女子がメイクアイテムでなくてはならないものは?今ドキ女子のメイク三種の神器が判明!

1位「ファンデーション」2位「リップ」3位「カラーコンタクトレンズ」

双葉貿易株式会社(所在地:新潟県三条市 代表取締役:杉村英馬)は2017年12月15日から2018年1月10日の期間、SNSを利用している女性を対象にカラーコンタクトレンズの調査を行いましたので、調査結果をお知らせいたします。

 

女子メイク三種の神器女子メイク三種の神器

【調査サマリー】
■今ドキ女子のメイク三種の神器は「ファンデーション」「リップ」「カラーコンタクトレンズ」

メイクアイテムの中でなくてはならないものはどれですか?と聞いたところ、「ファンデーション」「リップ」「カラーコンタクトレンズ」に関しては半数以上の女性がなくてはならないと回答しました。

 


■カラコンに関しての調査結果
Q1 カラーコンタクトレンズ利用者は166人( 83% )、利用者の中「カラーコンタクトレンズはどの位の頻度で使用しますか?」という質問に「毎日」が55人( 33% ) 、「週末のみ」が54人( 33% )となっています。よく使用するレンズの種類は「1DAY(1日使い捨て)」が全利用者の125人(62%)になっています。

カラコンは着けたことはありますか?

Qカラコンを着けたことはありますか。Qカラコンを着けたことはありますか。

 

 

カラコンはどの位の頻度で使用しますか?

Qカラコンはどの位の頻度で使用しますか。Qカラコンはどの位の頻度で使用しますか。

よく使用するレンズの種類はどれですか?

Qよく使用するレンズの種類はどれですか。Qよく使用するレンズの種類はどれですか。



Q2 具体的な「どのようなシーンで使いますか?」と聞いたところ、「デート」が107人( 37% ) 、続いて「日常使い」が96人( 33% ) 、「その他」が39人( 13% ) 、「職場」が33人( 11% ) 、「学校」が14人( 5% )という結果が出ました。

どのようなシーンで使いますか?

Qどのようなシーンで使いますか。Qどのようなシーンで使いますか。



Q3「カラコンを選び基準」について「色」を選んだ人が135人、「インスタグラム」が77人、それ以外に「モデル」が69人、「カラコンレポ」が61人という結果になっています。

どういう基準でカラコンを選びますか?

 

Qどういう基準でカラコンを選びますか。Qどういう基準でカラコンを選びますか。



Q4「メイクアイテムの中でなくてはならないものはどれですか?」という質問の回答数上位より1位「ファンデーション」121人、2位「リップスティック」114人、3位「カラーコンタクトレンズ」111人という結果から今ドキ女子のメイク三種の神器としてカラコンはなくてはならない存在になっていると考えられます。

Qメイクアイテムの中でなくてはならないものはどれですか?

Qメイクアイテムの中でなくてはならないものはどれですか。Qメイクアイテムの中でなくてはならないものはどれですか。



■調査概要
調査手法:インターネットリサーチ(パソコン、スマートフォンを使用)
調査対象:SNSを利用している10代〜40代一般女性
サンプル数:201人
調査期間:2017年12月15日 〜2018年1月10日
調査地域:全国
調査項目:カラーコンタクトレンズについて


<なぜカラコンがここまでの需要なのか?>
日本人女性の実に80%以上が二重まぶたにあこがれており、昨今では小学生などの年齢層の読者を想定している雑誌も二重瞼の作り方などを特集するようになってきました。

二重瞼にすることで目の大きさを変えることが可能であり、視覚効果はもちろんですがメイクなどの大幅な変化が可能になります。
このアイメイクにさらに視覚効果をつけることになるのが「カラコン」であり、最近ではネット通販でも購入でき、気軽に買うことが出来るようになった為、かなり身近になってきたといってもいいでしょう。

特に女子高生などは使い捨てのカラコンなどを週末のみ愛用するなども多く、これはメイクなどができない世代でもアイメイクに対する興味高さを証明していることにもつながります。
また、アイメイクなどができなくともカラコンを使用することでアイメイク同様の効果を得ることができることや、コンタクトを目に装着するだけという手軽さも大きくカラコンの市場は急速な拡大を遂げています。


