職種を超えたリハビリ介護を実現する「リハプラン」

~リハ職不在のデイサービスでもリハビリを最適提案~

株式会社Rehab for JAPAN(代表取締役社長:大久保亮)は、リハビリ専門職が確保できないデイサービスの個別機能訓練加算取得をサポートする「リハプラン」をリリースしました。
私たちの問題意識
 私たちが暮らす日本は世界一の超高齢社会となり、ご高齢者が安心して生活するために「介護保険サービス」はなくてはならないものとなりました。かかる状況下で、厚生労働省は持続可能な高齢社会を実現するため平成30年度介護報酬改定より、これまでの「支える介護」から高齢者自身がその人らしく暮らせる「自立支援」へと大きく舵を切ろうとしています。
 一方、全国に約43,000事業所、要介護者200万人が利用するデイサービスでは、機能訓練指導員のマンパワーが足りず、「自立支援」という強いニーズに十分に対応しきれていないのが現状です[厚生労働省(2015)介護サービス施設・事業所調査より]。

リハプランで解決できること
 

 リハプランとは、デイサービスの個別機能訓練加算取得をサポートすることを目的とした、リハビリテーション専門職が作成したクラウドサービスです。ご利用者様ごとの個別機能訓練計画書作成はもちろん、目標立案からプログラム提案、関連評価までをワンストップで提供し、リハ職不在のデイサービス様でも簡単にリハビリ提案ができるようになります。
 機能訓練指導員の配置が整っている事業所様の個別機能訓練のお悩みをITのチカラで解決し、より多くの事業所様の自立支援を促進します。

リハプランの導入3つのメリット
 

事業所様からのお声
これから個別機能訓練加算にとりくむ事業所に

内容も分かりやすく担当の⽅も⾃社に沿った説明をしてくださり、個別機能訓練加算について分かりやすく理解できました。ご家族様の⼼配事も軽減し、ご利⽤者様のやる気、笑顔につながることができています。Rehabさんのアフターフォローも万全で分からない事はメール、電話で迅速に対応してくださり不安なくサービスを利⽤させていただいております。
有限会社グループホームひらかわ様(通常規模事業所)

72%だった稼働率が92%に!

ご利⽤者様の⽬標や⽬的ごとに組まれた、リハビリ専⾨家監修の運動プログラムを提案してもらえるので、ケアマネやご利⽤者様にも胸を張って当事業所の強みとしてアピールできます。その結果、新規契約が増え、2ヶ⽉で⼤幅な稼働率アップすることができました。ご利⽤者様にどのような運動が良いのか明確化されたことで、運動指導者も知識差や個⼈差のない安定したプログラムを提供できるようになりました。

株式会社エムズプロジェクト リハスマイルホーム鶴見市場(地域密着型)

【サービス概要】
サービス名:リハプラン
https://rehaplan.jp/service
●月額利用料:29,800円(税抜)
●主にデイサービスや特定施設の個別機能訓練計画書作成および身体機能・ADLのアウトカムの可視化、個別プログラムの自動出力ができるサービス
●運動プログラム1800種類以上、600セット(1セット8種類程度)
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Rehab for JAPAN >
  3. 職種を超えたリハビリ介護を実現する「リハプラン」