遠隔心臓リハビリテーションの株式会社リモハブが国立循環器病研究センターと共同研究を開始

遠隔心臓リハビリテーションの実用化に向け、治験に先駆けた臨床試験の実施

遠隔心臓リハビリテーションシステムの開発をしている株式会社リモハブ(本社:大阪府吹田市、代表取締役社長・谷口達典、以下リモハブ)は、国立循環器病研究センター(大阪府吹田市、理事長:小川 久雄、以下「 国循 」)と共同研究に関する契約を締結し、本システムを用いた高齢心不全患者に対する遠隔心臓リハビリテーションの有用性について検証試験を開始しました。

 

 

 

【本共同研究について】

本臨床試験では、通常の診療と同様に通院して実施する心臓リハビリテーション通院と在宅運動療法を指導します。その在宅運動療法の一部を、遠隔心臓リハビリテーションシステムを用いて監視し、同時にビデオ通話により運動・生活に関する指導を行う(遠隔心臓リハビリテーション)という介入を行います。介入期間は3か月であり、介入の前後において運動耐容能や、血圧・脂質・糖尿病・喫煙習慣の管理状況、抑うつ指標を調査し、その経時的な変化率を比較します。そして、それらの変化率を、国循の2009年~2018年までのデータを比較対象として比較検証します。

【リモハブの事業内容について】

日本における死因別死亡数全体の第2位は心疾患であり、中でも最多の原因が心不全と報告されています。日本全体の心不全患者数は120万人以上と推定されており、高齢者に多くみられるため、今後もさらなる増加が見込まれています。このような患者さんの心肺機能を改善させるため従来治療である通院下での心臓リハビリテーションが行われてきました。しかし高齢であるが故に頻回の通院が難しい等の理由の為、実施できている患者さんは現状わずか1割未満に留まっています。

リモハブでは、IoT技術を活用することで医療従事者による遠隔管理を実現し、実際に病院で行っているかのような安心で適切な心臓リハビリテーションを自宅で行うことができるシステムの開発に取り組んでおります。

【リモハブシステムについて】

リモハブシステムは、患者の負荷状態をモニタリングする「アプリ」を搭載したタブレット、心電波形を取得する「ウェアラブル心電計」、IoT化させた「スマートエルゴメーター(エクササイズバイク)」で構成されます。患者が当システムを在宅で使用することで、医療機関にいる医療従事者が遠隔で在宅患者をモニタリングし、従来の医療機関で行う心臓リハビリテーションと同等の効果をもたらす環境を構築します。在宅での心臓リハビリテーションを可能とするべく、クラウドを介して在宅から生体データを医療機関に遠隔送信し、医療機関からはデータを元にした指導・管理を行います。

 

 


特徴

・在宅で管理された心臓リハビリテーションの実施が可能

・生体データを医療機関で受信

・リアルタイムで問診・指導を行うことが可能

・遠隔で医療者が運動負荷量を適切に調整することが可能



【リモハブについて】
スタンフォード大学発の医療機器開発アントレプレナー育成プログラム「ジャパンバイオデザイン」のフェローシップ 第1期メンバーである循環器内科専門医の谷口医師が2017年に設立した大阪大学医学部発ベンチャー企業です。“世界中の人に健幸を”をミッションに掲げ、IoT技術を活用することで実施率が低い心臓リハビリテーションを在宅にて適切に実施できる遠隔システムを開発し、心疾患の予後を改善することを目指しています。

【国立循環器病研究センターについて】
1977年6月に開設、8月から診療・研究を開始した、脳卒中と心臓病の患者さんの高度専門医療に取り組む世界有数のナショナルセンターです。「循環器病の予防と制圧」の国際拠点を目指すこと、オープンイノベーションにより最先端医療·医療技術の開発で世界をリードすること、オープンイノベーションに連動した周辺エリアの産業活性化により、国際級の複合医療産業拠点「医療クラスター」を形成することを基本理念としています。2019年7月に北大阪健康医療都市(健都)へ移転し、新生国循が誕生しました。新センターには、ガンマナイフ、PET、サイクロトロンなどの最先端医療設備や医療機器を備え、さまざまな循環器病に対応しています。さらに、新センターでは、全ての組織が一つ屋根の下にあり、内部の連携だけでなく、企業・大学等の研究者と共同研究を行うオープンイノベーションセンター(OIC)で知識・技術を集結し研究を進めています。この一大医療クラスターで、「病院」「研究所」「OIC」、さらには地域が一体となり、日本の循環器病に関わる新しい治療法への取り組みを推進しております。



【会社概要】
会社名:株式会社リモハブ (URL:https://www.remohab.com/)
所在地:大阪府吹田市江坂町一丁目23番19号
代表者:谷口 達典
設立:2017年3月

事業内容:革新的遠隔心臓リハビリテーション用機器の企画、開発、製造、販売およびリース業


【共同研究施設概要】

医療機関名:国立研究開発法人国立循環器病研究センター(URL:http://www.ncvc.go.jp/
所在地:大阪府吹田市岸部新町6番1号
理事長:小川 久雄

設立:1977年 6月(2019年7月移転)
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社リモハブ >
  3. 遠隔心臓リハビリテーションの株式会社リモハブが国立循環器病研究センターと共同研究を開始