現場の負担を増やさない、人事業務のペーパレス化を実現

i6TGとEduLabがAIとBPOの融合による新サービス 「kamidanomi」 をリリース

i6TG株式会社(社名:アイシックスティージー、本社:東京都港区、代表取締役:佐藤 竜司、 以下 i6TG)は、教育サービス事業およびAI事業を展開する株式会社EduLab(社名:エデュラボ、本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:髙村 淳一、以下EduLab)と協業し、人事部門のシステムへの手登録の負担を大幅に削減する「kamidanomi」サービスを2020年8月より開始します。

 

i6TG代表取締役 佐藤竜司i6TG代表取締役 佐藤竜司



「kamidanomi」のサービス概要:

  • i6TG社が各企業から手書きで起票された紙の人事書類をPDFで受取ります
  • i6TG社はPDF受領後、AI-OCR技術で文字情報を自動的にデータ化し、システム登録までを完了します

 

※AI-OCR(Optical Character Recognition):人工知能技術を取り入れた光学文字認識機能
※BPO(Business Process Outsourcing): 企業における特定の業務を外部に委託すること

i6TG社では、これまでに培ってきた人事業務アウトソーシング事業ノウハウを活かして、各企業規模に見合った
サービスプランをご用意しております。
そのため、全ての企業の人事部様の予算のご都合に合わせてkamidanomiの導入が可能です。

i6TG_kamidanomii6TG_kamidanomi



「kamidanomi」サービス開発の背景:
働き方改革による業務効率化の促進や新型コロナの流行下での在宅勤務の推進において、「紙」を起点とした情報のやり取りは頭の痛い問題です。特に、住所や通勤経路、家族情報といった社員の個人情報を取り扱う人事部門においては、“紙の届け出書類”は今もなお数多く存在しており、多くの企業で、専用システムを導入することによる“ペーパレス化“への期待がこれまで以上に加速度的に高まってきております。

本サービスは、「無理に紙をなくして現場の負担を増やすのではなく、むしろ紙のままで何とか出来ないか」という発想のもと、EduLab社の手書き文字をデータ化するAI-OCR技術「DEEP READ」とi6TGのBPOスキームを融合させることで、現場のプロセスはそのままに、人事部門における大幅な作業時間の圧縮を実現しました。


DEEP READとは:
DEEP READはディープラーニングに基づくAIを活用した、手書き文字のデジタル化サービスです。業務効率化やデータベースの有効活用といった観点から、紙データのデジタル化に対する需要は年々拡大している一方で、従来型の「OCR」技術では、活字についてはデジタル化ができるものの、手書き文字の認識精度は低いという課題がありました。DEEP READは研究開発を経て、業界トップレベルとなる9割以上の認識精度で手書き文字のデジタル化を可能にし、金融業界や医療機関、学校法人などにも幅広くご活用いただいております。
URL: https://deepread.ai/#/home

【i6TG株式会社について】
i6TGは給与計算・人事業務BPO、RPO、人事組織コンサルティングなど、人事領域における課題解決サービスを提供しています。東京、北九州、シンガポール、上海、香港、マカオ、クアラルンプール、ジョホールバル、バンコクを拠点として展開しています。
URL: https://www.tg-hr.co.jp/

【株式会社EduLabについて】
EduLabは、EdTech(教育×テクノロジー)分野における新事業の開発・投資、教育ITソリューション・プラットフォームの提供、次世代教育の支援、スクールマネジメントなど、最新のラーニングサイエンスをベースに次世代の教育ソリューションを実現します。東京、シアトル、シンガポール、香港、北京、上海、バンガロール、プネを拠点として展開しています。
URL: https://www.edulab-inc.com/

【本件に関するお問合せ先】
i6TG株式会社 
資料請求・お問い合わせ:https://kamidanomi.tg-hr.co.jp/home
メールアドレス:kamidanomi.info@tg-hr.com
(窓口:大野)

 
  1. プレスリリース >
  2. i6 TG株式会社 >
  3. 現場の負担を増やさない、人事業務のペーパレス化を実現