内閣官房シェアリングエコノミー伝道師に協会より3名が任命  ~地域へのシェアリングエコノミー普及に向け自治体との窓口に~

一般社団法人シェアリングエコノミー協会(東京・千代田区、代表理事:上田祐司 / 株式会社ガイアッ クス代表執行役社長、代表理事:重松大輔 / 株式会社スペースマーケット代表取締役 CEO)より、 2017 年 3 月 15 日に開催された内閣官房シェアリングエコノミー促進室「内閣官房シェアリングエコノミ ー伝道師」任命式にて、協会事務局 3 名が「シェアリングエコノミー伝道師」第 1 弾に任命されました。


<シェアリングエコノミー伝道師とは>
内閣官房シェアリングエコノミー伝導師は、地方においてシェアリングエコノミーの導入推進を促す役割 を担う、豊富な知見を備えた人材に与えられます。

<シェアリングエコノミー伝道師の役割>
日本の超少子高齢社会における課題に対応するため、地域内外の様々な関係者間の仲介役となり、 地域独自の課題解決に向けて、シェアリングエコノミーを一つの主要な手段として推進。安全安心で快 適な地域環境の整備を図ることが期待されます。 

<協会所属 シェアリングエコノミー伝道師のご紹介>

佐別当 隆志(さべっとう たかし)
一般社団法人シェアリングエコノミー協会/株式会社ガイアックス 

石山アンジュ(いしやま あんじゅ)
一般社団法人シェアリングエコノミー協会/株式会社クラウドワークス 

積田 有平(つみた ゆうへい)
一般社団法人シェアリングエコノミー協会/株式会社スペースマーケット/特定非営利活動法人キッズバ レイ 

<協会の理念>
1・すべての人が様々なカタチで、経済行為に参加できる社会の実現
2・新しい経済行為を活性化させ、 日本経済全体の発展に寄与すること
3・プラットフォーム事業者の健全なるビジネス環境と利用者保護体制の整備 

<シェアリングエコノミー協会活動状況>
・日本初のシェアリングシティ宣言!「共助」で地域課題解決へ
https://sharingeconomy.jp/news/20161124/ 

・イトーキ、三越伊勢丹、丸井グループら新規 20 社が入会
https://sharing-economy.jp/news/20170307/ 

<シェアリングエコノミー協会概要>
名称:一般社団法人シェアリングエコノミー協会
設立日:2016 年 1 月 15 日
代表理事:上田祐司(株式会社ガイアックス代表執行役社長)、
     重松大輔(株式会社スペースマーケット 代表取締役 CEO)
活動内容:シェアリングエコノミー普及活動、事業者間の交流・勉強会、会員向けサービス開発
会員数:140 社(2017 年 3 月現在)
所在地:東京都千代田区平河町 2-5-3 Nagatacho GRID(株式会社ガイアックス内)
URL:http://sharing-economy.jp
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人シェアリングエコノミー協会 >
  3. 内閣官房シェアリングエコノミー伝道師に協会より3名が任命  ~地域へのシェアリングエコノミー普及に向け自治体との窓口に~