映画のおともにポテトチップス「Pari Pari Cinema Picnic」10/17(火)東京にて開催!

~イベント参加者の9割以上が「ストレス発散になった」とコメント~カルチャー女子代表、はあちゅうが語る「恋人の条件」とは!?

 人気週刊誌『anan(アンアン)』を刊行する株式会社マガジンハウス(社長:石﨑 孟)は、カルビー株式会社(代表取締役社長 兼 COO :伊藤 秀二) と、移動映画館でおなじみのキノ・イグルー(代表:有坂 塁)との3社によるコラボイベント「Pari Pari Cinema Picnic」を10月17日(火)に東京会場にて行いました。
「Pari Pari Cinema Picnic」は文化・食欲の秋におすすめの映画上映イベントです。芝生が敷かれたゆったりナチュラルな空間で映画を観ながら、1袋食べても罪悪感がなく、素材のおいしさを味わえるカルビーの新商品「NATURAL Calbee」シリーズをパリパリ試食いただき、ご参加する皆様にまるでピクニックに来たようにストレス発散でき、心にもカラダにも元気をもらえる時間を提供。『anan』の特設ページより応募していただいた、「日常から少し離れて癒されたい」との気持ちを持つ約100人の女性参加者が集まり、大盛況の中イベントが行われました。​

芝生の上でポテトチップスを食べながらカルチャートーク!普段と違う体験で参加者はリラックスムードに

東京会場で行われた「PariPari Cinema Picinic」には、たくさんの女性が会場に集まりました。靴を脱いで、そのまま芝生の上でくつろげる、日常生活とは異なった空間に、参加者の方々からは驚きと感心の声が飛び交っていました。また、「NATURAL Calbee」シリーズをパリパリ試食したり、フォトスポットで写真撮影をするなど、会場はプログラム開始前からにぎやかな雰囲気で、盛り上がりの様子を見せました。
MCの『anan』編集部の長居さん、カルビー株式会社の三浦さんの挨拶からイベントが始まり、作家のはあちゅうさん、 「本屋B&B」スタッフの木村綾子さん、移動映画館キノ・イグルー代表の有坂塁さんが登場。カルチャータイムの過ごし方に関するトークセッションが始まり、参加者はリラックスしながらもトークに夢中になっていました。​


リラックスムードで思わずホンネ全開?! はあちゅうの恋人の条件は「同じ映画を好きな人」!

「心に残っている映画」というトークテーマでは映画の話から三者三様の恋愛トークにまで発展するなど、トークが盛り上がりました。はあちゅうさんが「同じ映画を好きな人としか付き合えない」という持論を展開する一方で、木村さんは「(価値観が違うことを知ってしまうのが)怖くて、恋人とはなるべく同じ映画を見ないようにする」という対極的な考え方を発言し、会場からは同意の声や笑いの声など様々な反応が挙がりました。二人の発言に対し、有坂さんは「定番と思われているが、最初のデートでラブストーリーの映画を見るほど危険なものはない」という持論を展開。「相手のことをもわかってないのに、映画を見終わった後に恋愛観の話になってしまうラブストーリーはカップルの間に軋轢が生じてしまう原因になるから」という理由を聞いて会場からは納得の声が挙がりました。

『映画を観る環境』というトークテーマでは、「映画を観るときにお菓子はどうしても欠かせない」というはあちゅうさんの発言から会場内で配布されているポテトチップス、NATURAL Calbeeに言及。「(1袋199kcal以下なのに)しっかり食べた感がある!」という感想が三者から飛び出すなど、“素材のおいしさを引き出した、1袋 199kcal 以下のココロにもカラダにも嬉しいポテトチップス”NATURAL Calbeeは、夢中になって一袋食べきっても罪悪感がないという点でも、映画のパートナーにもピッタリという意見が交わされました。​トークセッションが終わった後には有坂さんオススメの映画『シェフ、三ツ星フードトラック始めました』を上映。参加者は芝生の上で寝転び、ポテトチップスを食べながらリラックスした様子で映画を鑑賞していました。上映後には有坂さんがNATURAL Calbeeの全4種の味ごとにおすすめの映画を紹介し、エンディング。エンディング後も場内で写真を撮る参加者が続出するなど、大盛況でイベントは終了しました。​

