いつでもつながる神社を実現する「スマート神棚コンセプト」と、新作神棚2018年モデルを発表

〜 IoT化された「スマート神棚」と新時代のお札「神社SIM」で「いつでもつながる神社」を実現する新コンセプト 〜

人と神社をICTでつなぐ崇敬会支援事業を行う、一般社団法人 神社崇敬会(事業所:東京都目黒区、代表理事:秀島康右)が、「スマート神棚コンセプト」と、新作神棚2018年モデルを発表した事をお知らせいたします。
【URL】http://sukei.jp


スマート神棚コンセプト
スマート神棚コンセプトモデル。
(画像はシャイニーホワイトモデル)
神棚ブランド「KITOKAMI」から、いままでにない全く新しいコンセプトの神棚を発表いたします。

スマート神棚は電源供給装置と通信装置を内蔵した台座ユニットと、上部の社殿を模した内陣(通常の神棚でお札を納める部分)で構成されています。前面にある人感センサーと音声感知センサーによって毎日の礼拝行動を検知し、礼拝の情報は各崇敬神社に送信され、神社側では毎朝の朝拝などに利用します。


通信には崇敬神社から授与される御札型のSIMカード「神社SIM」(仮)を使用。
神社SIMは、当会が運営する崇敬会ECファンディングプラットフォーム「すうけい」(6月よりスタート予定)に参加した神社(崇敬会)の要望によってオリジナルプリントしたものを提供予定。スマート神棚の内部には複数のSIMを差すことができるため、同時に複数の崇敬神社に礼拝情報を送信することができる。また、礼拝情報をもとに「すうけい」を通して各崇敬神社に対して少額の課金を行うことにより、神社の護持運営にも貢献できる。
 

 


本体LEDが発光する様子。
(画像はスペースダークグレーモデル)
スマート神棚は人が近づくと中央のLEDが白く発光し、通信の待機状態を知らせ、神棚の前に立ち「二礼二拍手一礼」の礼拝手順が行われたことを検知するとLEDはグリーンに発光し柔らかく点滅する。この他にもLEDの点灯パターンによってさまざまな演出をおこないます。

スマート神棚の全機能搭載型の発売は2018年以降を予定しており、カジュアルに礼拝を楽しめるシンプルコンセプトモデルについては今後順次発表していく予定です。


新作神棚2018年モデルの発売について
かねてよりお知らせして参りました新作神棚の発売については、2017年6月中にクラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」(https://camp-fire.jp/)にて先行販売する予定です。
今回発売予定の2018年モデルにはIoT機能は付いていません。

 


 

「ていのり」新モデル「ていのり」新モデル

「ていのり」グリッド「ていのり」グリッド

「ていのり」フルスペック版「ていのり」フルスペック版



人気の手のひらサイズ神棚「ていのり」シリーズ
名刺2枚分のスペースという驚異の省スペース神棚「ていのり」シリーズから新作の発表です。
従来の「お札立」形状であったものが、新モデルでは神明造の社殿を模した内陣がプラスされ、お守りや小さなお札などもお祀りいただけます。「ていのりグリッド」は格子状の台座にさまざまな土器ユニットを配置してジオラマを楽しんでもらおうというコンセプトです。「フルスペック版」は神明造の社殿オーナメントを配した内陣の中に神宮大麻をお祀りいただける文字通りフルスペック版です。一般的な神札をお祀りいただけるのに従来の神棚のように場所を取りません。

私たちの神棚デザインに対する思い
昨今、さまざまなデザインの神棚が出ていますが、時代が進むにつつれて形状はシンプルになっています。私たちはただの箱状のものを「神棚」と呼ぶには抵抗があります。神職の方から言われた「神棚はお家の神社です」という言葉を思い出すにつれ、神棚にはやはり神社建築や礼拝作法の一端が含まれている、踏襲されていることが、日本文化の継承や、美しい心を育む環境を醸成していくのではないかと考えています。

最先端のテクノロジーを利用したプロダクトであっても、古来の神社建築の要素を取り入れ、けっして文化を忘れないように、私たちはこれからも日本の美意識のプロダクトを作り続けてまいります。
 

 



【法人概要】
法人名:一般社団法人 神社崇敬会
所在地:東京都目黒区八雲二丁目6番11号 1F
代表者:秀島康右
設立:2017年4月10日
URL:http://sukei.jp/
事業内容:崇敬会の創立及び運営に関する支援事業

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. すうけい 一般社団法人 神社崇敬会 >
  3. いつでもつながる神社を実現する「スマート神棚コンセプト」と、新作神棚2018年モデルを発表