Secure Thingzとルネサスが、IoTデバイスのセキュリティ強化のためのセキュアな開発、製造フローの実現で協業

両社の協業によって、ルネサスのRX マイコンに次世代のセキュリティ開発フローを提供することにより、IPの盗難、偽造および過剰生産を防ぐと共に、グローバル市場でのセキュアなサプライチェーンの構築を実現する
Secure Thingz
ルネサス エレクトロニクス株式会社

2018年11月20日 – イギリス ケンブリッジ市、東京 – デバイスセキュリティと組込みシステムおよびライフサイクルマネジメントにおける世界的エキスパートであるSecure Thingzと先進の主要半導体ソリューションサプライヤであるルネサス エレクトロニクス(以下、ルネサス)は、先端技術を使用したマイコン上でセキュアなIoTアプリケーションをより容易に開発できるようにすることと、更にセキュアなグローバルサプライチェーンを提供するためのセキュアな製造フローを実現する協業について発表しました。この協業の一環としてルネサスは、Secure ThingzのSecure Deployアーキテクチャをサポートすることにより、RXファミリマイコンのセキュアな製造環境を実現します。Secure Thingzは、Embedded Trustプラットフォームを2019年に広く市場展開される際に、ルネサスのRX65N を最初のマイコンの一つとしてサポートします。

ABIリサーチによると、2022年までに世界中にある570億個のコネクテッドデバイスの内70パーセントがIoT化される見通しですが、現在、新しくIoT化されるデバイスの内、セキュリティ機能を備えているのはわずかに4パーセント以下です。分析では今後2年間でサイバー攻撃の内、25パーセントがIoTデバイスを標的とするなど、外部からの脅威およびシステム脆弱性は重大もしくは高リスクな状況となり、IoTに対して深刻な結果をもたらすと予想しています。そのため、IoT組込みアプリケーションはライフサイクル全般に渡ってセキュアである必要があり、今後の法制化にも適応できるものでなければなりません。

ルネサスの32ビットマイコンであるRXファミリは優れた電力効率で高い性能を実現しており、IoT向けのセキュアな組込みアプリケーションに適しています。この協業を通じて、ルネサスとSecure Thingzは、RXファミリを用いたIoTデバイス開発が、初期段階からセキュアに利用でき、かつ、より簡単にセキュリティを実装できる、次世代のセキュリティ開発ツールを提供します。

また、ルネサスのRX65N1には、堅牢なセキュリティを実現するTrusted Secure IP(TSIP)が搭載されており、盗聴、改ざんおよびウィルスといった外部からの攻撃に対抗するための強固な暗号鍵の管理、暗号化通信、改ざん検知機能を提供します。
ルネサスとSecure Thingzの協業により、ユーザがセキュリティソリューションを容易に実装することができます。

 ルネサスの IoTプラットフォーム事業部プロダクトマーケティング シニアダイレクターのDaryl Khooは次のように述べています。「IoTにおける組込みアプリケーションは、強力なセキュリティと高い信頼性が求められています。これらの要求に応えるために、企業が自身のシステム、知的財産およびデータを保護するための新しいソリューションを必要としています。ルネサスとSecure Thingzは今回の協業により、セキュアなIoTの拡大を加速するために、サプライチェーン全般に渡ってRXファミリのようなマイコンをセキュアにするエンド・ツー・エンドのソリューションを、より容易に実現できるようになると確信しています。」

 Secure Thingz CEOのヘイデン ポヴェイは次のように述べています。「より多くの企業がIoT関連ビジネスへの転換を図っているなかで、それらの知的財産は最適な組込みセキュリティとライフサイクルマネジメントによって守られなければなりません。しかしながら、最高レベルのセキュリティの実装は非常にハードルが高いと言えます。我々は、最適なデバイスセキュリティというのは設計の初期段階に開始するものだと確信しており、この度、ルネサスとの協業によってRXファミリを容易に実装できるセキュリティ技術が、デバイスをよりセキュアにし、急速に拡大するIoT市場の要求に応える手助けを出来ることを嬉しく思います。」

Secure ThingzのSecure Deployアーキテクチャ
Secure Deployアーキテクチャは、信頼のサプライチェーンを提供するための先進の統合ソリューションです。Secure Deployアーキテクチャは製品設計、製造およびその後のマネジメントのライフサイクル全般に渡るセキュリティ実装作業を強化しつつ容易にするために設計されてきました。これによって企業や団体は、その製品ライフサイクル全般に渡って知的財産を保護するためのセキュアな基盤を持つことが出来るようになります。

ルネサスRXファミリマイコンについて
下記のウェブサイトを参照してください。https://www.renesas.com/products/microcontrollers-microprocessors/rx.html.

ルネサスについて
ルネサスエレクトロニクス株式会社(TSE:6723)は、人々が安心・安全に暮らせる社会を実現するために、あらゆるモノとモノをつなぎインテリジェント化することを通して、組み込み機器に進化をもたらしています。そして、無限の未来をカタチづくるために、自動車、産業、OA (Office Automation)・ICT (Information Communication Technology)分野に対して、世界的に高いシェアを誇るマイコンに加え、アナログ&パワーデバイス、SoC、統合プラットフォームなどの各種半導体と幅広いソリューションを提供していきます。ルネサスの詳細は、www.renesas.comをご覧ください。

Secure Thingzについて
Secure Thingzはデバイスセキュリティ、組込みシステムおよびライフサイクルマネジメントにおける世界的エキスパート企業です。2018年に、組込み開発向けのソフトウェアツールおよびサービスについて将来性の高いサプライヤであるIARシステムズのグループ企業となりました。Secure ThingzはインダストリアルIoT、重要なインフラ設備、オートモーティブおよび様々な市場向けに先進のセキュリティソリューションを提供することにフォーカスしています。Secure Deploy™アーキテクチャは主要なセキュリティ問題であるIoT製品へのセキュリティ攻撃を解決するために開発されました。Secure Thingzのソリューションは低価格のマイクロコントローラにおいて製品ライフサイクル、セキュリティ展開、生産および市場アップデートの仕組みのための中心となる重要なサービスを提供し、コスト効率の高いroot of trustを実現します。Secure ThingzはInternet of Things Security Foundation (www.iotsecurityfoundation.org)の創設メンバーかつ理事会メンバーです。IoTセキュリティにおけるグローバルリーダーについて詳しくは www.securethingz.com.をご覧ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. IARシステムズ株式会社 >
  3. Secure Thingzとルネサスが、IoTデバイスのセキュリティ強化のためのセキュアな開発、製造フローの実現で協業