<SNS文化の台頭>
カラコンの市場はSNSの台頭によって発展したともいえます。
古くはブログからの発信などや有名人のブログなどが中心でしたが、スマートフォンが一般化したことによってSNSは身近なものになりました。
とくに、ツイッターやインスタグラムなどは最近ではスマートフォンに標準搭載されていることも多く身近なSNSになり、インターネット文化というよりも友人間との情報交換としての認識が強く、そのためにしばしば世界に公開しているという感覚がなくいわゆる「炎上」に発展することなども含め、SNSは大きな情報源になっています。

特にインスタグラムなどは写真の文化であり、写真映えが非常に大事になってきます。
メイクなどの場合は角度によっては粗などが出てしまいがちですが、カラコンは着用するだけで目元の完成度はもちろんですが写真などを取った際にもカラコンなしの目よりも大きな目になるということが人気にもつながっています。

SNSが手元のスマートフォンで簡単に利用できることでカラコンは女子高生などにも市場を大きく拡大しています。
カラコンの中でも人気が高いのが黒枠にヘーゼルなどのナチュラルカラーなどは学生はもちろんですが、会社員などでも自然なアイメイクなどに取り入れることができるなどの部分も大きなものといってもいいでしょう。

プリクラなどの文化を経由してインスタグラムなどが身近になってきた今、カラコンは最も簡単なアイメイクの道具の一つといっても問題はありません。


<女性心理とカラコン>
アイメイクをはじめ、フルメイクなどはコスメ代なども大きくなることが多く、シーズンごとにメイク用品を変えていく必要があります。
カラコンの便利な部分はアイメイクをしている状態に見せることができる部分と「失敗のないメイク」という部分になります。

メイクは納得いく形になることは少なく、写真などにすると大きな粗が出てくることも珍しくありません。
特にアイラインなどはにじみなどが顕著に出てしまう場合などもあり、アイメイクを重視する女性にとっても失敗したくない部分であることも確かです。

カラコンは失敗のないアイメイクであり、どの角度から見えても完成度の高い状態になることなどからも、カラコンにマスカラだけでもメイクが完成するということも非常に多いです。

コストパフォーマンスの良さはもちろんですが、時間短縮なども人気の一つとってもいいでしょう。
また、SNSなどに乗せる写真などもいつ何時友人にとられるかわからないなどの場合にも最も大事になるアイメイクが失敗していないという安心感にもつながっていきます。


<まとめ>
カラコンの人気はスマートフォンの普及とともに幅広い年代に浸透したといってもいいでしょう。
現在のスマートフォンは手元で加工までできるプリクラのようなものでもあり、プリクラやブログ文化などを経て完成したものと考えてもいいでしょう。

スマートフォンでもブログなどは観覧できますが、最も手軽なSNSであるツイッターの浸透、140文字に写真という文字を多用するツイッターに対し、写真をメインにしたインスグラムなど、SNSは日本は独自の発展を遂げており、世界の中でも日本のSNSは特殊なものとなっています。
写真を中心にしていくインスタグラムなどは「自撮り」が多く、その場合には目の大きさなども大きなポイントになってきます。
この時にもカラコンをつけているだけで大きな目を作ることができるのも市場拡大に繋がっています。

SNS文化は今後も白熱していく分であり、カラコンの市場もますます拡大していくと予想されます。


■会社概要
商号 :双葉貿易株式会社
代表者:代表取締役 杉村 英馬
所在地:本社/〒955-0084 新潟県三条市石上 2-16-51  
    東京営業所/東京都豊島区西巣鴨2-1-19双葉ビル5階
設立 :1974年10月
資本金:1,000万円
URL :http://www.futaba-corp.net/company/
カラコン事業:http://richstandard.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 双葉貿易株式会社 >
  3. 女子がメイクアイテムでなくてはならないものは?今ドキ女子のメイク三種の神器が判明!