NATURAL Calbeeの味わいとパリパリ食感に大満足! 参加者の94%はストレス発散に!
本イベントに参加してくださった参加者の方々にご協力をいただき、アンケートを実施した結果、「普段ストレスを感じている」と回答した参加者の約94%がPari Pari Cinema Picnicに参加して「ストレス発散になった。」と答えています(図1参照)。続けてストレス発散になった方に理由を聞いてみたところ、「芝生の上に座ったりゴロゴロしながら映画を楽しめた」点や「ポテトチップスやランチボックスでピクニック気分を楽しめた」点が特に好評だったようです (図2参照)。

また、NATURAL Calbeeを食べた感想は「1袋あたり200kcal以下は嬉しい」という回答に続き、「食感がよい」「(油分カットなのに※)味付けがしっかりしている」という回答が多いことがわかりました。“素材のおいしさを引き出した、1袋 199kcal 以下のココロにもカラダにも嬉しいポテトチップス” という商品の魅力が参加者にとっても魅力的だったようです(図3参照)。
※日本食品標準成分表2015年版(七訂)「ポテトチップス」比較。


◆主催『株式会社マガジンハウス』刊行 『anan』について


1970年3月、日本で初の大型グラビアファッション誌として創刊。
80年代半ばにはファッション誌というテイストを残しながらも、特集テーマとして恋愛、美容なども扱うように。その後「好きな男、嫌いな男」、「セックスできれいになる」などエポックメイクな特集も多数組まれ、扱うテーマも広がり90年代後半にはファッション誌からライフスタイル誌へ。
2016年4月13日発売号で、<週刊女性ライフスタイル・総合誌>としては唯一の通巻2000号を迎え、今もなお、好奇心旺盛なすべての女性と共に歩み続けています。


◆企画・協力『カルビー株式会社』 新商品『NATURAL Calbee』シリーズ 商品概要 

商品名:NATURAL Calbee ポテトチップス
発売:2017年8月7日より発売
賞味期限 : 製造日から4ヶ月
味:2種類(チェダーチーズ味/フレンチサラダ味)
素材のおいしさを引き出した、1袋 199kcal 以下※1のココロにもカラダにも嬉しいポテトチップスです。カルビー独自の油切り製法を使い、しっかり美味しいのに、油分25%カット※2。









商品名:NATURAL Calbee ハードチップス
発売:2017年8月7日より発売
賞味期限 : 製造日から4ヶ月
味:2種類 (シーソルト味 /ベイクドオニオン味)
素材のおいしさを引き出した、1袋 199kcal ※1以下のココロにもカラダにも嬉しいポテトチップスです。厚切りの生地を伝統的な釜揚げ製法で丁寧にフライ。噛みしめるほどに素材の味を味わえます。

※1  199kcal以下とは、エネルギーの表示値(1袋あたり)です。   
※2  日本食品標準成分表2015年版(七訂)「ポテトチップス」比較。

◆企画・協力『キノ・イグルー』について

2003年に中学校時代の同級生、有坂塁と渡辺順也によって設立された移動映画館。東京を拠点に全国各地のカフェ、雑貨屋、書店、パン屋、美術館など様々な空間で、世界各国の映画を上映している。
多彩なアーティストとのコラボレーションを始め、夏の野外上映会、クリスマスパーティー、SHOPのAnniversary Party、こどもえいがかい、全国ツアー。さらには映画祭のディレクションや、ライブラリー向けのDVDセレクトまで、既存の枠にとらわれることなく、自由な発想で映画の楽しさを伝えている。
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社マガジンハウス >
  3. 映画のおともにポテトチップス「Pari Pari Cinema Picnic」10/17(火)東京にて開催!