お葬式専門の高品質の生配信サービス「エンディングキャスター」の提供を開始

コロナ禍でニーズが高まるオンライン参列、オンライン焼香が可能

動画制作会社が葬儀業界に参入。大手企業のPRイベントの生配信のノウハウを活かし、リーズナブルで高品質な生配信サービスを提供します。

株式会社フィールドキャスター(東京都渋谷区、代表取締役社長 田中政和)はお葬式専門の高品質の生配信サービス「エンディングキャスター(https://endingcaster.net/)」の提供を開始します。

 

離れた場所からスマホやパソコンでお葬式の生配信動画を視聴できるサービスです。
元テレビディレクターが撮影した映像をオンラインで視聴。画面越しに参列して最期のお別れができます。

 

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、オフラインイベントの開催中止が相次いでいる中、弊社はこれまで大手企業の新商品発表会などの生配信事業をZOOMやYouTube Liveで行ってきました。

 

葬儀会社の方に聞いた話では、海外に住む孫が祖母の葬儀にビデオ通話で参加してみんなが喜んでいた、地元で人気の教師が亡くなった時に教え子たちがオンラインで参加して教師の思い出を語り合っていたということがあったそうです。


コロナ禍で移動の制限がある中、オンラインで参列して最期のお別れができる場を提供したいと考え、「エンディングキャスター」をスタートします。
 

 

↓サービスイメージ動画(YouTubeで再生されます。)↓

 

 

どうやってオンラインで参列する?

 

①YouTubeやLINE、ZOOMでお葬式の様子を生中継で視聴できます。
②URLを知っている人だけがオンラインで参列できます。
③葬儀場にモニターを設置するので、オンライン参列している様子が、現場のご遺族も確認できます。
④双方向のトーク機能やコメント機能でご遺族にお気持ちを伝えられます。画面越しにお焼香も可能です。

 

高品質な生配信が可能な4つの理由

 

①大手企業イベントの生配信を多数行ってきた実績。
②自社YouTubeに6,000本の動画を掲載してきたノウハウ。
③テレビ局で使われているカメラを複数使用して撮影。
④夕方のニュース番組のディレクターを10年続けてきたスタッフが撮影・生配信を行います。

 

料金プラン

〇ベーシックプラン

¥400,000(税別)社葬など4つのビデオカメラの映像をスイッチングして生配信(固定カメラ3台、移動カメラ1台)

 

〇シンプルプラン
¥150,000(税別)2つのビデオカメラの映像をスイッチングして生配信(固定カメラ1台、移動カメラ1台)

 

ターゲット

生配信に興味があるが、社員ではまかなえない葬儀社。
スケジュールと予算に余裕がある社葬を請け負っている葬儀社。
オンライン受注を請けている葬儀システム会社。
葬儀の生配信を行いたいご遺族。

 

サービス責任者の思い

 

自分の父親が亡くなった際に親戚が体調に不安があり、お葬式に参列できないことがありました。
父親はオンラインゲームが好きでインターネット上での友人も多く、亡くなったことを知らせた際に「現地には行けないけれど何かしらの形でお葬式に参加したかった。」という声を聞きました。
コロナ禍でお葬式に参列できない人が増えている中、人生のエンディングを良い形で共有したい、そういう思いでエンディングキャスターを運営してまいります。

エンディングキャスター代表 田中政和

 

 

※2020年11月24、25、26日に東京ビッグサイトで行われる「エンディング産業展」にブース出展致します。現場でお会いできればお気軽にご相談下さい。

 

サービス運営元のフィールドキャスター(https://fieldcaster.net/japan/)について


設立
2011年8月

資本金
650万円(2020年11月末現在)

 

代表者
代表取締役社長 田中政和

所在地
東京都渋谷区広尾1-7-20 DOTビル3F

事業内容
①企業の社内外の動画制作、生配信事業
②エンタメ動画ニュースの取材、編集、自社YouTubeチャンネル等での配信
③テレビ局やケーブルテレビへの動画素材の提供
④ウェブ動画を通したコンサルティング事業

本件に関するお問い合わせ

 

エンディングキャスター
サービス責任者 田中政和
Tel: 03-6303-1621

 

ホームページ:https://endingcaster.net/
Email: info@endingcaster.net

 

 

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社フィールドキャスター >
  3. お葬式専門の高品質の生配信サービス「エンディングキャスター」の提供を開始