『 OPTION B(オプションB)――逆境、レジリエンス、そして喜び』発売のお知らせ

全米大ベストセラー、ついに邦訳登場!!

フェイスブックのCOOシェリル・サンドバーグは、
休暇先で突然、最愛の夫を亡くした。
愛する人の死を、彼女はどう乗り越えたのか。
失恋、仕事の失敗、突然の病――人生の逆境からの回復法を説く。
日本経済新聞出版社(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:金子 豊)は、7月21日(金)に、フェイスブックCOOシェリル・サンドバーグと、心理学者アダム・グラントによる全米ベストセラー『OPTION B(オプションB)』の邦訳を刊行いたします。

著者シェリル・サンドバーグは2015年、休暇先のメキシコで、夫デーブを亡くしました。そして絶望の淵に沈む彼女を救ったのが、本書の共著者で心理学者のアダム・グラントです。
「最良の選択肢(オプションA)」が失われたとき、「次善の選択肢(オプションB)」をどうやって見つけ、逆境をどう乗り越えるのか。シェリルがアダムとの対話から、また自身の経験から学んだ、レジリエンス(回復する心)の本質を説きます。
「もっと大変(悲惨)な事態を想像する」「他人の役に立てたことを書き出す」「失敗したことを仲間と共有する」など、心理学に裏打ちされた具体的な方法論が紹介されるだけでなく、シェリルとその子供たちの回復の過程も詳細に描かれ、深い感動を呼ぶ物語としても読むことができる一冊です。

〈書店員様からの感動の声 続々!〉
■悲しみの中での仕事への復帰や子育てなど、当事者の心の動きを
つぶさに描いた1冊。
彼らを支える人に、まずは読んでみてほしい。
いつか、話せる日がきたらこの本を薦めてみてほしい。
(MARUZEN博多店 第二売場長 徳永圭子様)

■正直、こんなに感動するとは思いませんでした。
今年ナンバー1の本です。
(紀伊國屋書店 西武渋谷店店長 竹田勇生様)

■「悲劇」がずっと続くことはありません。
レジリエンス(立ち直る力)は、永遠に僕たちを支えてくれるものなのだと学びました。
​(ジュンク堂書店 ロフト名古屋店 家田和明様)

〔表紙〕



〔書誌情報〕
書名:『OPTION B(オプションB)――逆境、レジリエンス、そして喜び』
著者: シェリル・サンドバーグ(フェイスブックCOO)/アダム・グラント(心理学者)
訳者:櫻井祐子
体裁:四六判上製、296ページ/定価:本体1,600円+税
発売:2017年7月21日(電子書籍同時発売)、日本経済新聞出版社刊

「OPTION B」特設webサイトはこちら! ☞ http://www.nikkeibook.com/option-b/

〔著者について〕










(写真左)シェリル・サンドバーグ(Sheryl Sandberg)
フェイスブックCOO(最高執行責任者)、慈善活動家、ビジネス・リーダー。
著書に世界的ベストセラーとなった『LEAN IN─―女性、仕事、リーダーへの意欲』がある。
女性の目標達成を支援する「LeanInOrg」の創設者。グーグルのオンライン・セールス担当副社長、米財務省首席補佐官を歴任。
2人の子どもとともにカリフォルニア北部に在住。
(右)アダム・グラント(Adam Grant)
ペンシルベニア大学ウォートン校教授、心理学者。
著書に世界的ベストセラーとなった『ORIGINALS─―誰もが「人と違うこと」ができる時代』『GIVE & TAKE─―「与える人」こそ成功する時代』がある。意欲や生きがいを見出し、より豊かで創造的な生を送るための研究の第一人者。アメリカ心理学会と国立科学財団から業績賞を受賞し、ニューヨーク・タイムズにも論説を寄稿している。
妻と3人の子どもとともにフィラデルフィアに在住。

〔もくじ〕
はじめに
1 もう一度息をつく
2 部屋のなかのゾウを追い出す
3 友情のプラチナルール
4 自分への思いやりと自信――自分と向き合う
5 逆境をバネに成長する――未来の自分が私をつかんでくれる
6 喜びをとり戻す
7 〝レジリエント〞な子どもを育てる
8 一緒に強くなる
9 仕事での失敗と学び
10 もう一度、愛し笑う
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社日本経済新聞出版社 >
  3. 『 OPTION B(オプションB)――逆境、レジリエンス、そして喜び』発売のお知らせ