Rubyの父、まつもとゆきひろ氏がFlyDataのアドバイザーに就任

RubyとAIの組み合わせで、ビッグデータ活用を加速

2018年2月15日
FlyData Inc.

Rubyの父、まつもとゆきひろ氏がFlyDataのアドバイザーに就任
RubyとAIの組み合わせで、ビッグデータ活用を加速

FlyData Inc.(本社:米国カリフォルニア州、代表者:藤川 幸一、以下FlyData)は、プログラミング言語Rubyの設計者であり、Rubyアソシエーションの理事長でもあるまつもとゆきひろ氏がFlyDataのアドバイザーに就任したことを発表します。

FlyDataは、データ統合ソリューション「FlyData Sync」事業、データ駆動経営を実現するビッグデータ解析事業、ディープラーニング技術を主としたAIコンサルティング事業、製造業向けにデータマネージメントサービスを提供するIIoT(Industry IoT)事業の4つの事業を展開しています。

2017年9月には、AIの権威である東京大学 松尾研究室 特任准教授の松尾 豊 氏をアドバイザーに迎え、AI事業への本格参入を実現しました。今回、まつもとゆきひろ氏を新たにアドバイザーとして迎えることで、AI に加えRubyに関する見識や技術的アドバイスも受けることが可能となり、製品技術の開発やお客様へのサービス提供をさらに効率化し、先進的なものに高めていく準備が整いました。

アドバイザー就任にあたり、まつもとゆきひろ氏より、以下のコメントをいただいています。
「Ruby誕生から今年で25周年を迎えます。25年前に日本でスタートし世界に広がったプログラミング言語を今後さらに成長させるため、アドバイザーとしてFlyDataの製品開発に協力することを決めました。コアデベロッパーとしての知識とノウハウを生かし、Ruby on Railsのようなこれまで得意だった領域だけでなく、AIを中心とした新しい領域にもRubyの良さを展開していくことで、FlyDataと一緒に未来を築いていきたいと思います。」

また、FlyDataではAIデータ処理エンジン「FaiDE(フェイド)」を開発中で、Rubyと機械学習・ディープラーニングの技術を反映していく予定です。「FaiDE(フェイド)」は、データ前処理・名寄せなどを行うことができるAIデータ処理エンジンで、これを活用したソリューションを2018年中に提供する予定です。

FlyDataでは、AIやIoT分野の核となるデータそのものを重要視し、大量のデータを日々高度に処理し、経営の意思決定を迅速に行うデータ駆動経営を目指す企業を支援します。

なお、FlyData は、2018年2月24日(土)に開催される『Ruby 25周年記念イベント』にGoldスポンサーとして協賛します。

<Ruby 25周年記念イベント概要>
●日時:2018年2月24日(土)13:00-18:00(開場:12:00)
●会場:品川インターシティホール 1階ホール
〒108-0075 東京都港区港南2-15-4
●主催:Ruby25周年記念イベント開催実行委員会
●後援:一般財団法人 Rubyアソシエーション、一般社団法人 日本Rubyの会
●詳細:http://25.ruby.or.jp/

■FlyData Inc.について
FlyDataは、企業内のデータを最大限活用する、真のData Driven Company実現を支援しています。シリコンバレーと東京にオフィスを構え、主力商品であるMySQLなどのデータソースをリアルタイムにAWSのRedshiftに同期を行うFlyData Sync事業、データ駆動経営を実現するビッグデータ解析事業、ディープラーニング技術を主としたAIコンサルティング事業、製造業向けにデータマネージメントサービスを提供するIIoT事業、の4つの事業を展開しています。https://www.flydata.com/


 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. FlyData Inc. >
  3. Rubyの父、まつもとゆきひろ氏がFlyDataのアドバイザーに就任