障がい者が5ツ星以上のホテルで採用される高級紅茶専門店にチャレンジ!

7ツ星ホテルも採用する高級紅茶で有名なロンネフェルトの専門店を試験パスした障がい者が運営

ロンネフェルト・ティ・サロン・名古屋(名古屋市中区栄1-18-10)は近隣の障害者支援施設、イノベーションサービス社から受け入れた障がい者を多く雇用し、高級紅茶ロンネフェルトの専門店を運営する。

イノベーションサービス社が「障がい者の方に自信と誇りを持った仕事を自覚出来る施設外就労先の確保を」と模索していた所に5ツ星以上のホテルの多くが採用するロンネフェルトの紅茶専門店に理念を共感され、受け入れが決定した。
ロンネフェルト社の紅茶を扱うには教育プログラムを受講し、筆記試験に合格しないと取り扱いが出来ない。障がい者スタッフも受講し、その後2年間もの長期間ロールプレイングを重ねて今年1月下旬に店舗をオープンさせた。
その間、弊団体である一般社団法人障害者就労支援協会も協力し、技術者の派遣や経済支援などの協力を行った。

売上収益の大部分は障がい者スタッフの給与とイノベーションサービス社で働く利用者である大勢の障がい者の方のランチ無償提供に充てられる。
店長の中田美羽氏は「障がい者の方も小さな成功を重ね、やがて大きな自信に繋がれば」と笑顔で話す。

店内1店内1

ロンネフェルト・ティ・サロン・名古屋で働く障がい者スタッフの女性は「紅茶に自分がこれほど興味を持って仕事にあたれるとは思わなかった。毎日、美味しい紅茶を淹れるのが楽しみ」と笑顔を弾ませる。
ロンネフェルト・ティ・サロン・名古屋の店長、中田美羽は「全ての作業を覚えて貰うのではなく、一つ一つの作業を細分化してスペシャリストを作っていく。自信のない人も小さな成功を重ねて、やがて大きな自信に繋げて貰いたい」と話す。

 

ロンネフェルト・ティ・サロン・名古屋のメニューは、フランスで日本人が運営する一つ星フレンチとして有名なSoraで活躍、現在は名古屋を代表するフレンチ壺中天のシェフ・パティシエの渕上祥平氏が監修。

同店の社会貢献活動に対する理念に共感し、協力した。

お店の休憩時間や定休日に駆けつけては直接、障がいあるスタッフに実演し、指導した。

現在では「どこのお店にも負けないクオリティを出せている」と太鼓判を押す。

 

牛や豚は地元、知多で評価の高い食材を一頭分、とさつ後のプロセスセンターから豪快に買い付けて店内で処理する。本来は卸問屋などで下処理される作業を店内で行う事で仕入れ価格を大幅に抑えている。

また、顧客へ提供できないスジの部分や整形し余った部位などを障害者支援施設のランチに無償提供する。

障害者支援施設で働く男性は「本当に美味しい!無料で毎日食べられて健康的な生活を送れます」と笑顔で感謝していた。

元々、高級食材なので味は格別であり、加工前の食材を使う事で安全で健康的な食事を障害者支援施設へ無償提供する事を可能にしている。

 

肉薔薇ローストビーフ肉薔薇ローストビーフ


 

障がい者の方が健康的で豊かな人生を送る事が出来るよう、調理スキル、接客スキルなど、職務基盤となる技術を身に付けて貰いながら、美味しい食事で健康的な心身になって貰いたい、という理念で店は障がい者スタッフの受け入れを実現させた。

 

店舗に訪れるお客は「高級感ある店内で品質の高いサービスが提供されていて料理もとても美味しい。障がい者の方とは気が付かなかった。是非応援していきたい」と笑顔で店を後にした。

 

レモンは瀬戸田の無農薬、パスタは淡路産の生パスタ、ミルクティにする為の牛乳は低温処理で日持ちせず、非加熱チーズなどと一緒にひるがの高原から3日に1回こまめに取り寄せている。

食べる事で障がい者の支援になるこの店舗の取り組みを当団体としても広めていきたい。

 

 

【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】
※取材に関するお問い合わせは直接、店舗へお問い合わせください。

ロンネフェルト・ティ・サロン・名古屋
店長:中田美羽
電話:052-228-9446
住所:愛知県名古屋市中区栄1-18-10 1F
 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人日本障害者就労支援協会 >
  3. 障がい者が5ツ星以上のホテルで採用される高級紅茶専門店にチャレンジ!