然や文化を新しい感性で切り取った演出で、訪れたお客様をもてなします。

本年10月8~10日に佐賀県唐津市で開催した「DINING OUT ARITA& with LEXUS」を準備段階から5ヶ月間密着取材した番組「LEXUS presents 奇跡の晩餐 ~ダイニングアウト物語 佐賀篇」が、BS JAPAN(BSデジタル7ch)にて本年11月26日(土)22:00~22:54オンエア。

場所は開催当日までシークレットとされていた、国の指定特別史跡「名護屋城跡並びに陣跡」。
豊臣秀吉による朝鮮出兵(文禄・慶長の役)の出兵基地として築かれた城で、その広さは17万平方メートルにおよぶ場所へ突如現れた幻のレストラン。
有田焼400年の歴史とその起源を回顧し、次世代の器の在り様を提示するという壮大なテーマ
「Re-spect(リ・スペクト)」への挑戦と、名護屋城跡を舞台に壮大な幻の野外レストランが完成に至るまでに完全密着した知的エンタテインメント番組です。

<番組の見どころ>
シェフは、『New York Times』でも紹介されるなど、今、パリで最も人気なレストラン「CLOWN BAR」のシェフであり、世界の注目を集める新進気鋭の若き才能、渥美創太。クリエイティブプロデューサーには、日本の伝統工芸に新たな価値を加えて世の中に発信し続ける丸若裕俊。そして、オリジナルの器制作に挑むのは、有田・伊万里・唐津の13人の作家たち。
有田焼400年の歴史を更に進化させるべく、オリジナルの器制作に挑んだ13人の作家、渥美創太と
丸若裕俊は、400年を超える歴史をどう捉え、どんな料理と器を生み出すのか。器の制作では、窯元・
作家が歴史を重んじ、今の時代に合う新しさを求め、試行錯誤を繰り返し作陶に入る。しかし、器との闘いは、自然との闘いでもあり、台風が佐賀を襲い窯の温度が安定せず、ギリギリまで完成が危ぶまれる…。準備期間から5ヶ月にわたる密着取材。そして、シェフ・渥美創太が12品に及ぶスペシャル・コースを完成。

ところが、開催初日の九州北部は豪雨に襲われ開催の危機を迎える。開催会場を変更するのか、中止するのか。ホスト役の中村孝則、ソムリエの大越基裕とともに、一緒に地域創生イベントを成功させようと参加した、地元ボランティアスタッフ120名も一生懸命に与えられた役割を果たす。関わったすべての人が一つになった姿も感動を呼ぶ。


 

 








 

 

 


 

 








 











<今回のテーマに挑んだ、世界で活躍する4人のプロフェッショナル>
 


シェフ・渥美創太氏 『New York Times』でも紹介され、今パリで最も人気なレストラン「CLOWN BAR」の若きシェフ。





 


クリエイティブプロデューサー・丸若裕俊氏 日本の伝統工芸に新たな価値を加えて世の中に発信し続けるクリエイター。







 



ホスト・中村孝則氏 「世界ベストレストラン50」の日本評議委員長であり、食やファッション、カルチャーなどをテーマにするコラムニスト。



 


ソムリエ・大越基裕氏 インターナショナルA.S.I.ソムリエ・ディプロマ。今回の料理のドリンクペアリングを担当。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ONESTORY >
  3. 「LEXUS presents 奇跡の晩餐 ~ダイニングアウト物語 佐賀篇」BS JAPAN 11月26日(土)22:00~22:54 オンエア決定!