アプリ不要のAR体験、「WebAR名刺」をサービス開始!

ARを組み込んだ名刺でアイスブレイク。

WebブラウザによるVRやARの開発を行うeishisは、2018年6月29日(金)より、名刺にARを組み込みWebブラウザだけでARを体験できる、WebAR名刺を開始いたします。

 


Webサービスのデザイン・システム開発を手がけるeishisは、名刺交換時に話題となりアプリいらずで実現可能な「WebAR名刺」をサービス開始します。

WebAR名刺について
名刺交換をより面白く、アイスブレイクとして使っていただく為にWebAR名刺は生まれました。
ARの専用アプリを使用したAR名刺は従来からありましたが、「アプリのインストールを名刺交換相手にさせるのは難しい」という声も多くありました。
WebAR名刺は、iOSやAndroidのブラウザに対応しており、QRコード付きの名刺からQRコードを読み取り、ブラウザで開くだけでARを体験することができます。

実際の操作画面

QRコードを読み取りURLにアクセスするとカメラが立ち上がり、そこから名刺を読み取るとサービス情報やプロフィールが表示されます。
2次元の写真や3次元のキャラクターに対応しています。

サービスの詳細
「WebAR名刺」では、サーバやURL、QRコードの用意やコンテンツ制作すべてeishisが担当します。
キャラクターのデザインや3D化もeishisが担当し、費用としても10万円から承ります。
https://webar-card.eishis.com/

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. エイシス株式会社 >
  3. アプリ不要のAR体験、「WebAR名刺」をサービス開始!