宇宙衛星スタートアップ「ワープスペース」、4月6日(土)人工衛星の電波を活用した宇宙テクノロジー×芸術(アート)の祭典「WARP STATION」を千葉県夷隅郡で開催

プレスツアー(参加者無料ご招待)のご案内

宇宙衛星スタートアップ株式会社ワープスペース(本社:茨城県つくば市、取締役CEO:常間地 悟)は、2019年4月6日(土曜日)千葉県夷隅郡にて、人工衛星の電波を活用した宇宙テクノロジーと芸術(アート)の祭典「WARP STATION」を開催します。
千葉県夷隅郡付近には、JAXAの勝浦宇宙通信所があり、打ち上げられた人工衛星からの電波を受信し、衛星を維持管理する役割を果たしている人工衛星の追跡と管制をおこなう場所があります。
当日は、この宇宙産業についてより深く感じていただくため、「平成最後の新月の夜、宇宙の声を聴きに行こう」と題したプレスツアーを実施します。

申し込み締切:2019年4月3日
プレスツアー申し込みフォーム:https://goo.gl/forms/k2VBHqNyxQgR24w73

 
  • 宇宙テクノロジー×アートの祭典「WARP STATION」について
本当は身近に降り注いでいる宇宙/人工衛星からの電波。
筑波大発の宇宙スタートアップ「株式会社ワープスペース」が開発する衛星電波受信用の可搬型地上局(下写真)を使い、いくつもの衛星の電波を受信。

衛星電波を音や光の波長に変換し、「宇宙の声」をアート、インスタレーションとして、平成最後の4月、平成最後の新月、そして平成最後の桜の夜に、大自然のなかで体験していただきます。

また、ワープスペースの事業マイルストーン、ビジョンの発表や、宇宙をテーマにしたアーティストのライブなどを行い、SXSWのような宇宙テクノロジー×アートの世界観を通じて、より宇宙を身近に感じていただくイベントです。

 
  • 開催概要
「宇宙テクノロジー×アートの祭典「WARP STATION」始動」
日時:2019年4月6日(土)18:00-21:00 (開場17:30) 
会場:REWILD RIVER SIDE GLAMPING HILL(リワイルドリバーサイドグランピングヒル)
主催:株式会社ワープスペース 
特設サイトURL : https://warpstation.space/
当日スケジュール(予定)
17:30 開場
18:00 オープニング&トーク
18:15 ライブ まえだゆりな
19:00 ライブ DENSHIJISION
19:30 宇宙衛星のインスタレーション
19:45 ワープスペースのビジネスビジョンを公開
20:15 ライブ SPEED OF LIGHTS
20:45 LEDランタンショー
21:30 クロージング

※取材当日の状況、交通事情などによりスケジュールが変更となる場合がございます。
※バスは、六本木駅からチャーターを出します。(出発→15:30、帰り→22:00)
※参加者の方には後日集合場所の詳細をお送りします。
 
  • お申込みについて
本プレスツアーへの参加をご希望の方は、大変お手数ではございますが、お申し込みは下記のフォーマットにご入力いただくか、もしくは返信用メールアドレス宛でご連絡いただきますようお願い申し上げます。

▽お申込みはこちらから:https://goo.gl/forms/otroVsWjx521myr03

▽返信用メールアドレス:corporate@warpspace.jp


【詳細情報】
■出演アーティスト


 SPEED OF LIGHTS

宇宙服に身を包んだ新感覚アトラクション型バンド。
パンチのあるエレクトロバンドサウンドに、
変幻自在のシンセが加わる刺激的な音世界へ進化中。
昨年、12/13に配信開始された1stアルバム「SUPERNOVA」は、iTunesオルタナティブチャートで1位を獲得。

 

DENSHI JISION

「研究学園都市つくばを中心に活動中の白衣を着た
“理系”エンターテインメントバンド」として、現在注目を集めている。


 


 

まえだ ゆりな

北海道函館市を中心に活動中のうたうたい。
2018年9月から1stアルバム「my way」を発売し、
日本一周ツアーを行っている。





■開催場所
REWILD RIVER SIDE GLAMPING HILL(リワイルドリバーサイドグランピングヒル)
https://rewild-camping.com/glamping/riversidehill/
  • 東京から高速バス、車で1.5時間
  • 公共交通機関の場合、20時10分開場出発が最終です。定員(25名)がありますのでお申込み時にその旨ご記載ください。先着とさせていただきます。最後までご覧になりたい方は、お車でのお越しをおすすめします。
  • また、会場周辺は養老渓谷温泉郷に立地し、現地周辺にはJAXAの通信施設(無料見学可)や、勝浦など風光明媚な場所が多くございます。土曜日開催ですので、当日はお泊りになって、翌日も当地をぜひお楽しみいただければ幸いです。
  • ご宿泊場所は、近隣の旅館やホテルをご利用ください。
  • 当日日中には、入場無料の姉妹イベント「大多喜宇宙フェスティバル」が同じ会場で開催されます。宇宙服体験などの体験イベントが催されますので、お時間ある方はそちらもお越しください。
  • 当日は宿泊のご準備はございません。宿泊される場合は近隣の施設をご利用ください。(おすすめ宿「秘湯の宿 滝見苑」 http://www.takimi.co.jp/

■開催協力
株式会社JournalEntertainmentTribute、株式会社ギガトレンド
株式会社信光オールウェイズ、滝見苑グループ、開催地の事業者の方々

【株式会社ワープスペースについて(https://warpspace.jp/)】
筑波大学発の宇宙スタートアップとして2016年8月に始動したワープスペースは、筑波大学で人工衛星開発プロジェクトを立ち上げ開発を進めてきました。JAXAの公募に採択され、2機の衛星打ち上げを経験してまいりました。
宇宙や人工衛星に対する高い専門性に加え、JAXAをはじめとした研究開発機関とのパートナーシップ、筑波研究学園都市が擁する豊富な実験試験設備を強みに、宇宙事業開発を進めています。
また、衛星打ち上げの過程で開発に成功した衛星用の低コスト通信モジュールを各国に展開し、日本発の宇宙衛星事業を展開してまいります。

◇会社概要
設立:2016年8月3日
所在地:305-0031 茨城県つくば市吾妻 2-5-1-203
業務内容:汎用衛星プラットフォーム事業
・人工衛星の設計開発
・宇宙環境試験提供
・人工衛星の打ち上げに伴う各種業務
・打ち上げ後の運用やデータ活用
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ワープスペース >
  3. 宇宙衛星スタートアップ「ワープスペース」、4月6日(土)人工衛星の電波を活用した宇宙テクノロジー×芸術(アート)の祭典「WARP STATION」を千葉県夷隅郡で開催