4/1 マルヤナギ 蒸し豆新工場 操業スタート~最初に作り育ててきた”蒸し大豆のパイオニア”~

蒸し豆生産量2倍に 更なる需要増へ生産体制を強化

蒸し豆・煮豆・佃煮メーカーの株式会社マルヤナギ小倉屋(神戸市東灘区:代表取締役社長 柳本一郎)は、かねてより兵庫県加東市に建設中であった蒸し豆の新工場を2020年4月1日より操業開始いたします。

社工場蒸し豆新工場(兵庫県加東市沢部655番)社工場蒸し豆新工場(兵庫県加東市沢部655番)

最新鋭の設備を導入、蒸し豆生産能力2倍へ
2004年1月の蒸し大豆発売から17年目を迎えた2020年4月1日(水)、マルヤナギ社工場(兵庫県加東市)にて、最新鋭の設備を導入した蒸し豆・蒸しもち麦の新工場が稼動を開始します。社工場敷地内4棟目の建物となります。

マルヤナギ社工場
・蒸し豆・蒸しもち麦新工場
  建設着工2019年6月
  操業開始2020年4月1日
・蒸し豆生産量2倍へ
  自動化・ロボット化で生産効率を上げる設計
・省エネ設計(水や電気)で環境負荷を抑制

 

2004年1月蒸し大豆発売から16年、健康価値が注目される蒸し豆商品

 

<参考>伸張を続ける蒸し豆市場 2019年は65億円規模に

蒸し豆市場は2018年に水煮豆市場(50億円)に並んだ後も伸張を続け、2019年は65億円と前年130%の伸びとなりました。*マルヤナギ調べ



株式会社マルヤナギ小倉屋HP https://www.maruyanagi.co.jp

 
 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社マルヤナギ小倉屋 >
  3. 4/1 マルヤナギ 蒸し豆新工場 操業スタート~最初に作り育ててきた”蒸し大豆のパイオニア”~