【ご取材案内】ビッグデータを活用しギャンブル依存症を防ぐ/「ギャンブル依存症対策研究」に関する記者発表会のご案内

2017年 10 月 26 日(木) 15:00-16:00/アンダーズ東京 51F「TOKYOスタジオ」

ビッグデータを活用したギャンブル依存症対策をNPO法人依存学推進協議会と共同研究へ。
謹啓 秋涼の候、報道関係の皆さま方におかれましては、益々ご健勝にてご活躍のこととお慶び申し上 げます。

さて、私ども500ドットコム社(NYSE:WBAI)は、今年8月に日本法人を設立し、この程、当社ギャンブリング、ロタリーのユーザーのビッグデータを活用したギャンブル依存症対策について、NPO 法人依存学推進協議会と共同研究のためのテーマ検討部会を立ち上げる運びとなりました。

また、来る10月29日には NPO法人依存学推進協議会主催の第8回シンポジウム「ギャンブル依存 研究の最前線」にて、特別講演として当社CEO 潘 正明から今回のテーマ検討部会の立ち上げを含め 「ギャンブル依存症対策におけるビッグデータの役割」についてプレゼンテーションを行います。当シンポジウムでは、国際観光産業振興議員連盟(IR 議連)幹事長の岩屋 毅氏、内閣官房内閣審議官ギ ャンブル等依存症対策推進チーム 副チーム長の中川 真氏も参加予定で、官民を挙げて依存症研究について議論します。

つきましては、シンポジウム開催に先立ち、依存症対策における当社ギャンブリング、ロタリーのユーザーのビッグデータの活用を含め、NPO法人依存学推進協議会との「ギャンブル依存症対策研究」に関する記者発表会を、下記のごとく開催いたします。

報道関係の皆さま方におかれましては、ご多忙とは存じますが、ギャンブル依存症対策における当社 の活動をご理解いただきたく、是非、ご出席いただけますようご案内申し上げます。 敬具

2017年10月吉日
500ドットコムジャパン株式会社

・開催日時
2017年10月26日(木)15:00〜16:00

・開催場所
アンダーズ東京 51階「TOKYOスタジオ」
※虎ノ門ヒルズ1F シャトルエレベーターにて 51 階までご来場ください。

・出席者
500ドットコム社CEO 潘 正明
NPO法人依存学推進協議会理事長 西村 周三

・10月29日シンポジウム登壇者(予定)
国際観光産業振興議員連盟(IR 議連)幹事長 岩屋 毅氏、
内閣官房内閣審議官ギ ャンブル等依存症対策推進チーム 副チーム長 中川 真氏

■NPO 法人依存学推進協議会(CABS)について
2010年4月12日、設立した認定NPO法人。所在地は京都府京都市。研究者及び広く一般に対して、依存症研究及び啓発に関する事業を行い、依存に関する理解を深め、精神的に豊かな社会の実現に寄与することを活動の目的とする。
理事長 西村 周三(医療経済研究機構 所長)
副理事長 船橋 新太郎(京都大学 名誉教授)

■500.COM LIMITED (500 ドットコムリミテッド)について
ニューヨーク証券取引市場に上場(NYSE: WBAI)し、米国、マルタ、中国(香港、北京、深セン)に置き、約 6000 万人 のユーザーを有する世界トップクラスのインターネットカジノ企業です。また香港メイ ンボードで上場するマカオのカジノシステム会社を傘下に置いています。ユーザーのビックデータから得る情報解析は、他のカジノ企業では例の少ない依存症対策に反映されています。
  1. プレスリリース >
  2. 500.COM LIMITED >
  3. 【ご取材案内】ビッグデータを活用しギャンブル依存症を防ぐ/「ギャンブル依存症対策研究」に関する記者発表会のご案内