中小企業をメインとしたM&Aマッチングプラットフォーム「Maaap」(マープ) の本格開始 及び 社名変更のお知らせ

〜 企業経営者の高齢化に伴う後継者不足問題を解決。両者の納得いく価格で、スピーディーなM&Aを実現 〜

株式会社Maaap(本社:東京都新宿区、代表取締役:薛 仁興、以下 Maaap )は、中小企業をメインとしたM&Aマッチングプラットフォーム「Maaap」(マープ)( https://maaap.net )を、本日より本格開始することをご報告いたします。「Maaap」では、M&Aの売り手と買い手の直接交渉により、売却希望価格と購入希望価格を納得いく価格で、スピーディーに実現します。
また、2020年11月1日より社名を「株式会社エスネッツ」から「株式会社Maaap」に変更いたしました。「Maaap」をはじめとしたM&A事業に、今後さらに注力してまいります。

 



【「Maaap」サービス開始の背景】


昨今、企業経営者の高齢化に伴う後継者不足問題が叫ばれています。2019年の国内中小企業の休廃業・解散件数は4万3,348件で、その6割以上が黒字企業となっています。休廃業企業の代表者の年齢を見ると、約4割が70代で、60代以上では8割を超えています。業績が好調なものの、休廃業・解散する大きな要因として「代表者の高齢化」が挙げられています。*
また、中小企業庁は2019年12月、価値ある中小企業の廃業に歯止めがかからず、地域における雇用や技術も失われるおそれがあるとし、支援パッケージを発表しました。

Maaapは2019年からM&A仲介をメインに事業展開しており、直近1年程度で6件のご支援をさせていただいております。しかしながら、M&A業界において、大手ではない中小企業案件が全国的にまだまだカバーしきれていない現状を課題視していました。こうした背景のもと、今回その課題解決のために、M&Aのマッチングを促進する、中小企業をメインとしたプラットフォームの展開を正式開始しました。

M&Aの魅力の一つは、2社間の企業コラボレーションで化学反応が起き、事業拡大に寄与できるところです。Maaapでは、「マッチングしたら終わり」ではなく、その後も継続してサポートさせていただくサービスも展開しています。また、日本国内ではM&Aに対して消極的なイメージもありますが、「買われる会社=良い会社」という、M&Aと業界に対するイメージ改善にも貢献していきたいと考えています。

(※2019年 「休廃業・解散企業」動向調査 東京商工リサーチ)


【中小企業をメインとしたM&Aマッチングプラットフォーム「Maaap」について】

 

「Maaap」は、M&Aを売り手と買い手の直接交渉により、時間と取得コストを大幅にカットし、スピーディーかつ、両者の納得のいく価格で実現します。
全国から売却案件が投稿され、会員同士のやり取りは、ログイン後マイページのメッセージ機能にてメールのやり取りが可能になります。

■特長
  1. 売り手の売却希望価格と買い手の購入希望価格を納得のいく価格で実現するサポートを行います。
  2. 通常、活動開始から成約まで6ヶ月から1年間を要するM&Aを、「Maaap」では平均3ヶ月程度で実現します。
  3. 経験豊富なM&A実績のあるアドバイザーの支援により、迅速かつ丁寧な対応を提供し、ご満足頂けるM&Aを実現します。

■利用料金
「Maaap」への案件掲載、会員登録やメッセージのやり取りはすべて無料で行うことができます。M&Aが成約した場合には、買い手のみ報酬をいただく完全成功報酬制を採用しております。成功報酬以外の費用は一切かからず、成約するまで0円でご利用いただけます。

■URL
https://maaap.net/


【社名変更について】

■社名変更の概要
旧社名:株式会社エスネッツ
新社名:株式会社Maaap

■代表メッセージ
当社は、新たな企業イメージの構築と社業のさらなる発展を期すため、本年2020年11月1日より、社名を「株式会社Maaap」へ変更いたしました。

新社名の由来は、「M&A」(「Mergers」and 「Acquisitions」の略で「合併と買収」)、「Advisor」(助言者・忠告者)、「Partners」(仲間・協力者)の頭文字をとって「Maaap」としました。

高齢化に伴う事業承継等様々な問題をM&Aを通じて、助言者・忠告者として、また仲間・協力者として、支援を行うことで社会の発展に寄与し、「日本を、世界を、笑顔で元気にする」という思いを込めております。

株式会社Maaap 代表取締役 薛 仁興


【株式会社Maaap 直近のM&Aの成約実績】https://maaap.net/about-achievements

■2019年06月M&A成約
・譲渡対象会社:ホステル運営会社
・譲受会社:民泊運営会社

■2019年10月M&A成約
・譲渡対象会社:男性用サプリメントの製造、ECによる販売(D2C事業)
・譲受会社:法人向けOA機器等の販売会社

■2019年12月M&A成約
・譲渡対象会社:病院等医療関連施設向けデジタルサイネージ設置会社
・譲受会社:キーボードやディスプレイ等の製造会社

■2020年03月M&A成約
・譲渡対象会社:一戸建て世帯向けインターネット回線サービス提供会社
・譲受会社:個人向けパソコン総合サービスを提供する上場会社

■2020年06月M&A成約
・譲渡対象会社:肉とワインをメインとした居酒屋(東京都内7店舗)の運営会社
・譲受会社:食品卸売や飲食店(岡山、東京、大阪)の運営会社

■2020年08月M&A成約
・譲渡対象会社:アウトバウンドコールセンター(横浜市、30名)の運営会社
・譲受会社:コールセンター事業や法人ソリューション事業等を全国展開する会社


【代表者略歴】

株式会社Maaap 代表取締役 薛 仁興(せつ・まさのり)

1974年、香川県生まれ。
会計事務所にて税務・会計及び経営コンサルタント業務に携わった後に、1998年、インターキュー株式会社(現GMOインターネット株式会社:東証1部)に入社。同社の経営管理部門の構築やIPO(株式公開)準備に携わる。1999年、ネット広告子会社の株式会社まぐクリック(現GMOアドパートナーズ株式会社)を設立しIPO準備のため転籍。2000年、大阪証券取引所ナスダック・ジャパン(現東証JASDAQ)に設立から史上最短(364日)での上場を果たし、26歳にて上場企業史上最年少CFO(最高財務責任者)となる。上場後はCFO&COOとしてIR・M&Aなど経営全般に従事し、2002年取締役、2005年常務取締役、2007年専務取締役に就任。

その他数社の取締役・監査役を兼務。日本CFO協会試験委員なども歴任。2012年退任まで約11年にわたり上場企業の取締役を務め、1990年代後半の黎明期から、インターネット広告産業に携わり、設立から現在に至るまで、連結売上1,000億円企業グループの成長に寄与する。

2012年7月に株式会社エスネッツ(現株式会社Maaap)代表取締役就任。M&Aによるネイル事業(現在は売却)、コスト削減・ネット集客コンサル事業を経て、2019年よりM&A仲介事業を開始。企業の後継者問題などを背景に問い合わせが増加し、2020年にM&Aマッチングプラットホーム「Maaap」を新たに開始。


【株式会社Maaap 会社概要】

社名:株式会社Maaap
本社所在地:東京都新宿区西新宿6丁目16-12 第一丸善ビル10階
設立日:2007年6月1日
代表者:代表取締役 薛 仁興
事業内容:M&A仲介事業、経営戦略コンサルティング事業等
URL:http://maaap.info/
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Maaap >
  3. 中小企業をメインとしたM&Aマッチングプラットフォーム「Maaap」(マープ) の本格開始 及び 社名変更のお知らせ