7月1日より新規媒体「新宿駅デジタルウォール」 の広告配信を開始

新宿駅西口地下コンコース外に幅10m超の大型LEDデジタルサイネージを設置

 株式会社小田急エージェンシー(本社:東京都新宿区、取締役社長:高成田 潔、以下小田急エージェンシー) では、小田急電鉄株式会社(本社:東京都新宿区、社長:星野 晃司、以下小田急電鉄)と共同で小田急電鉄新宿駅西口地下コンコース外にデジタルサイネージ(LEDビジョン)を設置し、2019年7月1日(月)より広告配信を開始します。

 新宿駅西口エリアは小田急グループの玄関口であるとともに、広告出稿のニーズが高い駅であることから今般、小田急のデジタル媒体の中で最大級の縦1.92×横10.24メートルのデジタルサイネージシステムを導入します。

 従来の単純な広告映像の露出に加え、新たに「天気や気温などの環境情報、広告主の商品販売状況など在庫情報データに基づいた最適な広告表現を可能とする機能」等を搭載しているほか、順次「IPカメラによるお客様の属性や流動等を計測する機能」も備える予定です。これによりお客さまへ提供すべき情報をリアルタイムに発信することや、広告の内容がどのような方々に届いているかを分析することが可能となります。
 さらに、既存の「新宿駅西口デジタルピラー(デジタルサイネージ・46面)」および「新宿駅南口デジタルピラー(デジタルサイネージ・20面)」と組み合わせた放映も可能で新宿エリアでより一体的な広告展開が可能になります。

 小田急エージェンシーは今後も小田急電鉄と連携し、駅の特性や広告主のニーズに合った広告媒体の整備に取り組みます。
 

新宿駅デジタルウォール (赤枠線内 イメージ)新宿駅デジタルウォール (赤枠線内 イメージ)

「新宿駅デジタルウォール」の概要は、下記のとおりです。

                  記

1.名   称    新宿駅デジタルウォール
2.サ イ ズ    H:1,920 × W:10,240mm (横型LEDデジタルサイネージ)
3.設 置 場 所   小田急電鉄新宿駅 西口コンコース外
4.配信開始日  2019年7月1日(月) ※6月18日(火)から試験配信済

                                    以上
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社小田急エージェンシー >
  3. 7月1日より新規媒体「新宿駅デジタルウォール」 の広告配信を開始