ビジネスパーソン向け教育コンテンツを提供するKIYOラーニング総額1億8,500万円の資金調達を実施~ビジネスパーソンの生産性向上を目指し、BtoB市場へ新規参入~

 KIYOラーニング株式会社は、フューチャーベンチャーキャピタル株式会社が運営するウィルグループファンド投資事業有限責任組合、かんしん未来投資事業有限責任組合などのファンド及び事業会社を引受先とした第三者割当増資を実施し、金融機関からの融資も含め、総額1億8,500万円の資金調達を実施したことを報告いたします。
 “学び”を革新し、働く人のスキルアップを支援するKIYOラーニング株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:綾部 貴淑)は、フューチャーベンチャーキャピタル株式会社が運営するウィルグループファンド投資事業有限責任組合、かんしん未来投資事業有限責任組合などのファンド及び事業会社を引受先とした第三者割当増資を実施し、金融機関からの融資も含め、総額1億8,500万円の資金調達を実施したことを報告いたします。


【今回の資金調達の引受先】
今回の増資の引受先は以下の7つのファンド、事業会社および金融機関です。
・ウィルグループファンド投資事業有限責任組合
・かんしん未来投資事業有限責任組合
・フリービットインベストメント株式会社
・株式会社マイナビ
・三菱UFJキャピタル6号投資事業有限責任組合
・みらい創造一号投資事業有限責任組合 
・第一勧業信用組合

 当社では2008年より、ビジネスパーソンに向けた資格取得のためのオンライン講座「通勤講座」を提供してまいりました。独自の講座制作ノウハウにより低価格を実現した「通勤講座」は、業界最多となる累計有料会員数15,000名を突破し、現在、中小企業診断士や司法書士など計15種の資格に対応した講座を展開しています。


【今回の資金調達の目的】
今回の資金調達で、以下3分野への投資強化に取り組んでいく所存です。

1.「通勤講座」のコンテンツラインナップの拡充
 現在15資格に対応している「通勤講座」の講座ラインナップをさらに拡充し、様々な資格ニーズに対応できるようにいたします。

2.IT開発
 「通勤講座」をさらに学びやすく・わかりやすく・続けやすい学習サービスにするために、学習の効率化機能の強化や、学習者のモチベーションを高める機能を強化してまいります。

3.新規事業の拡大 
 「通勤講座」で培った講座作成ノウハウを応用し、企業向けの新たなサービスを展開してまいります。第一弾として0円から始められる社員教育クラウドサービス「AirCourse(エアコース)」の提供を、2017年7月に予定しています。

 当社では日本企業やビジネスパーソンの生産性向上のため、今後もITを活用した様々なスキルアップ支援サービスを提供してまいります。


有料会員1.5万人が利用するスマホ時代の資格取得講座「通勤講座」とは
 「通勤講座」はスマートフォンやタブレットに特化した資格取得のためのオンライン講座です。短期間で合格した人々の勉強法を徹底的に研究し、忙しい方が毎日の生活の中でスキマ時間を使って効率的に勉強できる教材・カリキュラムを提供しています。ビデオでのインプット学習と、練習問題を解くアウトプット学習を合わせることで、従来よりも早いスピードで実力をつけられるため、毎年多くの受講生が短期間で合格しています。動画や問題集はスマホだけでなくPCからも閲覧することができ、また動画や音声は倍速再生にも対応しているため、復習時など時間を短縮し効率的に学習できます。

ビジネスパーソンの資格取得の3大悩みを解決
1.「忙しい」→ 通勤・通学時のスキマ時間を活用
2.「続かない」→ 独自の学習フローで続く学習を実現
3.「お金をかけられない」→ コスト削減で低価格を実現

 



働き方改革で拡大するeラーニング市場に対応
BtoCで培った強みをフル活用し、法人向け教育市場に新たに参入

 当社ではスマートフォンやタブレット端末の普及に合わせ、「通勤講座」を通じて学習者がより効率的に学べるサービスを目指してまいりました。その過程で、わかりやすい「オンライン講座の開発力」、学びやすい「学習システムの開発力」、WEBを中心にした「マーケティング・販売力」、ITを活用した「ローコスト・オペレーション」という強みを培ってまいりました。
 矢野経済研究所の最新の調査によると、2016年度の国内eラーニング市場規模は前年度比106.7%の1,767億円にのぼり、社員教育などのBtoB市場も市場規模597億円と堅調に拡大を続けており、2017年度も引き続き拡大すると予想されています。また、同調査では、2016年度の企業向け研修サービス市場規模は5,070億円と成長を続けており、働き方改革が叫ばれる中で、社員教育の革新も注目されています。当社ではこうした企業の社員教育ニーズにも対応すべく、「通勤講座」で培った強みをBtoB市場にも応用、今回調達した資金も活用し新たに法人向け教育市場に参入いたします。
Aircourse:https://aircourse.com/


【会社概要】
会社名   KIYO ラーニング株式会社
代表    代表取締役 綾部 貴淑
資本金   1億9,310万円(資本準備金含む)
設立    2010年1月4日(通勤講座は2008年10月1日より営業開始)
所在地   〒107-0061 東京都港区北青山2-12-8 荒川ビル2F
社員数   14名
電話番号  03-6434-5886
FAX番号  03-6434-7116
URL    https://www.kiyo-learning.com/
事業内容  ビジネスパーソン向け教育コンテンツおよび教育サービスの企画、制作、販売、運営

「通勤講座」の詳細は下記ホームページをご覧ください。
通勤講座 : https://manabiz.jp

Facebook:https://www.facebook.com/tuukinkouza/
Twitter:https://twitter.com/tuukinkouza
YouTube:https://www.youtube.com/user/kiyolearning

KIYO ラーニング株式会社は、「ミッション(学びを革新し、誰もが持っている無限の力を引き出す)」「ビジョン(世界一「学びやすく、分かりやすく、続けやすい」学習手段になる)」 を掲げ、革新的な学習サービス/コンテンツを提供する企業です。


このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. KIYOラーニング株式会社 >
  3. ビジネスパーソン向け教育コンテンツを提供するKIYOラーニング総額1億8,500万円の資金調達を実施~ビジネスパーソンの生産性向上を目指し、BtoB市場へ新規参入~