東南アジア青年サステナビリティインパクトがシンガポールで開催!Timetechのパイロットプロジェクトであるhourvillageの紹介イベントレポート!

7月29日(日)、 シンガポールのシティスクエアモールで東南アジア青年サステナビリティインパクト(YSI SEA)が開催され、設立イノベーションプログラムの一部であるシンガポール サステナビリティ ショーケースへTimetech財団(https://timetech.org/)が招待されました。Timetechは時間交換プラットフォームであるhourvillageのPRを行い、同じように社会的影響を与えたいと考えているスタートアップ企業、組織、一般参加者と交流を深める機会となりました。

 

プロジェクトへの関心
学生から起業家まで、またサステナビリティや社会的影響に関心を持つ人々にプロジェクトの説明を行い、強い関心と反響を得ました。

18〜25歳の人口動態統計調査を行い、10月に立ち上げを予定しているHourvillageへの好奇心を改めて確認できました。

特に、調査対象の50人以上のグループのうち59%において、テクノロジー、ビジネス、社会的影響とコミュニティが重要な関心領域であり、アートとミュージックの学習に興味があることがわかりました。

広報マネージャーがプレゼンテーションを行い、hourvillageが時間交換プラットフォームとして取り組もうとしている問題と解決が好評を博し、ブースでより多くのある人々にお越しいただきました。

プレゼンテーションでは、ボランティアシステムの問題点について、「ボランティアの需要と供給にはギャップがあり、ボランティアでは色々な情報は公開されず、時間が記録されず、しばしばスキルの不一致がある」と述べました。
「直近の1時間に何をしましたか? 新しいスキルを学んだり、コミュニティに戻ったり、誰かと有意義な会話をすることができたら、その1時間をどのように感じますか? 」と問いかけ、参加者にとって時間についてを考えていただきました。
 

「これを読む時間があるなら、交換する時間もあるよ」 PRのTシャツを着用しているアシシュ氏「これを読む時間があるなら、交換する時間もあるよ」 PRのTシャツを着用しているアシシュ氏

左からシンガポールロータリークラブの友人、広報マネジャーであるデボラ氏、シンガポールロータリークラブの会長マーク氏(左から3番目)、アンディ会長(右から2番目)、デジタルマーケティングマネジャーであるサラ氏(一番右)左からシンガポールロータリークラブの友人、広報マネジャーであるデボラ氏、シンガポールロータリークラブの会長マーク氏(左から3番目)、アンディ会長(右から2番目)、デジタルマーケティングマネジャーであるサラ氏(一番右)

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Timetech財団 >
  3. 東南アジア青年サステナビリティインパクトがシンガポールで開催!Timetechのパイロットプロジェクトであるhourvillageの紹介イベントレポート!