クラウドファンディング「Readyfor」が筑波大学・落合陽一准教授のプロジェクトにてビットコインでの寄附受付を開始。

〜ビットコイン決済は株式会社 bitFlyer社を活用〜

日本初・国内最大のクラウドファンディングサービス「Readyfor」を運営するREADYFOR株式会社(本社:東京都文京区 代表取締役CEO:米良 はるか 、以下「弊社」)では、2月21日に開始する筑波大学・落合陽一准教授のクラウドファンディングプロジェクト(以下「本件」)にて、通常の円での寄附に加え、ビットコインでの寄附を受け付ける運びとなりました。ビットコイン決済に関しては株式会社 bitFlyer(本社:東京都港区、代表取締役:加納 裕三)が運営する「fundFlyer」を活用致します。
 


本件では、Readyforを通じた円での寄附、fundFlyer を通じたビットコインでのご支援の全てが、筑波大学への寄附となり、確定申告を行うことにより税制上の優遇措置が受けられます。国立大学が行うクラウドファンディングにおいて、仮想通貨での寄附を受け付けることは日本初の取り組みとなります。なお、受け取ったビットコインは円に転換されて筑波大学に入金されます。

弊社では、株式会社 bitFlyerと将来的な提携に向けての協議を検討しております。今後も様々な決済方法・サポートを取り入れ、「想いの乗ったお金の総量」を増やし、「誰もがやりたいことを実現できる世の中をつくる」ことを実現してまいります。

 

〈プロジェクト概要〉
・タイトル:「デジタルネイチャー「計算機的多様性」の世界へ」
・実行者名:落合 陽一氏(博士/筑波大准教授)
・目標金額:1500万円(日本円相当額)
※本件への寄附金額は、ビットコイン決済時のレートで日本円転換された金額が合計寄附金額として加算されます。
・募集期間:2018年2月21日(水)~2018年4月27日(金)23時(65日間)
・形式:寄附型 / All or Nothing
・プロジェクトURL:https://readyfor.jp/projects/ochyaigogo2
・ビットコイン寄附URL:http://fundflyer.bitflyer.jp/contents/yoichi_ochiai/006/
 


■READYFOR株式会社について
READYFOR株式会社は、「誰もがやりたいことを実現できる世の中をつくる」をミッションに日本初・国内最大のクラウドファンディングサービス「Readyfor」を運営しています。クラウドファンディングとは、インターネット上でやりたいことを発表し、それに共感した不特定多数の方から少額の資金を集める仕組みです。2011年3月のサービス開始から7,700件以上のプロジェクトの掲載し、39万人から55億円以上の資金を集め、国内最大のクラウドファンディングサービスとして、中学生から80代の方まで幅広い方々の夢への一歩をサポートしています。

■本件のお問い合わせについて
READYFOR株式会社 広報部広報マネージャー大久保彩乃
press@readyfor.jp  /  03-6801-5767

 
  1. プレスリリース >
  2. READYFOR株式会社 >
  3. クラウドファンディング「Readyfor」が筑波大学・落合陽一准教授のプロジェクトにてビットコインでの寄附受付を開始。