3Dアバターカラオケアプリ「nemo」β版提供開始

世界中で愛されるユニバーサルなキャラクターデザインの愛くるしい3Dアバターが、歌い手の顔の動きに合わせて熱唱!

株式会社aboonは、3Dアバターカラオケアプリ「nemo」β版を12月20日より提供開始します。まずはiOS版(iPhone X以降の機種)のみの展開。2019年1月中にはiPhone X以前のiOS端末に提供し、2019年内をめどにAndroid版も提供を予定しています。


■3Dアバターカラオケアプリ「nemo」の特徴
 「nemo」は、自身の顔を出すことなく、オンライン上で自由に表現を楽しめる3Dアバターカラオケアプリです。フェイストラッキング(表情追跡)技術を用いて、ユーザーの顔の動きに合わせて3Dアバターが表情を変えて歌う仕組みです。

 3Dアバターの種類は、12月20日時点で全9種類(順次追加予定)。これまでのVTuberなどが日本的なアニメ文化と親和性の高いデザインが多いのに対し、当サービスの3Dアバターは世界中で利用されることを目指した、国境を越えて老若男女が親しめるユニバーサルなデザインです。

 利用許諾を得ている楽曲数は、12月20日時点で全304曲(順次追加予定)。古くから親しまれているクリスマスソングなどの定番ソングから、カラオケで人気ランキング上位に入る最新のポップソングまで、みんなで楽しめる楽曲を邦楽・洋楽ともに揃えています。これらの楽曲は一般社団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)に利用許諾を得ており、歌って録音したデータの一部(シェア可能な動画データの長さはSNSによる)を各SNS上でシェアできます(ただし、お使いのスマートフォンへのデータ保存は不可)。
■3Dアバターカラオケアプリ「nemo」の楽しみ方

「nemo」の楽しみ方は下記の4つのステップです。
(1)楽曲を選ぶ
(2)3Dアバターを選ぶ
(3)楽曲に合わせて歌う
(4)SNSにシェアできる
これらのステップを踏むことで、3Dアバターによる歌唱動画をSNS上でシェアできます。

■サービス提供の背景
 
昨今はYouTuberや人気ライブ配信者による動画での自己表現が活況を呈しています。一方で、自らの顔を出しての配信は日本人の気質に合わなかったり、プライバシーの観点から危険性を伴うという側面もあります。

 そこで当社は「物理的制約からの解放」をミッションに、匿名性をもった3Dアバターでの自己表現の場を提供するべく、本サービスを開発しました。特に国内では「歌ってみた」と呼ばれるジャンルで歌い手の皆さんが自身の歌を投稿する文化があります。顔を出さずに、ユニバーサルなデザインの3Dアバターによる歌唱動画を投稿できる本サービスで、容姿などに左右されない自己表現が可能になります。

■今後の展望
 本サービスの提供をスタートとし、今後は「全世界70億人がアバターを持てる世界」をゴールに、3Dアバターを軸とした各種サービスを順次展開します。「nemo」上で利用可能な3Dアバター数を増やして魅力を浸透させるとともに、様々な形で3Dアバターを楽しめるプラットフォームを構築することを目指してまいります。

【サービス概要】
■正式名称:nemo
■開発・運営:株式会社aboon
■対応端末: iPhone X, iPhone XR, iPhone XS, iPhone X Max(2018年12月20日時点)
■サービス地域:日本
■対応言語:日本語・英語
■サービス開始日:12月20日

【会社概要】
■代表:清原 三雅
■設立年月日:2018年6月12日
■会社HP:https://aboon.jp
■主な事業:3Dアバターアプリの開発・運用
■ミッション:「物理的制約からの解放」

【主要メンバープロフィール】

■清原 三雅(写真右)
2000年生まれ。幼少期をアメリカで過ごし、中学時代に日本、タイ、オーストラリアで学ぶ。帰国後、日本初全寮制国際高等学校UWC ISAK Japanの二期生として入学。2015年に「Next Entrepreneur Summit」で最優秀賞、SoftBank賞を受賞。2018年6月に在学時ルームメイトであった原口と株式会社aboonを創業。

■原口 和音(写真左)
2000年生まれ。日本初全寮制国際高等学校UWC ISAK Japanの二期生として入学。今年5月にUWC ISAK Japanを卒業後、清原と共に株式会社aboonを創業。株式会社aboonでは取締役として、エンジニア業務に携わっている。担当はiOSアプリ開発。

■杉本 大地(写真中央)
1998年生まれ。都内の大学で英語文化を学ぶ傍、3DCGクリエイターとして活動。手がけたプロジェクトは国内外問わず、映像制作からキャラクターデザインまで、多岐に渡る。3Dアバターのクリエイティブディレクション、制作を担当するCreative Managerとして株式会社aboonに参画。
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社aboon >
  3. 3Dアバターカラオケアプリ「nemo」β版提供開始