乾燥シーズン、要注意! 女性の8割以上が「#くちびる萎え」を経験!唇を無意識になめる、荒れた唇に口紅が引っかかる…その唇をチェックリスト10項目で判断!

冬でも「#くちびる映え」を目指すなら正しい対処法を

“唇あれ、ひびわれに効く”医薬品リップクリーム「モアリップ」(第3類医薬品)を発売している資生堂薬品株式会社では、20~30代有職未婚女性500名を対象に「冬の唇事情」について調査いたしました。その結果、多くの女性が「唇をなめて荒れをごまかす」「笑うと唇の皮、端が切れてしまう」など、気持ちが“萎え”てしまうような「#くちびる萎え」を経験していることがわかりました。
冬の乾燥シーズン、気づくと唇に血がにじんでいたり、唇の皮をむいてしまったりと「荒れた唇」にガッカリしてしまう…そんな経験はありませんか。今回は、そんなつらい唇荒れに関する経験を「#くちびる萎え」と命名。その実態について調べました。


■「#くちびる萎え」リスト10項目でチェック! 8割以上が「#くちびる萎え」経験アリ

はじめに、唇が荒れた時にやりがちな行動を10項目にまとめ「#くちびる萎え」チェックリストを作成しました。


今回の調査対象者にどの項目に当てはまるかを調べると、8割以上(81%)の人がいずれかに該当し、5個以上当てはまった「#くちびる萎え」要注意レベルの人は、約8人に1人(12%)となりました。
該当が多かった項目TOP3は「無意識に唇の皮をむいている、なめている」(52%)、「唇をなめて荒れ(乾燥)をごまかそうとしている」(43%)、「口紅を塗ると荒れた唇が口紅に引っかかる」(36%)の順となりました。ごまかそうと唇をなめることは、より乾燥を悪化させ逆効果になりかねません。こうした行動で「#くちびる萎え」を加速させている人も多そうです。
 

 


イラスト:熊野友紀子

そこで、自分の唇が「#くちびる萎え」か、「#くちびる映え(=くちびるに自信が持てていること)」か、自己評価してもらいました。すると、「#くちびる萎え」が78%と、自己評価の低い人が多くいました。
 


また、「#くちびる萎え」と自己評価した人に、「#くちびる萎え」と感じるシチュエーションをきくと「全てが台なし」「憂うつな気分」など気持ちの落ち込みが読み取れます。
 
  • 「化粧の最後にリップを塗るが、唇がガサガサだと全部が台なしになるから」(29歳)
  • 「一度唇の皮をむいてしまうとクセになってしまい、何度もむいてしまって取り返しがつかなくなるから」(27歳)
  • 「よく唇の皮がむけて憂うつな気分になるから」(36歳)


■   「#くちびる萎え」がもたらす影響は!? 7割以上が憂うつに、約半数が仕事中もストレス

そこで、「#くちびる萎え」が気持ちや行動にもたらす影響を調べました。その結果、「#くちびる萎え」に気づくと「憂うつになる」、「普段よりも人目が気になる」人は7割以上(各73%)も見られます。また、「仕事をしている時もストレスがたまる」という人も約半数(49%)いました。


「#くちびる萎え」は、日常的な行動や仕事にも影響を及ぼすことが分かります。
「#くちびる萎え」を実感した時のシチュエーションからは、落ち込んでしまうなど気持ちの変化を見せる女性たちの様子がうかがえます。
 
  • 「接客中お客様の視線が唇にいき、あとで鏡を見に行くと乾燥しまくっているとき」(27歳)
  • 「笑った時にパキッと唇が割れ血が出てしまう、そのあとはヒリヒリして痛い」(36歳)
 



■   気づいた時には手遅れ!? 他人の「唇荒れ」、目撃者95%が「指摘しない」

「#くちびる萎え」により、ネガティブな経験をしている女性たち。その一方で、他の女性の唇荒れが気になる人も多いようです。他の女性の唇の荒れを目撃した経験をきくと81%が「ある」と回答しています。
 


しかし、他人の唇の荒れに対して指摘をする人は少なく、他の女性の唇の荒れを目撃した女性のうち95%が「指摘しない」と回答しています。
 


その実態から、自分で唇荒れに気づかないとずっと放置状態になり、気づいた時は「#くちびる萎え」…そんな状況に陥っている人も多そうです。ふだんから「唇荒れ」対策をしておくべきと言えそうです。

 
■   運命のリップクリームに出会えていない!? 4割以上が現状の対策に「満足していない」

「唇荒れ」対策として行っていることをきくと、「リップクリームを塗る」が約9割と、圧倒的多数を占めています(89%)。
 


しかしその対策に対する満足度をきくと、「満足していない」と回答した人が4割以上(44%)。
 


満足していない理由を具体的にきくと、対策を行っても「皮むけ」などの症状に依然として悩まされており、「効果がある」と感じられるリップクリームに出会えていないことがわかりました。

現状の「唇の荒れ」対策に満足していない理由
  • 「ガサガサになった唇にリップクリームを塗っても馴染まず、乾燥が改善しないから」(27歳)
  • 「リップクリームを塗って、ベタベタしている状態でも唇の皮がむけるため」(23歳)

リップクリームには「化粧品」「薬用」「医薬品」と3種類ありますが、パックリ割れた唇など症状がひどい場合は医薬品のリップクリームという選択肢もあるかもしれません。多くの人が経験している「#くちびる萎え」、冬場でも唇の荒れを気にせず過ごせるよう、症状にあった正しいお手入れが必要だといえそうです。


--------------------------------------------------
[調査概要]
・調査名:「冬の唇事情」に関する調査                                        
・調査期間:2018年10月1日~2日
・調査方法:インターネット調査                                                           
・調査実施機関:楽天インサイト
・調査対象:20~30代の未婚有職女性500名(年代別均等割付)
--------------------------------------------------
 


※「モアリップ」の商品詳細は別添資料をごらんください。



このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 資生堂薬品株式会社 >
  3. 乾燥シーズン、要注意! 女性の8割以上が「#くちびる萎え」を経験!唇を無意識になめる、荒れた唇に口紅が引っかかる…その唇をチェックリスト10項目で判断!