中小メーカーと連携してクラウドファンディングに挑戦したペン回し用ボールペン「Gyro」が、国内クラウドファンディング史上、筆記用具における歴代2位の記録を突破!

国内ベンチャーの創るプロダクト・サービス等を専門に取り扱う体験型ショップ「Area venture’Z(エリアベンチャーズ)」の運営等を手がける株式会社挑戦場(大阪市淀川区/代表取締役:武冨祐介)は、プラスチック加工等を手掛ける湯本電機株式会社(大阪市東成区/代表者:湯本秀逸)と連携し、湯本電機創業来初となる自社開発による民生用製品であるペン回し用ボールペン「Gyro」について、クラウドファンディングサイト「Makuake(マクアケ)」にて、2018年9月13日より、予約受付を開始しておりましたが、公開からわずか1か月で、「国内全クラウドファンディングサイト(Makuake含む)における、国内企業の自社製作による筆記用具」において、資金調達額歴代2位となるご支援を受けるに至りました(2018年10月25日現在:1,727,100円)。(※1) 

1位は大手文具メーカー様の電子系筆記用具にかかるプロジェクトで、記録としては及ばないものの、クラウドファンディング初挑戦の歴史ある中小メーカーと連携した取り組みとして、大きな成果を上げています。

なお、「Gyro」は、クラウドファンディング期間中、Area venture’Zに試作品を1点展示しており、どなたでも回し心地を体験して頂くことが出来ます。

ー「Gyro」についてー
大人がオフィスで使っても違和感が無く、且つ回しやすいボールペンという今までにない切り口から、企画・設計をスタート致しました。
そして、湯本電機における30年間培ってきた切削加工技術と独自の設計で重量バランスを調整し、回しやすさを追求しており、どなたにでもペン回しを楽しんでいただけるボールペンとなっております。
デザインについても、航空分野などで用いられるアルミ合金の中でも最高級のA7075(超々ジュラルミン)を使用する等、細部にもこだわり抜いており、その結果、幅広い年齢層の方々からご支援を受けております。

株式会社挑戦場は、今後も、様々な国内ベンチャー・中小メーカー等と連携し、今までにない新しい商品をクラウドファンディングを通して、広めていきます。

(※1 株式会社挑戦場・クラウドファンディング研究所調査データによる)

※本リリースに掲載されている情報は発表日現在の情報です。仕様・デザイン等については予告なく変更になる場合がございます。ご了承くださいませ。

■プロジェクト情報
「くせになる回し心地。0.001mmまでこだわった傑作。町工場が提案するボールペン」
クラウドファンディングサイト: Makuake(マクアケ)
開催期間:2018/9/13 11:00~ 2018/11/29 18:00まで
プロジェクト詳細ページ:https://www.makuake.com/project/gyro/


■製品展示店舗情報
Areaventure’Z(エリアベンチャーズ)
TEL:06−4708−3928
〒542-0086  大阪府大阪市中央区西心斎橋2−11ー9RE-011  201(2階)

 営業時間 AM11時〜PM8時
定休日:火曜日(祝日の場合は営業)
URL:https://cho-sen-jo.co.jp/area_venturez


■製品開発企業
湯本電機株式会社 

担当:澤井(さわい)
TEL:06−6976−3366
*大阪本社
〒537-0011  大阪府大阪市東成区東今里2-8-12
創業:昭和15年、設立:昭和63年
URL:https://www.yumoto.jp/  
Email:cf@yumoto.jp
企業ミッション:「monozukuriをかっこよく」

■本件に関する問い合わせ先
株式会社挑戦場 
担当:武冨(たけとみ)
TEL:06−6105−5035
*大阪本社
〒532-0023 大阪府大阪市淀川区十三東1−17ー13水交ビル403
URL:https://cho-sen-jo.co.jp/  
Email:info@cho-sen-jo.co.jp
企業理念:「リスクテイカーの挑戦する場を創造し、世の中をもっとワクワクさせる」

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社挑戦場 >
  3. 中小メーカーと連携してクラウドファンディングに挑戦したペン回し用ボールペン「Gyro」が、国内クラウドファンディング史上、筆記用具における歴代2位の記録を突破!