あらゆる機械の自動化を目指すDeepX  総額16億円の資金調達を実施

〜AIを中心に、さまざまな技術を駆使し、機械自動化事業を加速〜

株式会社DeepX(本社:東京都文京区、代表取締役:那須野薫、以下 DeepX)は、未来創生2号ファンド(運営者:スパークス・グループ株式会社)、株式会社フジタ、SBIインベストメント株式会社が運営するファンド、株式会社経営共創基盤を引受先とする第三者割当増資を実施し、総額16億円の資金調達を実施したことをお知らせいたします。
■資金調達の目的
DeepXは、2016年4月に創業以来、幅広い産業のさまざまな機械や現場作業の自動化に向けて、汎用的なAI技術の開発を推進して参りました。この度、調達した資金は、建機自動化や工場内作業自動化、自動化モジュール提供等の事業化を加速させるために、エンジニアや計算資源を中心に投資いたします。特に、認識技術や制御技術の少数データでの開発可能性や実空間での頑健性、汎用性、説明可能性等を追求して参ります。

 
■投資家からのコメント

スパークス・グループ株式会社 代表取締役社長 阿部修平氏
知能化技術を用いたスタートアップは数多くありますが、DeepXのように生産現場の機械・ハードウェアの自動化を標榜するスタートアップは数少なく、日本が本来強みとする『ものづくり』の更なる成長に資する事業であると大変期待しております。弊社一同、これまでの多数の企業への投資によって得られた知見を生かし、DeepXの活躍を応援してまいります。

株式会社フジタ 代表取締役社長 奥村洋治氏
2017 年より DeepX と共に弊社の遠隔操縦ロボット「ロボQS※」を活用し、ディープラーニングを用いた油圧ショベルの自動化に向けた研究開発を行っています。今回の出資を機に、更に連携を深めて技術開発を加速させ、建設現場における人手不足の解消や生産性・安全性向上をはじめとする課題に共に挑戦していきたいと考えております。

SBIインベストメント株式会社 代表取締役執行役員社長 川島克哉氏
DeepXはディープラーニングと機械制御の組み合わせによって、従来の機械学習では実現できなかった複雑な動きの自動化技術を有しており、重機や食品機器などの新たなAI活用の可能性を秘めています。また新型コロナウイルス拡大の影響により、あらゆる産業で非接触志向が高まり、DX化が進む中、DeepXの自動化の技術に対するニーズが高まっていくものと期待しております。

株式会社経営共創基盤 共同経営者 マネージングディレクター 川上登福氏
ディープラーニング技術と機械制御技術を駆使し、様々な問題を、実際に現場に入り込み一つ一つ解決してきた那須野社長ら経営陣、メンバーの持つ現場力・技術開発力、そしてそのエネルギーには、大きな可能性を感じています。経営共創基盤は、今後もDeepXの「あらゆる機械を自動化する」挑戦を、共に戦いたいと思います。


■採用情報
「あらゆる機械を自動化し、世界の生産現場を革新する」というミッションの実現に向け、エンジニア、プロジェクトマネージャ、事業開発責任者、採用推進者等を積極的に採用しております。DeepXのミッションに共感され、あらゆる機械の自動化に挑戦されたい方、最先端AI技術のリアルな現場への実装に挑戦されたい方、以下のページよりエントリーをお待ちしております。

[採用情報ページ] https://www.deepx.co.jp/joinus/#anc_jobinfo

■株式会社DeepXについて
DeepXは、「あらゆる機械を自動化し、世界の生産現場を革新する」というミッションを掲げて活動する、東京大学松尾研究室発のAIスタートアップです。多くの産業で問題となる労働力不足、熟練作業者不足、過酷作業等の現場の課題の解決を目指し、AIをはじめとするさまざまな技術を駆使し、あらゆる機械を自動化し、幅広い作業の自動化を推進してまいります。

本社所在地 東京都文京区湯島三丁目21番4号第一三倉ビル3階
設立    2016年4月22日
代表者   代表取締役 那須野薫
事業内容  機械自動化や現場作業自動化の支援、AI技術を活用した事業開発、ソフトウェア開発、R&D
URL      https://www.deepx.co.jp/

■本件のお問い合わせ
info@deepx.co.jp

※ 株式会社フジタが国土交通省九州地方整備局九州技術事務所と株式会社IHIと共同開発

 
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社DeepX >
  3. あらゆる機械の自動化を目指すDeepX  総額16億円の資金調達を実施