がん・難病に特化した「在宅ホスピス南柏」を9月に開設

エムスリーグループの訪問看護事業を手掛けるエムスリーナースサポートとミサワホームグループの株式会社マザアスが提携

エムスリーグループの訪問看護、看護クラーク事業を手掛けるエムスリーナースサポート株式会社(東京都中央区/代表取締役社長 吉田豊美、以下「エムスリーナースサポート」)とミサワホームグループの介護事業者である株式会社マザアス(東京都新宿区/代表取締役社長 吉田肇、以下「マザアス」)は、医療機関に入院中のがん・難病患者様を主な対象として、在宅ホスピスケアを提供する施設「在宅ホスピス南柏」を9月に開設します。
在宅ホスピスケアとは、病院に併設されたホスピス病棟への入院とは異なり、患者様の生活環境において実施されるホスピスケア※1のことです。このほど開設する「在宅ホスピス南柏」は、住宅型有料老人ホームにてがん・難病患者様へホスピスケアを提供するため、24時間の看護・介護体制を実現しました。さらに、周辺の医療機関と緊密な連携をとることで、生活者である患者様やご家族の方の安心も確保しています。

「2025年問題※2」が差し迫るなか、入院医療から在宅医療への転換が必要とされています。他方、わが国においてがんが死因のトップを占め約3人に1人ががんで亡くなる※3状況のなか、ホスピスケアに対しても自宅に近い環境で受けたいという患者様やご家族のニーズが生まれています。エムスリーナースサポートは、終末期を自宅環境で過ごすためのケアや医療処置の実績を持つほか、患者様に寄り添い「QOL※4」を最優先とした敬意ある訪問看護を大切な価値観としています。「在宅ホスピス南柏」において、看取りまで含めた豊富な介護ノウハウを持ったマザアスと連携することで、千葉県柏エリアでの地域包括ケアシステムの実現に貢献をいたします。

エムスリーナースサポートは、質の高い在宅看護師を育成する看護クラークにより、看護師の技術と意識の向上をはかり、介護施設の経営リスクとなる病院への逆紹介ゼロに尽力するほか、看護師と介護士との協働システムを構築し、地域の信頼獲得に努めています。今回の「在宅ホスピス南柏」の開設で、地域に貢献する訪問看護ステーションであることはもちろん、在宅ホスピスケアにより、がん・難病の患者様を最期まで住み慣れた環境で生活していただくことを目指します。

※1 ホスピスケアとは:余命が限られた不治の患者が身体的・心理的・社会的・霊的苦痛から解放され、残された日々を人間としての尊厳を保ちながら、心身ともに安楽に過ごすことができるようにするためのケア。
(日本在宅ホスピス協会HPより)
※2 2025年問題とは:2025年には団塊の世代が75歳以上の後期高齢者になり、高齢患者が激増して社会保障費が膨張 する問題のこと。
※3 平成28年人口動態統計月報年計(概数)の概況より
※4 quality of life(クオリティ・オブ・ライフ)

■「在宅ホスピス南柏」概要
  • 所 在 地 :千葉県流山市向小金2丁目432番地 「マザアスケアセンター南柏」2階、3階 ※1階は通所介護、訪問介護事業所です
  • アクセス:JR常磐線「南柏」駅徒歩7分
  • 施設類型:住宅型有料老人ホーム
  • 定  員:22名
  • 入居対象:末期がん・筋萎縮性側索硬化症(ALS)などの難病の方 ※介護保険をお持ちでない方も疾患や病状によっては入居いただけますのでご相談下さい
  • 事業主体:株式会社マザアス
  • 運営連携:エムスリーナースサポート株式会社
  • 開 設 日 :2017年9月中旬予定

 

 

【エムスリーナースサポート株式会社 について】
  • 会社名 :エムスリーナースサポート株式会社
  • 設 立 :平成29年3月
  • 役 員 :代表取締役社長 吉田 豊美
  • 所在地 :東京都中央区東日本橋一丁目1番7号 野村不動産東日本橋ビル5階
  • 資本金 :1億円(資本準備金含む)
  • 事業内容:訪問看護事業所運営・在宅ホスピス運営
  • 看護クラーク養成所運営(研修)・看護コンサルティング
  • U R L  :http://m3ns.co.jp/ 

<本件に関する報道関係者のお問合せ先>
エムスリーナースサポート株式会社
担当:中山
TEL:03-5809-3319(代表)
メール:info@m3ns.co.jp
  1. プレスリリース >
  2. エムスリーナースサポート株式会社 >
  3. がん・難病に特化した「在宅ホスピス南柏」を9月に開設