Barbourジャケットをメンテナンスしてより愛着ある一着に

120年余の歴史ある英国ブランドBarbour(バブアー)が、ワックスドジャケットのメンテナンス方法をレクチャーするイベントを開催。

9月19日(水)英国ブランドBarbour(バブアー)の渋谷旗艦店にてワックスドジャケットのメンテナンスをレクチャーするイベントを初めて開催します。

 


バブアーの主力商品であるワックスドジャケットは、メンテナンスさえすればいつまでも撥水性を保ち、経年変化を楽しめる一生もののアイテム。それが120余年の長きにわたり、英国王室からハリウッド俳優など世界中のセレブリティが愛用する理由でもあります。

 ワックスが抜けて防水性や耐久性が低下したジャケットに新たにワックスを塗り込むリプルーフ(ワックスの継ぎ足し)という手法は、バブアーの基本メンテナンスとしてマニアの間では知られていたものの、実際にはやり方がわからず放置している方が多いのが事実です。

 

今回のイベントでは、バブアーファンの皆様のリクエストにお応えして、リプルーフのやり方をスタッフが実践してお見せします。秋冬のシーズンが本格化する前に、お手持ちのワックスドジャケットをお手入れするモチベーションになればという気持ちを込めています。

 閉店後の店内で、ドリンクを楽しみながら2018年秋冬の新作もご覧いただけます。同時に、来場者の皆様のスナップ撮影会(Barbour People)も開催されます。
バブアーは今後も、バブアーファンの交流の場としてユーザー向けイベントを開催していく予定です。

 【イベント開催日時・場所】
日時:9月19日(水)20:15~22:00(入場無料、出入り自由)
会場:バブアー渋谷店 東京都渋谷区神宮前6-17-15 03-6450-5993

【お問合せ先】
スープリームスインコーポーレーテッド株式会社 03-3584-1919
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 八木通商株式会社 >
  3. Barbourジャケットをメンテナンスしてより愛着ある一着に