KDDI株式会社提供「KDDI IoTクラウド API Market」にて、位置情報共有APIをリリース

サービスリリース情報

地盤情報のITソリューションを提供している応用リソースマネージメント株式会社(東京都文京区)は、KDDI株式会社(東京都千代田区)が2018年1月30日より提供する「KDDI IoTクラウド API Market」において、同社が提供するスマートフォンアプリ「@Balloon(アットバルーン)」のWEB-APIをリリースすることを発表しました。

 

KDDI IoTクラウド API Marketとは
 「KDDI IoTクラウド API Market」は、自社のデータやサービスをAPIを通して提供する企業と、さまざまなAPIを利用して新しいサービスを開発したい企業をつなげるAPIマーケットプレイスです。
 これまで新しいサービスを開発する際は自社開発、もしくは個別に外部のAPIを探して契約する必要がありましたが、「KDDI IoTクラウド API Market」を利用することにより、多様なAPIラインアップの中から選択してサービス開発が可能となります。


Balloon API概要
 目的地の住所や施設・店舗・観光地など特定スポットの位置情報(緯度経度)を指定することで、現在地から目的地へARナビゲーションするためのURLを発行することができます。これにより利用者同士の位置情報の共有や、WEBサイト・SNS上での位置情報公開が容易にできるようになります。@Balloon APIはビジネスユーザーのロケーション情報を活かすための「位置情報プラットフォーム」として、WEB-APIを使った他システムとの連携強化やロケーション情報のコンテンツ配信、屋内測位機能も今後公開予定です。

Balloon(アットバルーン)とは
 @Balloonは、スマートフォン用無料ARナビゲーションアプリです(iOS版、Android版ともに2017年リリース)。 一般的なナビゲーションアプリといえば、地図を主体としルート案内を行うものが多いですが、@Balloonでは目的地の“方向”と“距離”をARのバルーンとコンパスで表示させる、究極なまでにシンプルなナビゲーションを採用しています。これによって、従来のルート検索型のナビゲーションアプリでは難しかった、道のない場所(例:公園の中など)へのナビゲーションも可能になりました。また、一度目的地を登録すればオフラインでのナビゲーションが可能ですので、災害時や海外旅行時にもお役立ていただけます。

 

 

▲ @Balloon APIイメージ(地図:openstreetmap.org)

▲ @Balloon アプリイメージ

 応用リソースマネージメント(株)は、「地球コンテンツ」地盤・地質・地理等のビックデータを活用し、暮らしやビジネスに新しい価値を生み出すサービスの提供に努めてまいります。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 応用リソースマネージメント株式会社 >
  3. KDDI株式会社提供「KDDI IoTクラウド API Market」にて、位置情報共有APIをリリース