日本経済新聞社主催のイベント「REG/SUM(レグサム)」にてリーガルAIテックのリグシー《SBIグループ賞》を受賞

「Holmes」が社会に生み出すインパクトの大きさを評価

リーガルAIテックの株式会社リグシー(本社:東京都港区、代表:笹原健太、以下:リグシー)は、2017年12月20日(水)・21日(木)に行われた日本経済新聞社主催の「REG/SUM(レグサム)」に登壇、その中で行われたスタートアップによるピッチランにて、《SBIグループ賞》を受賞致しました。

「REG/SUM(レグサム)」は、「REGTECH SUMMIT(レグテックサミット)」を略した呼称です。「レグテック」とは、「各種規制の運用やコンプライアンスに関わる課題を解決するAIやブロックチェーン、ビッグデータ解析などのテクノロジー」のことを指し、「REG/SUM」はその「レグテック」の重要性・価値を社会に広く啓蒙し、企業や行政などさまざまな分野で膨らむ規制対応コストを下げて新しい価値を創造することを目的としています。

今回のイベントは、その走り出しとなるもので、シンポジウムやワークショップ、スタートアップ企業によるピッチランなどで構成されました。クラウド上で契約書の作成から管理までを一貫して行える法務系クラウドAIサービス「Holmes(ホームズ)」を提供するリグシーからは、代表笹原自身が登壇。今後の発展が望まれるリーガルテック領域において社会に生み出すインパクトの大きさ、「紛争裁判をなくす」という明確なビジョンを掲げその実現にむけて現実的な歩みを進めていることなどを評価いただき、《SBIグループ賞》を受賞致しました。

 

こうして頂いた期待にお応えできるよう、そして「働き方改革」の一翼を担えるよう、引き続きサービスの質の向上と普及に努めてまいります。

 

《イベントページ》
 http://www.regsum.jp
 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社リグシー >
  3. 日本経済新聞社主催のイベント「REG/SUM(レグサム)」にてリーガルAIテックのリグシー《SBIグループ賞》を受賞