【日本企業向け】グローバルガバナンスに向けた海外現地法人のERPデータ収集・参照ソリューション

2017年6月からのキャンペーン内容を拡張

SYSCOM USA INC. President & CEO: 佐藤誠詞、本社:アメリカ合衆国ニューヨーク州:以下SYSCOM USAは、2017年4月より海外に拠点を多く持つ日本企業向けに、各国の様々なERPパッケージからデータを抽出して日本本社で参照出来るソリューションの提供を進めておりますが、来月より予定していたキャンペーン内容を拡張することにしました。

関係各位

 SYSCOM USA INC. President & CEO: 佐藤誠詞、本社:アメリカ合衆国ニューヨーク州:以下SYSCOM USAは、2017年4月より海外に拠点を多く持つ日本企業向けに、各国の様々なERPパッケージからデータを抽出して日本本社で参照出来るソリューションの提供を進めておりますが、来月より予定していたキャンペーン内容を拡張することにしました。

 もともとのキャンペーン内容は、2017年6月~2017年12月までにご成約の場合に限り、日本本社と米国企業のうち1拠点の接続において「アンケート調査パック」を無償でご提供していましたが、更に、一定の条件を満たした場合、米国以外の地域についてもキャンペーンを適用することにしました。詳しい内容や条件については後述するセミナーの中で発表を致します。

 毎年、海外の事業比率が高まっている中、2012年より5年連続で不適切な会計を開示した企業は増え続け2016年は57社(58件)に上っています(*)。一方で、2015年の会社法改正により、内部統制の範囲は親会社の単体だけではなく企業集団全体、かつ内部統制を整備するだけではなく、適切に運用しているか確認するところまで求めようになってきています。SYSCOM USAの専用Viewerは、従来のBI(ビジネスインテリジェンス)や監査専用のツールとは異なり、シンプルに債権や債務、及び在庫といった事業リスクの兆候が捉えやすいデータ部分に的を絞ったことで、簡単かつ安価にご利用を頂ける仕組みとしております。

【導入効果】
 SYSCOM USAの専用Viewerはリスクの兆候を捉えることにポイントを置いているため、事業責任者や海外事業をサポートする部門の方々でも容易に予兆を捉えるデータを確認することが可能となっております。また、定期的に実施される従来の監査と比較して、リアルタイムに状況を確認できるため、海外事業の問題を早期に解決することが可能となります。

【Manager画面のイメージ】


【セミナー受付中】
 当日は、PwCあらた有限責任監査法人 佐々木 康之氏(マネージャ/公認会計士)をお招きし、「財務データに潜む、事業リスクの予兆の捉え方と対策」についても講演を予定しています。

・開催日時: 2017年6月7日(水)13時30分~(開場 13:00)

・主催: SYSCOM USA INC.

・会場:日本マイクロソフト株式会社 品川本社 セミナールーム

    会場URL:https://www.microsoft.com/ja-jp/mscorp/branch/sgt.aspx

・参加費: 無料(事前登録制)

・定員: 残り僅か

・お申込みURL:http://www.syscomusa.com/category/events-japanese/

【SYSCOM USAの会社概要】
 SYSCOM USAは、27年に渡り米国でICTサービスを提供しています。ERP事業については9年目を迎え、これまでに北米とメキシコを含め既に35社以上のお客様へMicrosoft Dynamics AX、 NAV およびGPの導入を行ってきております。お客様の9割は日系企業で、導入後も日本人スタッフを含めたヘルプデスクチームが全米でサポートを行っています。
*東京商工リサーチ調べ
(記載されている会社及び製品名は、会社の商標または登録指標となります)
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. SYSCOM USA
  3. 【日本企業向け】グローバルガバナンスに向けた海外現地法人のERPデータ収集・参照ソリューション